当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【最新オーディション情報】non-no(ノンノ)の専属・読者モデルになるには?【ファッションモデル】

non-noを詳しくチェックしてしっかりとした道筋を立てよう。

  • 「non-noのモデルになりたいけど、どんなオーディションがあるの?」
  • 「non-noってどんな雑誌で、どんな読者層がいるの?」
  • 「モデルになるために必要な資質って何だろう?」

non-noの専属・読者モデルになる道は見つけることは非常に難しい道ですが、諦める必要は全くありません!

この記事では

  • non-noの詳細とターゲット層
  • 所属しているモデルの紹介
  • 最新オーディション情報
  • 専属・読者モデルになるために大切なこと

とノンノのオーディション情報や専属・読者モデルになるためのポイントを詳しく解説します。

non-noモデルへの道筋が明確にして、夢を一歩ずつ現実に近づけていきましょう。

まずはnon-noをしっかり分析!

non-noはトレンドに敏感な女性に人気のあるファッション雑誌。

ファッションだけでなく、生活を豊かにしてくれる様々なジャンルの特集が組まれています。

少女から大人になっていく女性達にとってバイブルのような存在です。

ちなみに雑誌名である「non-no」の由来は、アイヌ語の「花」からきています。

出版社:集英社
創刊:1971年5月
販売のタイミング:月1回
テーマ:トレンドに貪欲な大学生や新社会人の「欲しい」を刺激する
公式WEBサイト:non-no Web|ファッション&美容&モデル情報を毎日お届け!
SNS:Twitter

現在までのストーリー

学生を中心に絶大な人気を誇るnon-no。創刊から現在までのストーリーをご紹介していきます。

1971年(創刊)

後に現在の「an・an」となる「anan ELLE JAPON」に対抗する形で、「non-no」が創刊されました。

創刊当時の発売日は毎月5日と20日の月2回。

しかし、2010年9月に発売された11月号から毎月20日の月1回に変更されました。

1970年中期〜1980年代

雑誌の「anan」や「non-no」は当時、若い女性をターゲットにした旅行特集などを積極的に組んでいました。

読者が影響を受けて、雑誌をお供に一人旅やショッピングに出かけることが流行した時代です。

この流行が起こるまでは、若い女性が1人(または少人数)で旅行に行くことは珍しいことでした。

an・anとnon-noが女性達のライフスタイルに大きな影響を与えたんですね。

このことから、雑誌やガイドブックを抱えて一人旅などをする女性は「アンノン族」と呼ばれ、社会現象になりました。

1980年後期

1986年には男性向けのファッション雑誌として「MEN’S NON-NO」が登場しました。
「メンノン」などの通称で、現在も10代〜20代の男性を中心に支持されています。

2010年代

2010年〜2012年まで、TBSとコラボした「non-no TV」という番組も放送されていました。

non-noモデルがファッションイベントのロケを行ったり、最新のメイク方法やコスメを紹介したり…。

より詳しくトレンドを知ることのできる内容です。

2011年にnon-noの公式チャンネルがYouTubeに開設されたので、一部の放送は現在も見ることができます!

また、2010年代はスマホが登場した時代です。

TwitterやInstagramの公式アカウントが開設されたり、この頃からネットでもnon-noを楽しめるようになりました。

2021年

non-noが創刊されてからちょうど50年目にあたる記念の年。

これからさらに読者との接点を増やすため、動画やSNSなどのコンテンツにも力を入れていくようです。

今後のnon-noも楽しみですね!

主なターゲット、読者層

non-noを詳しく知るために、主なターゲットや読者層をチェックしてみましょう。

  • 主なターゲット:学生や新社会人の女性
  • 年齢層:18歳〜23歳くらい
  • 内容:ファッション/ビューティー/ライフスタイル/エンタメ/恋愛 など

雑誌の内容はファッションやビューティー(メイクやコスメ)が中心です。

Webサイトでは「就活」「恋愛・結婚」などのお役立ち情報も発信されています。

読者層である10歳後半〜20代前半はスマホをよく使う世代。

ターゲットの年齢層に合わせて、SNSや動画コンテンツにも力を入れているのが特徴です。

通学や通勤の合間にも、サッとスマホでトレンドをキャッチできるように工夫されています。

ファッションスタイル

non-noは大学生など、かわいいけど大人っぽさも感じるファッションを目指している方にぴったり!

