【2022年版最新情報】SM エンターテイメントを徹底分析!【韓国芸能事務所】

SMエンターテインメントを知らずして韓国芸能界は語れない!?

この記事ではこれまでのSMエンターテインメントを振り返りながら、最新情報や日本人情報など全て取り上げていきます。

オーディション傾向についても理解できるような記事になっているので、SM練習生を目指す!と強い志を持っている人にはぜひチェックしてみてください。

SMエンターテインメントとは

https://www.smentertainment.com/

SMエンターテインメント詳細

社名:SM Entertainment

ソウル市内に事務所を構え、アイドル歌手を中心とした芸能マネージメントのほかにも、番組制作やオンライン事業、傘下企業を通じて芸能スクール運営なども行っています。

社名の由来は創業者イ・スマン(Lee Soo Man)からきています。

SMエンターテインメントの日本支社

社名:株式会社エスエム・エンタテインメント・ジャパン

https://smtown.jp/

現在までのストーリー・歴史

1989年2月14日に이수만(イ・スマン)によって設立されました。

創業者自身も歌手グループでデビューを果たしたのち、司会やプロデューサーとしてテレビ業界で活躍されていました。

そんな彼が留学をきっかけに芸能事務所を運営する夢を掲げ、今のSMエンターテインメントを立ち上げました。

日本のK-popブームの火付けであるBoAや東方神起、少女時代などのアーティストを輩出し、今でも日本の音楽業界に大きな影響アーティストを数多く輩出し続けています。

最近ではaespaがデビューするとともにその個性の強さから人気が急上昇し、これから超有名アーティストの一人になること間違いなしと注目されています。

洗練されたスタイルで他事務所のアーティストが振り付けを真似するなど大きな影響力を与えています。

そんな有能SMですが、韓国国内のみの活躍ばかりでいまだにアメリカでの成功を掴めていないようです。

今後の1番の課題と言えるでしょう。

事務所の特徴・スタイル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SM Entertainment Group(@smtown)がシェアした投稿

顔面偏差値の高さで超有名です。

ビジュアル担当と言われるメンバー以外も外見のスペックの高さが評価されています。

また、ほとんどの所属アーティストがヒット曲を持っており、泣かず飛ばずといったアーティストが少ないため事務所としてのマーケティング力も飛び抜けています。

そして所属するそれぞれグループのコンセプトがはっきりと違い、中毒性があり個性が溢れているのもこの事務所の大きな特徴です。

可愛さ、かっこよさ、セクシーさなど全てのイメージに七変化できるため、カムバするたびに話題になります。

このクオリティでアーティストを生み出し続けられるのはオーディションの難易度にあります。

3大事務所の中でも一番オーディションの難易度が高いと言われています。

練習生になれてもデビュー前に諦めてしまう人も多いそうです。

元SM練習生という肩書きで他のオーディションに合格できてしまうんだとか。

育てる以前に才能のある人材しか取らない!という方針のため、全国から実力派が集まってきます。

その中でも優れた人のみが通過できるわけですからデビューできる子たちがヒット間違いなしなのも理解できますね。

注目トピックス

人気の所属アイドルが集結!?最強ガールズユニット「GOT the beat」

SM所属の女性アーティストたちがテーマ別に多彩な組合のユニットを披露する新概念のプロジェクト「Girls On Top(GOT)」が始動!

第一弾としてガールスユニット「GOT the beat」が結成されました!

メンバーが恐ろしく豪華なんです。

BoA、「少女時代」テヨンとヒョヨン、「Red Velvet」スルギとウェンディ「aespa」のKARINAとWINTERの7人のメンバーで構成されています。

新曲の『Step Back』が元旦にYouTubeで全世界にライブ配信されたSMエンタの無料オンラインコンサート「SMTOWNLIVE 2022:SMCUEXPRESS@KWANGYA」でお披露目されました。

当日のステージの様子もYouTubeに公開され既に再生数が3000万近くなっています。

また歌詞が超強気で話題になっています。

女性目線で他の女の子に威圧的な歌詞になっており「下がってなさい、バカ女!」といった歌詞になっています。

SMの女性アイドルのセクシーでカッコいい良さが存分に溢れた楽曲になっています!

