【最新オーディション情報】二コラの専属・読者モデルになるには?【ファッションモデル】

【最新オーディション情報】二コラの専属・読者モデルになるには?【ファッションモデル】

ニコモを目指すならオーディションに応募しよう

二コラのモデル(ニコモ)になってかわいくなりたい!、オーディションを受けたいけど自信がない…など、憧れの二コラのモデルを目指す女の子は多いのではないでしょうか。

毎年のオーディションでニコモが決定しているけれど、どんなオーディションなのか、誰でも応募できるのかなど知りたいことはたくさんあるでしょう。

今回は二コラについて、どのような雑誌なのか、特徴や所属モデル、オーディションについてご紹介します。

「二コラ」について知ることで、専属モデルがどのような位置にいるのかがわかるでしょう。

憧れのニコモを目指して、年に1度のオーディションにチャレンジしてみてください。

メンズモデル(メンモ)についても紹介していますので、モデルを目指す男の子もぜひ参考に。

二コラとは

nicola(二コラ)は新潮社から毎月1日に発行されている、中学生を対象としたファッション誌です。

1997年に創刊され、2022年が創刊25周年。

ファッション、ビューティー、スクールライフ情報など、中学生活を満喫するコンテンツが盛り沢山です。

キャッチフレーズは「すべての女の子をかわいくする♡中学生雑誌No.1」。

専属モデル「ニコモ」に憧れる女子中学生に、絶大な人気です。

価格は中学生がお小遣いで購入できる価格帯で設定されていて、2022年3月現在は560円。

姉妹誌として女子小学生向けのファッション誌「ニコ☆プチ」も新潮社より発行されています。

現在までのストーリー

1997年6月創刊

おしゃれデビューする世代のファッションマガジンとして創刊。

創刊号の夏号、Vol.2の秋号、Vol.3の冬号までは季刊誌、1998年4月号から月刊誌に。

創刊号のキャチコピーは「おしゃれデビュー![二コラ]」ですが、続く秋号は「おしゃれな中学生に[二コラ]」、冬号は「おしゃれな中学生のファッションマガジン[二コラ]と、ターゲットを明確に中学生に向けています。

月刊誌になった1998年4月号から2003年頃までは「中学生のおしゃれ情報がいっぱい[二コラ]」に、その後2006年頃から「みんなのおかげで♡中学生雑誌ナンバー1!」に。

創刊当時は百貨店やデパートの子ども服を紹介していましたが、時代に変化に伴いショッピングモールで購入できる服の紹介が多くなっていきました。

二コラ専属モデル、通称「ニコモ」(「モ」は丸囲み)は読者の憧れで、私服や私物の紹介などが人気コンテンツに。

他社競合誌が休刊や失速する中、二コラは好調を続けています。

唯一無二の中学生向け雑誌に

2018年からのキャッチコピーは「すべての中学生をかわいくする♡No.1ティーン雑誌!」

2020年以降は「すべての女の子をかわいくする♡中学生雑誌!」と、“女子中学生向けの雑誌”として唯一無二の地位を確立しています。

主なターゲット、読者層

ニコモ(二コラ専属モデル)が絶大な人気

ターゲットはおしゃれに興味のある女子中学生で、読者層は小6~中学生が中心。

勉強も部活も頑張りたいし、ニコモみたいにかわいくなりたい、と願う女の子に絶大な人気です。

ニコモに憧れて雑誌を購入し熟読するという読者が多く、ニコモの私服やバックの中身など私物の紹介、メイク、ヘアスタイル、興味関心事などは人気コンテンツです。

同世代の読者から選ばれたモデルが多く、頑張れば手が届く距離感が人気の秘訣でしょう。

モデルへのアンケート、読者アンケートやイベントでの徹底的な調査から特集を企画しているので、細かい情報が満載で読み応えがあります。

中学生のライフスタイルに合わせたコンテンツ

二コラは「中学生」という特定の世代を対象にしているため毎年読者が更新されるので、その時々に合った情報を提供しています。

入学や新学期、夏休み、文化祭など行事やイベントを取り込んだ特集も多数企画。

制服のかわいい着こなし方や、ファッション以外の学校ネタが多いのも特徴です。

また中学生は「ブランド」や「消費」を体験する入り口でもある時期なので、企業やファッションブランドとのコラボ企画を積極的に取り入れています。

大手文具メーカー「パイロットコーポレーション」ではシャープペンシルのボディ柄を二コラとコラボし大ヒット。

「眼鏡市場」とのコラボではニコモのアイデアから生まれた柄を眼鏡のフレームに採用した「二コラコラボメガネ」を販売するなどしています。

ファッションスタイル

ティーンの流行やトレンドを中心に、大人っぽく見えるファッションや、かわいく見えるコーディネートなどティーンのさまざまな需要に答えたファッションを提案しています。

ニコモなど、憧れの人の私服や私物がトレンドになることも。

中学生が親や友達と買い物に行く機会の多い、ショッピングモールに入っている服や小物が多く紹介されています。

また中学生向け人気ファッションブランドのイメージモデル(イメモ)が二コラ専属モデルから起用されていて、毎期誰に決定するのか注目されています。

2021年度は、repipi armario(レピピアルマリオ)に林芽亜里さん、PINK-latte(ピンク ラテ)は阿部ここはさん、Lovetoxic(ラブトキシック)は深尾あむさんが就任しました。