Webサイトでは「大学生の毎日コーデ」という特集も掲載されていて人気があります。

真似するだけでトレンドを押さえたコーデが完成するので、おしゃれ初心者さんにもおすすめです。

non-noのファッション傾向

  • ファッションのジャンル:カジュアル〜ガーリー
  • 掲載アイテムの傾向:トレンドを押さえながら、アウターでも2万円以下と学生でも購入しやすい価格帯のものが多い
  • 主なブランド:COCO DEAL/EMODA/GU/Lily Brown/LOWRYS FARM/SNIDEL/UNIQLO など

所属しているモデル

https://nonno.hpplus.jp/model

non-noには2023年現在、16名の専属モデルが所属しています。

専属モデル

専属モデルとして活動している方は、モデルという枠だけに留まらず、女優・タレント・アイドルなど様々なシーンで活躍している方が多いです。

馬場ふみか

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

馬場ふみか(@fumika_baba)がシェアした投稿

地元のフリーペーパーのモデルから活動を始め、女優やグラビアアイドルとして活躍。

2015年にnon-noの専属モデルになりました。

グラビアアイドルとしても、モデルとしても人気のある人を意味する「モグラ女子」の代表的存在です。

  • 出身:新潟県
  • 身長:167cm
  • 所属事務所:ネイムマネジメント
  • 主な出演作品:糸/仮面ライダードライブ/コード・ブルー/パズル など

堀田真由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

堀田真由(@mayuhotta)がシェアした投稿

芸能事務所のオーディションで受賞して芸能界デビュー。

2020年にnon-noの専属モデルになりました。

女優としてドラマや映画、CMでも活躍しています。

  • 出身:滋賀県
  • 身長:159cm
  • 所属事務所:アミューズ
  • 主な出演作品:かぐや様は告らせたい/チア☆ダン/るろうに剣心 最終章/わろてんか など

読者モデル

non-noでは「カワイイ選抜」と呼ばれる読者モデルも活躍しています。

non-noのWEBサイトでファッションやコスメなどの情報を発信したり、誌面の企画に登場することも。

ミスキャンパス経験者やインフルエンサーなど、メンバーの経歴は様々です。

具体的にどんな方が所属しているのか、カワイイ選抜のメンバーを一部ご紹介していきます!

きらり

早稲田大学に通う現役大学生。avex managementに所属しています。

tomo

現役のモデル・サロンモデル。PLATINUM PRODUCTIONに所属しています。

よしめぐ

スポーツ番組のキャスターやアシスタントとして活躍。ホリプロに所属しています。

過去の所属モデル

non-noは今まで多くの有名人を輩出してきました。現在も芸能界の第一線で活躍している方が非常に多いです。

西野七瀬

元乃木坂46のメンバーで、アイドルとして活躍していました。2015年からnon-noの専属モデルに。

女優やタレントとしても活動しています。

  • 出身:大阪府
  • 身長:159cm
  • 所属事務所:乃木坂46合同会社
  • 主な出演作品:あなたの番です/アンサング・シンデレラ/一度死んでみた/電影少女 など

本田翼

2010年〜2018年まで専属モデルとして登場していました。所属歴も長く、表紙を飾った回数も23回とかなり多めです。

現在はモデルや女優業に加え、たまにYoutubeで動画を配信しています。

  • 出身:東京都
  • 身長:166cm
  • 所属事務所:スターダストプロモーション
  • 主な出演作品:アオハライド/地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子/絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜/GTO など

桐谷美玲

2012年から2015年まで専属モデルとして登場。15回表紙を飾りました。

女優やタレントとしても人気で、様々な作品に出演しています。

  • 出身:千葉県
  • 身長:163.5cm
  • 所属事務所:Sweet Power
  • 主な出演作品:うさぎドロップ/好きな人がいること/女子ーズ/花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜 など

佐々木希

2010年〜2013年に専属モデルとして登場。表紙を飾った回数は9回です。

現在も、モデルや女優として様々なシーンで活躍しています。

  • 出身:秋田県
  • 身長:168cm
  • 所属事務所:Top Coat
  • 主な出演作品:神の雫/呪怨 終わりの始まり/★スーツ/ファースト・クラス など

non-noのオーディション情報

non-noで開催されるオーディションは、

  • 専属モデルになるためのオーディション
  • カワイイ選抜(読者モデル)になるためのオーディション

の2種類があります。

開催日は不定期で、毎年決まった日程で行われる訳ではありません。

人気雑誌なだけあって、どちらのオーディションも倍率は高いです。

オーディション情報をチェックして、いつでも挑戦できるように準備しておきましょう!

