女優になりたいけど親に言えない、と悩んでいる方へ解決策を提案する

女優になりたい!でも親に言えない…そんなふうに悩んでいるあなたへ

女優になりたいけど親に言えない、と悩んでいる方へ解決策を提案する

あなたも悩んでいませんか?

女優になりたい!

でも…親は何て言うだろう……。

そんなふうに悩んでいる人は、あなただけではありません!

これは、芸能界を目指したい人の共通の悩みといっても過言ではないでしょう。

しかし、本気で女優になりたいなら、親をなんとか説得しなければなりません!

この記事では

・親言いえないのはなぜか
・親が反対する理由について
・女優になるためにどんなことを親に伝えればいいのか など

あなたの女優になりたいという気持ちを後押しできる内容を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

キャストパワーネクストの評判や費用、オーディション情報をご紹介

次世代を担うタレント・アーティストを大募集します!

オーディション情報はこちら。

親に言えない理由をまずは整理しよう

夢を話すのが恥ずかしい

自分の夢を誰かに話すのは恥ずかしいですよね。

  • その人から見たイメージが、自分のなりたいものと違ったら笑われそう
  • 夢を話しても実際になれなかったらダサい…など

これは1つの例ですが、こんなふうに思っていませんか?

なんでもそうですが、初めからなんでもできる人なんていません。

もっと言えば、自分のイメージなんて今までの行動で印象付けられているだけ。

あなたが何かを続けていけばそのイメージが自然とついていくものなんです。

笑われる、恥ずかしいと思うのではなく

「自分は好きな事やってるんだから笑われてもいい」

くらいの気持ちでいると楽になるでしょう。

否定されるのが怖い

  • ダメだ
  • 無理だ
  • やめておけ

こんな言葉はできるだけ聞きたくないですよね。

親に言えない理由として最も多いのが「否定されるのが怖い」というものです。

しかし、前向きにとらえることも大切です。

あなたが女優になりたいなら、否定された経験はのちに演技をする上で貴重な経験となるかもしれません。

何かを目指している女性が逆境に立ち向かう、そんな役を演じる場合この経験はきっと役に立つでしょう。

否定されたくないというのはわかりますが、考え方を変えてプラスに考えていきましょう!

まずは話してみよう

「恥ずかしい」
「怖い」

という思いはあるかもしれませんが、まずは話すことが大切です。

親からどんな反応が返ってくるかは、それぞれの家庭によって違うでしょう。

ただし、ふざけて話をしてうまくいくことはありません。

あなたが本気で女優になりたいと思っているなら、親の目を見て真剣に自分の思いを伝えましょう。

必ず成功するという方法はありません。

ただ、あなたが真剣に話をすれば、多くの親は真剣に話を聞いてくれるはずです。

もし、笑い話のような形で流されそうになっても 真剣に話し続けることが、あなたの女優人生の扉を開くカギとなるはずです。

親が反対する主な理由はこれ

売れる保証がない

女優だけに限ったことではありませんが、芸能界は”保証のない世界”です。

これをやれば絶対売れる、そんな方法は存在しません。

さらに、一度売れたとしても継続して第一線で売れ続けられる人は少ないです。

自分の子供に対して、そんな不安定な職業についてもらいたくないと思うのは、当然といえば当然でしょう。

だから、売れる保証のない女優という職業に対して、親は反対をしてしまうのです。

お金がかかる

お金は何をやるにも必要になります。

女優になるにしても

  • オーディション費用
  • レッスン費用
  • 事務所への所属費用
  • ボディメイクにかかる費用 など

様々な場面お金がかかります。

自分の想像しているより、はるかにかかる費用は多いでしょう。

親は今までの自分の人生経験などから、こういった費用面に不安をかかえ心配となっているのです。

本気で考えているかが伝わっていない

親を安心させるためなど、自分の夢とは全く違う進路の話を今までしてきた。

もしくは、親とあまり将来について話してこなかった。

そんな人も多いでしょう。

ただ、親からすればそんな状態で ”いきなり”女優になりたいといわれても、混乱してしまうのは当然です。

さっき見たYouTubeか何かの動画から影響を受けて、急になりたいと思ったのかな?