所属アーティスト

先ほど触れましたが、日本国内でも人気を得ているアーティストを数多く輩出し、幅広い世代でファンを多く獲得しています。

TikTok等のSNSで拡散力が強くなったこともあり、これまでK-popに興味なかった人がハマってしまうという機会も多いんだとか。

グループよりも、アーティストの切り抜きを見て 個人を好きになる→グループを好きになる と今までとは違う傾向でファンが定着するようになりました。

SMもファンの手による拡散のおかげで知名度をぐんぐん伸ばしています。

ここで今話題SMエンターテインメント所属アーティストをご紹介したいと思います。

aespa

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aespa 에스파(@aespa_official)がシェアした投稿

先ほどの何度も名前を上げているアーティストですが、デビューした瞬間からその圧倒的なビジュアルとパフォーマンス力、普段の振る舞いの可愛さから人気が非常に高いです。

グループ名は“Avatar X Experience”を表現した「æ」と、両面という意味の英単語「aspect」を結合して作った名前です。

現実世界の『aespa』のメンバーは仮想世界の「もう一人の自分」であるアバター『ae-aespa(アイ-エスパ)』と‘SYNK’を通じてお互いリンクすることができるという独特の世界観を持って活動されています。

それぞれの名前は『ae-KARINA』、『ae-WINTER』、『ae-GISELLE』、『ae-NINGNING』である。

「自分のもう一人の自我であるアバターに出会い、新しい世界を経験する」という世界観をベースにしている、画期的で多彩な活動が期待される多国籍四人ガールズグループです。

韓国人2名、日本人1名、中国人1名で構成され、日本人練習生の憧れの存在となっています。

ファンクラブ名「MY

Red Velvet

https://redvelvet-jp.net/

「Red Velvet」は強烈で魅惑的なカラーであるRedと女性らしく優しい感じのVelvetから連想されるセンシャスなイメージのように、Red Velvetならではの色と洗練された音楽・パフォーマンスで全世界を魅了させたいという抱負により誕生した5人組です。

レドベルの愛称で親しまれています。

SMのプレデビューチームであるSMROOKIESを通して公開され、活動を広げていたSEUL GI、IRENE、WENDYと、既存のSM Incubating Systemを通して初公開したJOY、2015年 新しくメンバーとなったイェリまで、5人のメンバーで構成されています。

少女時代の大衆性と、f(x) の実験性の中間のコンセプトを兼ね備えており、ビジュアルはもちろん高い歌唱力を持ち合わせ一度聞くと忘れられないパフォーマンスで会場を魅了します。

公式ファンクラブ名は「ReVeluv」

EXO

https://exo-jp.net/

EXOとは、”未知の世界から来た新たなスター”という意味が込められ、太陽系外惑星を意味するexoplanetからモチーフを得たS.M.ENTERTAINMENT所属の9人組ダンスボーカル・グループ。2012年4月8日、韓国・中国にて正式デビュー。

EXO-KのKはKorean、EXO-MのMはMandarin、EXO-LのLはLove。

アルファベットのKとMの間あるLはEXO-KとEXO-Mを応援する全てのファンを意味します。

ビルボードが選定した “2014年注目すべきアーティスト14” にアジアのアーティストとしては唯一選出されるなど、今アジアでもっとも注目されるグループです。

その他・過去所属していたアーティスト

上記では紹介できなかった日本でも知名度のある所属アーティストを一部紹介します。

東方神起 :2003年結成の5人組ボーイズグループ(2011年より男性2人組)
SUPER JUNIOR:2005年結成の12人組ボーイズグループ(2006年より男性13人組、2010年より男性11人組、2019年より男性10人組)
少女時代 : 2007年結成の8人組ガールズグループ(2014年9月末まで9人組)
SHINee: 2008年結成の5人組ボーイズグループ
NCT: 2016年結成の23人組ボーイズグループ

所属練習生

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aespa 에스파(@aespa_official)がシェアした投稿

aespaの中には日本人練習生としてデビューしたジゼルがいます。

彼女は一体どんな練習生だったのかを少し紹介します!

彼女はSMエンターテインメントで初の日本人デビュー者ということで話題になった人物でもあります。

さらに、メンバー最年長でありながら11ヶ月と短い練習期間でのデビューとなり、この記録はSMエンターテインメントでも女性アイドルとしては最短なんだとか!