関連記事

雑誌専属・読者モデル募集情報まとめ【最新オーディション情報】

関連記事

各社ファッション雑誌の専属モデルのオーディション!2023年の情報を随時更新 モデルになりたいと考えたとき、最初にイメージするのはファッション誌のモデルではないでしょうか? ここでは2023年のファッション誌のモデル募集情報を一覧でまと[…]

過去の専属モデル公開オーディション

専属モデルの公開オーディションは2014年の「第45回ノンノモデルオーディション」以降、開催されていません。

ちなみにグランプリは久慈暁子さん。non-noの専属モデルを務めたあと、現在はアナウンサーとして「めざましどようび」や「さんまのお笑い向上委員会」などに出演しています。

過去のカワイイ選抜オーディション

ライブ配信サイトとコラボしたオーディションがいくつか行われていました。上位10位くらいまでの方が最終審査に進出できるというのが大まかな流れです。

non-no×mystaカワイイ選抜

グランプリ:桃月かのん
審査員賞:木戸怜緒奈

non-noMixChannelカワイイ選抜

グランプリ:南浦芽依
準グランプリ:一ノ瀬唯乃
審査員賞:藤田玲奈

気になる最新オーディション情報【2023年度】は?

2023年のnon-noモデルオーディションを調べましたが、今のところ開催情報は公開されていませんでした。

過去のオーディションをみても日程が不定期なため、突然「開催します!」とお知らせがある可能性もあります。

専属モデルオーディションについては、2014年以降はほとんど非公開オーディションなどで選ばれているようです。

ただ今後一般からの募集は絶対にしないと発表があった訳ではないので、可能性は0ではありません。

カワイイ選抜(読者モデル)についても同じことが言えます。

あくまで予想ですが、以下の2つの理由から、専属モデルオーディションよりカワイイ選抜オーディションの方が開催される可能性が高いのではと思っています。

  • 専属モデルに比べてカワイイ選抜は所属人数が多い
  • カワイイ選抜メンバーの一部は3年以上ブログ更新が止まっている

もしかすると、ニューフェイスを入れようという動きがあるかもしれません。

チャンスを逃さないよう、公式サイトやSNSをこまめにチェックしておきましょう!

non-noの専属・読者モデルになるために大切なこと

non-noの専属・読者モデルになるために、どんなことが大切になってくるのか。

3つのポイントをご紹介したいと思います。

雑誌のガーリーな世界観に馴染めるか

non-noの傾向を見ると、ファッション面では特に「ガーリーなコーデ」が推されています。

ヘアアレンジやメイクも可愛らしさを感じるものが多いです。

日頃から着こなしやメイクを研究して、non-noの世界観に馴染む自分を作り上げていくことが大切だと言えるでしょう。

発信力があるか

non-noはWebコンテンツにも力を入れているので、ネットでの発信力も重視されます。

読者モデルも例外ではありません。

SNSや動画配信サイトなどのフォロワー数も、オーディションの際に武器になります。

毎日コーデを投稿したり、おすすめのコスメを紹介したりと積極的に発信してみてください。

日々努力できるか

自分磨きも発信力をつけることも、積み重ねが大切です。

1日や2日でどうにかなるものではありません。

サボらずコツコツ努力できるかが重要になってきます。

そして日頃の成果を確かめるために、ミスコンなどのコンテストに出場してみるのもオススメです。

モチベーションが上がるだけでなく、フォロワーが増えたり自分の実績になります。

メンタルを鍛えるという点ではオーディションの練習にもなりそうですね。

ただオーディションの開催を待っているだけでは、競争率の高いnon-noの専属・読者モデルになることは難しいと言えます。

本気で目指しているのであれば、今日からさっそく「可愛さと発信力を兼ね備えた自分」になるために努力していきましょう!

関連記事

雑誌専属・読者モデル募集情報まとめ【最新オーディション情報】

関連記事

各社ファッション雑誌の専属モデルのオーディション!2023年の情報を随時更新 モデルになりたいと考えたとき、最初にイメージするのはファッション誌のモデルではないでしょうか? ここでは2023年のファッション誌のモデル募集情報を一覧でまと[…]

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!