なんて都合よく解釈されてしまうのも仕方ない状況ですよね。

親へ話す際は本気度や信憑性も大事となってくるのです。

親は心配するもの

華やかに見える芸能界ですが、キレイな”だけ”の世界ではありません。

それは親だけでなく、誰しもが簡単に想像できることです。

親からすれば、そんな世界へ大事に育ててきた子供を行かせるのは、とても心配でしょう。

当たり前ですが、親の方が人生経験は豊富にあります。

  • お金がなくて苦労した
  • やりたかったことも中途半端に始めて後悔した…など

自分の経験も踏まえて子供には苦労してもらいたくないと心配になってしまうもの。

親に対して女優になりたいと話す時は、その心配を少しでも和らげるように話すのがポイントとなってくるのです。

何を説明したらいいか考えよう

女優になりたい動機やキャリアプラン

親の心配を少しでも軽減するには具体性や明確さが大事になります。

ただ単に「女優になりたい!」というだけなら誰でもいえますよね。

それだけでは、あなたの思いが親に届くことはないでしょう。

  • なぜ女優になりたいと思ったのか
  • なるためにどうするのか
  • 女優になったらどういうキャリアを積んでいきたいのか…など

現実的な話を具体的に説明することで、女優になるということを真剣に考えていることが伝わりやすくなります。

キャリアプランが決まったら先にどんなオーディションがあるのかもチェックしておきましょう!

【最新版】女優・俳優のオーディション情報をご紹介

本気度を形にする

親も心配するように、女優になるにはお金もかかります。

さらに、女優になった後も安定した生活を送るには様々な努力が必要でしょう。

まずは、かかる費用や不安定な世界であることをきちんと、あなた自身が理解していることを伝えましょう。

そのうえで、かかる費用に対してどのようにしていこうと思っているのか、具体的に説明できることが大切です。

アルバイトをして貯金しているならそれを実績として話の中に入れることも効果的でしょう。

また、お金だけでなく何かに打ち込んで継続していることを、賞や資格など目に見える形でアピールできれば、あきらめずに取り組める証明となります。

期限を決めて挑戦など条件を決める

女優として目が出るまでの期限を決めると親も納得してくれる場合があります。

とにかく親は子供のことが心配です。

ただ、親としてあなたの夢を応援したい!

そういう気持ちもどこかにあるはずです。

親としても期限が決まっていれば、反対したい気持ちを少し抑えて応援してくれる可能性が高くなるのです。

親の気持ちに寄り添う

何度も言うようですが 親が女優など芸能界へ進むことに対して反対するのは、あなたのことを思うからこそです。

その気持ちに寄り添うことも大切です。

  • 自分のことを考えてくれていることは伝わっている
  • いつも色々ありがとう…など

いつもは恥ずかしいと思っている感謝の言葉をきちんと伝えましょう。

自分の思いだけを一方的に話していては、進む話も進まなくなってしまします。

とにかく明確に説明することが大切

ここまで説明してきたように 不安や心配は具体的な話でしか、それを和らげることはできません。

親に話す前に自分のなりたい女優像を明確にし、なるために必要な費用などの情報を集めましょう。

女優・俳優になるには?あなたの「分からない」を徹底解説
お金が一切かからない芸能事務所があるって本当?無料の訳は…

ちなみに、特別に費用が免除されるような制度もあるのでぜひ確認してみてください!

レッスン費無料!?アヴィラステージの特待生制度を徹底解説
ホントなの?レッスン費免除のキャストパワーネクスト特待生制度
存在するの?サンミュージックアカデミーの費用免除、特待生制度の事実

そこから、どうしていくのかを具体的に考えることが、親にきちんと思いを伝えるための第一歩となります!

 

なりたいを諦めないで!

いろいろ紹介してきましたが 正直、親に話をするのは大変です。

しっかり調べて話をしても、うまくいかないこともあるでしょう。

ただ、これは多くの人が通る道です。

真剣に思いを伝え続ければきっとわかってもらえる時が来ます!

ぜひ、女優になりたいという思いをあきらめないで頑張ってください!

女優になりたいけど親に言えない、と悩んでいる方へ解決策を提案する
最新情報をチェックしよう!
開催中オーディション一覧はこちら