練習生となったきっかけは、超難関と有名な土曜日の公開オーディション!

当時まだ自信がなく受かる気もなかったので、割り切って臨んだ結果、リラックスした状態で本番に臨み、そのパフォーマンスが評価され合格したそうです!(受ける2ヶ月前にダンススクールに通い始めたため)

また彼女は日韓のハーフなので韓国語・日本語を話し、インターナショナルスクールに通っていたこともあり英語もペラペラなのです。

現代の韓国芸能界を生き抜くのに必要な語学スキルも完璧なのです。

ジゼルは持って生まれたセンスが神が勝っていますね。

経験が少ないことで、相当なプレッシャーを抱えながらも努力を惜しまず、デビューを果たした彼女の姿は周りの士気を高めるんだとか。

これからの活躍に期待ですね!

関連記事

【SM練習生】SM練習生の生活ってどんなの?【日本人は?費用、給料は?】

関連記事

SM練習生ってどんな活動しているの?解説します。 今回は”韓国三大芸能事務所”として有名な事務所「SMエンターテイメント」の練習生について今回はご紹介したいと思います。 [afTag id=20037] SMエン[…]

SMエンターテインメントのオーディション情報

昨年のオーディションはコロナウイルスの影響を受け、どこの事務所もイレギュラーでした。

公開オーディションはZOOMで行われたので、直接現地に行く必要がないので以前よりも挑戦するハードルが下がったので日本人の参加者が増えたのではないかと考えられます。

とくに目立ったオーディションはなかったのですが、SMエンターテインメントは常に開催されているオーディションの種類が多く、LINEで随時募集しているものやGoogleフォームなどオーディションによって応募方法は様々だったものの、オンラインで好きなタイミングでスマホがあれば応募できるものが多い印象でした。

関連記事

SMエンターテイメントオーディション最新情報【倍率や対策を解説】

関連記事

2022年のSMエンターテイメント最新オーディション情報を紹介します 今回は”韓国三大芸能事務所”として有名な事務所「SMエンターテイメント」の2022年最新オーディション情報についてご紹介します。 新型コロナウイルスの影響でオーディシ[…]

過去のオーディション結果

https://audition.smtown.com/

こちらからオーディション情報を確認することができます。

例年通り、Weekly Audition・Monthly Auditionが開催されるほか、日本人向けのオーディションがあったり、Instagramのタグを使ったオーディション、ボーカルメインのオーディションが開催されています。

グローバルオーディションにも力を入れているようで、2021〜2022の年末年始にかけて英語のネイティブスピーカー向けのオーディションも開催されていました。

上記でも記載したのですが、今SMにとってアメリカ進出が大きな鍵になるので英語の話せる、グローバルに活動できる人材を求めているようです。

外部リンク

オーディションサイト

SMエンターテインメントを目指すなら意識しておきたいポイント

・圧倒的ビジュアル
・英語が話せる
・メンタルの強さ

が重要となってきるのではないでしょうか。

ダンスやボーカルスキルは練習生になればいくらでも学べますし、周りも上手いのが当たり前です。

まずはオーディションで「この子から目が離せない」を演出する必要があり、自分の魅せ方をしっかりと身につけておきましょう。

また、この記事で、何度も言っていますがSMはグローバルな活動を求めています。

そのため語学は切っても切り離せない関係です。

今のうちから勉強しておくに越したことはありませんので、今すぐ始めましょう。

そしてアイドルを目指すのに1番必要なメンタルを鍛えておきましょう。

超難関オーディション合格には強い精神力が欠かせません。

また合格してからの方が周りのレベルの高さから厳しい環境が続きます。

今のうちに自分のメンタルコントロールができるようにしておきましょう。

この3つはSMエンターテインメントに限った話ではありません。

韓国芸能界で活躍を目指すのであればこの3つは必須要件と言えるでしょう。

関連記事

【完全保存版】韓国芸能事務所の一覧・特徴を徹底解説【K−POPオーディション情報】

関連記事

韓国芸能事務所の一覧と特徴を紹介【K−POPアイドル・オーディション情報】 K-POPの最新情報を事務所ごとに分けてピックアップ! どんどん深堀りしていきますので、K−POPオーディションを検討している人はぜひチェックしてくださいね。 […]

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!