他にもWEGO(ウィゴー)、SPINNS(スピンズ)、INGNI(イング)などが人気ブランドです。

所属しているモデル

二コラには専属モデル、通称「ニコモ」(「モ」は丸囲み)が所属しています。

ニコモは読者と同世代の小6から高1までモデル活動が可能で、高校1年生の3月には毎年都内で「卒業式」のイベントを行います。

ニコモには、毎年開催されている「二コラモデルオーディション」でグランプリを獲得した人や、姉妹誌の「ニコ☆プチ」を卒業したモデルを起用。

全国の女子中学生にとって、憧れと共感のできる存在です。

専属モデルになると大手芸能事務所に所属できるので、芸能界への大きな一歩になるでしょう。

また専属メンズモデル、通称「メンモ」も所属しており、二コラの人気連載「ニコラ学園物語」を中心に、主にニコモの相手役として活躍しています。

専属モデル

ニコモは毎年5、6名の加入と卒業があり毎年30名前後が所属、メンモは2022年3月現在で10名所属しています。

今回は読者に人気のニコモ5名とメンモ1名をご紹介します。

林芽亜里 

サンミュージック所属、2005年11月生まれ、顔もスタイルも読者人気No.1モデル。

小学校4年生の2016年2月号~2019年6月号まで妹雑誌「ニコ☆プチ」の専属モデルとして活躍、卒業後2019年7月号からニコモに。

2022年4月号で卒業予定。

CM出演やファッションブランドのイメージモデルを務めた経験があるなど、読者だけでなくニコモからも憧れの存在です。

髙橋快空 

エイジアプロモーション所属、2008年2月生まれ、2020年の第24回オーディションでグランプリを獲得。

大人っぽい顔立ちと、抜群のコミュニケーション力で、読者や先輩モデル、編集者などあらゆるところから次期エースと期待されているニコモです。

同い年や同期のニコモの中でも、一番の活躍が見られています。

足川結珠 

トップコート所属、2007年12月生まれ、2020年の第24回オーディションでグランプリを獲得。

2021年にはピザーラのCM、2022年はドラマに出演するなど、モデル以外の活動も。

もともとニコモに憧れていて、応募条件の150cmに達したことを機に応募したと言われています。

小さな頃からバレエをしている、笑顔が可愛いニコモです。

関谷瑠紀 

プラチナムプロダクション所属、2006年8月生まれ、ニコ☆プチから進級して2020年7・8月合併号からニコモに。

テレビ出演やイメージモデルなど、幅広く活躍しています。

佐藤菜月海

スターダストプロモーション所属、2007年8月生まれ、第24回オーディションでグランプリを獲得。

ファッションは自分が好きなガーリー担当、メイクページも多く今後の活躍が期待できます。

南龍和

スターダストプロモーションに所属、2004年5月生まれ。

2021年2月にメンモに加入した南龍和(みなみ るわ)くんは、事務所に所属後はじめてのオーディションで、メンモの座を掴みました。

高校ではボクシング部に所属するなど男らしい一面と、クールな表情を合わせ持つ魅力的なメンズモデルです。

読者モデル

二コラには「読者モデル」という位置づけのモデルはいないようです。

そもそも専属モデルであるニコモは“読者代表”として一般人から選ばれているので、読者モデルはいないのでしょう。

過去の所属モデル

新垣結衣

現在は女優としての活躍が注目される新垣結衣さんは、ニコモ出身としても有名です。

第4回ニコラモデルオーディションでグランプリを受賞。

ニコモ時代は、二コラ+新垣結衣スペシャル号として「ガッキーブック」が出版されるほどの大人気モデル。

モデルデビュー後2か月で表紙を飾るなど、数々の伝説を残しています。

川口春奈(2007年)、

長崎県五島市出身で女優の川口春奈さんは、第11回ニコラモデルオーディショングランプリを受賞。

ニコモ時代は“ハルル”の愛称で、天真爛漫な笑顔が魅力的でした。

東京と五島列島を往復しながらの過酷なモデル活動でしたが、13歳で初表紙を飾るなどニコモ時代から絶大な人気がありました。

現在は映画やドラマ、CMに数多く出演しており、女優やモデルとして活躍しています。

横浜流星

ニコ☆プチのメンズモデルを務めた後、中3から4年間、二コラのメンズモデル(メンモ)に。

メンモ総選挙で1位をとり、連載を持つなど活躍していました。

現在も映画やテレビ、CM、雑誌など、人気俳優・モデルとして幅広く活躍しています。

二コラのオーディション情報

二コラでは創刊以来、「ニコラモデルオーディション」を毎年開催しています。

このオーディションは専属モデルになれる年に1度のチャンス。

全国から素人の女の子の才能を見つけ出し、誌面への登場はもちろん、モデルとしての育成も行います。

卒業生には芸能界で活躍している人が多数いるなど、期待の高いモデルが多く所属。

また、メンズモデルについても過去にオーディションが開催されていますので合わせてご紹介します。

関連記事

各社ファッション雑誌の専属モデルのオーディション!2022年の情報を随時更新 モデルになりたいと考えたとき、最初にイメージするのはファッション誌のモデルではないでしょうか? ここでは2022年のファッション誌のモデル募集情報を一覧でまと[…]

過去のオーディション結果

第25回二コラモデルオーディション(2021年開催)

応募総数10104通の内、ネット応募が6498通と全体の3分の2を占めました。

編集長いわく、二コラが大好きな読者に加えてSNSで広告を見て応募したという人も多く、応募者のタイプも変わってきているとのこと。

今回は大人っぽさを秘めた子、どんどん変化しそうな原石など個性のある女の子が選ばれていて、今後の活躍が期待されます。

■応募資格
・10歳(小5)~15歳(中3)の⼥の子
・⾝⻑150cm以上
・現在プロダクション(芸能事務所)や、劇団などに所属していないこと
・国籍、住んでいる場所はどこでもOK

⾃分で応募か、友達推薦で応募のどちらかで応募

・自分で応募
「ニコモになりたい!」「芸能界デビューしたい!」などの夢がある子
※保護者の方に許可をもらって応募

・友だち推薦で応募
姉妹や友達にニコモに推薦したい女の子がいた場合、本⼈に許可をもらって二コラ本誌についている応募用紙を送付
※友だち推薦のプレゼントがもらえるのは10歳(小5)~15歳(中3)の⼥の子の場合のみ

■応募方法
・二コラ本誌についている応募用紙から郵送で応募
・二コラネットでの応募

■応募期間
・ネットでの応募:2021年6月15日(火) 夜11:00
・郵送での応募:2021年6月18日(金) 必着

■オーディションの流れ
1、保護者へオーディションを受けてもいいか確認をする
2、ネットか郵送で応募
3、書類通過者のみ電話連絡
4、二次審査@東京(2、3人のグループ面接とカメラマンによる写真撮影テスト)
5、最終審査@東京(プロのヘアメイク、スタイリスト、カメラマンによるカメラ写りチェック)
6、グランプリ決定(毎年5~6名ほど)

■グランプリ特典
・ニコモとして活動
・洋服などのファッションアイテムやスマホ、化粧品、美容機器など豪華な景品を獲得

グランプリは5名で、2021年10月号で誌面に初登場しています。

池端杏慈さん(中2)、榎本月海さん(中1)、川原美杏さん(中1)、吉本麗南さん(中1)、伊藤沙音さん(小6)に決定しました。

ニコラ メンモオーディション

2021年2月に加入が決定したメンモオーディションが直近のオーディションです。

それまでは毎年公開オーディションが開催されていて、読者イベントでの投票を経て選ばれていましたが、直近のオーディションはコロナ禍のため二コラ編集部が選出。

結果は八田大翔くん(ハアト)、南龍和くん(ルワ)、宮本龍之介くん(リュウノスケ)、河島英人くん(エイト)の中高生4名が加入しました。

最新オーディション情報【2022年度】

2022年3月現在では、「二コラモデルオーディション」の情報はまだ公開されていません。

2021年は6月号(4月30日発売)と7月号(6月1日発売)に応募用紙がついていたので、2022年も同じようなスケジュールと予想。

応募期間は4月30日~6月18日(ネット応募は6月15日)と1ヶ月半ほどだったので、ニコモを目指す女の子はオーディション情報と応募期間をチェックするようにしましょう。

メンズ専属モデルオーディションについても情報は公開されていません。

過去は毎年開催されていたようなので、2022年も期待したいところです。

二コラの専属・読者モデルになるために大切なこと

今回は二コラについて、概要や雑誌の特徴、モデルについてや、オーディション情報をご紹介しました。

二コラのモデルは読者の代表というイメージなので、モデル活動や芸能活動をしている人はオーディションには応募できません。

普通の女の子がモデルになれるチャンスです。

オーディションではモデルとして完成されている人を探しているのではなく、今後の期待を込めて選考されているので、ニコモを目指すのであればまずは応募してみることが大切です。

また、姉妹誌の「ニコ☆プチ」モデル出身のニコモもいるので、応募年齢に達していない場合は年に1度開催されている「ニコ☆プチモデルオーデション」を受けてみるのもモデルへの道のひとつでしょう。

応募資格は「身長140㎝以上の小学生の女の子」で、芸能事務所へ所属している女の子も事務所の許可があればOKです。

少しでも早くモデルになりたい!と考えている女の子はぜひチャレンジしてみてください。

メンズモデルについてもオーディション情報をチェックし、いつでも応募できるように準備を。

メンモオーディションは事務所に所属していながらでも応募できるようなので、モデル以外の芸能活動についてもアピールできるようにしておくとよいでしょう。

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!