【最新オーディション情報】withの専属・読者モデルになるには?【ファッションモデル】

withモデルになるには?読者モデルにも注目

withといえば広瀬アリスさんやトリンドル玲奈さん、最近では坂道系のアイドルもモデルとして活躍しているけれど、オーディションなどは開催されているのか?読者モデルのwith Labって何?と疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

ファッション誌のモデルを目指すには、まずはその雑誌の概要や歴史、ファッションスタイルや所属モデル、過去のオーディション情報などを知ることが大切です。

過去にオーディションが開催されていた場合はどのような内容で開催されていたか、情報を入手することで今後の対策を立てることができるでしょう。

またwithモデルを目指すには、withが自分のイメージと合っているか、自分の興味や趣味を活かすことができるのかなど見極めることも必要です。

この記事で雑誌withを理解し、withモデルになるにはどんな方法があるのかを探ってみましょう。

withとは

2020年8月に40周年を迎えたwithは、講談社より1981年8月に創刊。

毎月28日発売の女性ファッション&ライフスタイル誌です。

コンセプトは「恋も仕事もわたしらく」。

働く女子のファッションとビューティーを中心に仕事、恋愛、婚活、カルチャー、マネー、グルメなど幅広い分野を取り扱っています。

2020年頃からはメインの大特集がファッション以外で組まれていることが多くなり、最近では「推しの見つけ方」や「働く女子による働く女子のためのOL大賞」などがメインの特集に。

読者メンバーで結成された組織「with Lab」もコンテンツ作りに貢献しています。

現在までのストーリー

1981年創刊

「Culture Magazine for Your Life」をコンセプトに、1981年8月に創刊。

創刊号ではファッションの他にも恋愛特集、黒柳徹子さんと桃井かおりさんの対談、有名人のインタビュー、インテリア特集が組まれるなどカルチャー色が強く出ていました。

表紙も外国人モデルで、現在のような親近感のある雰囲気とは少し離れていましたが、創刊当初から働く女性に寄り添う20代OL向けの雑誌として支持の高い雑誌です。

2000年頃~

それまで外国人モデルを起用した表紙を、2000年頃から日本人モデルやタレントにしたことでwithが身近な存在に。

「働く女性の人生を応援する」というコンセプトは変わらずも、表紙の変更でイメージも一新されました。

2020年以降

2020年以降はメインの大特集がファッション以外の「働く女性」に向けたライフスタイル全般を特集することが増えています。

また2022年5月号(3月28日発売)をもって刊行形態が変更になり適時刊行に。

以降は「with online」をメインに読者のライフスタイルに寄り添ったサービスに重点を置く予定となっています。

主なターゲット、読者層

withは「27歳」を中心に20代後半をターゲットにした、「仕事も恋も自分らしくありたい」と願う女性を応援するファッション&ライフスタイル誌です。

2021年10月号からは40周年特別企画で「わたしが27歳だったころ」という、素敵に歳を重ねている女優さんのインタビューを連載しているなど、27歳を中心とした特集が多く組まれています。

また、「働く女子の〇〇」など働いている女性に向けた内容が多いのも特徴。

未婚の女性だけでなく既婚の女性向けの内容も充実しており、最近では既婚者を対象にしたwith onlineのサブブランドサイト「共働きwith」が発足。

「仕事も家庭もわたしらしく」をテーマに運営されています。

ファッション以外の特集も多く情報量も多いので、悩み多いアラサーにも積極的に読まれている雑誌です。

モデルにはトリンドル玲奈さんや広瀬アリスさんなどテレビ番組で活躍している人や、宮田聡子さんのように各ファッション誌で活躍している人、最近では乃木坂46や日向坂46など坂道系のアイドルを積極的に起用しています。

また、with Labというwith読者のサポーター組織があり、リアルな悩みからリアルな答えまで読者の声を反映した企画も多く掲載されています。

ファッションスタイル

シンプルできれいめなカジュアルファッションが多く、甘辛MIXなどフェミニンとハンサムを兼ね備えたコーディネートを得意としています。

働く女性向けのお仕事服を中心に、トレンドを取り入れつつも自分らしさを大切にした、男性受けだけでなく女性にも受けるスタイルを提案。

デザインコンシャスなアイテムを一転投入したり、ベーシックなアイテムを今っぽく着まわしたりと、自分らしいファッションを楽しみたいと願う女性に寄り添ったコンテンツが多くなっています。

掲載されているアイテムはOL向けのブランドのものが多く、価格に見合ったしっかりとした造りのものが紹介されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

with編集部(@with_mag_official)がシェアした投稿

所属しているモデル

「withモデル」にはモデルのプロとして幅広い雑誌で活躍している人や、主にテレビでの活躍が目立つ人、アイドルグループのメンバーなど様々なジャンルのモデルが所属しています。

また誌面掲載のチャンスのある「読者モデル」はオーディションで選ばれたメンバーが所属。

ここではどのような人がモデルとして活躍しているのかをご紹介します。

専属モデル

専属モデルとレギュラーモデルが所属しており、誌面に出ることの多い広瀬アリスさんや堀田茜さんなどはレギュラーモデルとして活躍。

ここでは専属モデルとして所属しているモデルをご紹介します。

宮田聡子

2010年から専属モデルとして活躍し、withの他にも多くの雑誌でレギュラーモデルとしても活動。

ファッションブランドのイメージモデルも務めるなど、ファッション界では特に知名度の高いモデルです。

ゲーム好きでも有名で、誌面でも公表しています。

トリンドル玲奈

ファッション誌「ViVi」などのモデルを経て、2019年よりwithの専属モデルとして活躍。

ドラマやバラエティーなど幅広いジャンルで活動しています。

山崎あみ

2014年に開催された「トップコート20thスターオーディション」でwith賞を受賞し、その後専属モデルとして活躍しています。

お天気キャスターとしてテレビ番組への出演も。

梅澤美波(乃木坂46)

2019年より専属モデルに。

170cmという高身長を活かして、乃木坂46の副キャプテンとして活動しながらモデル業も行っています。

濱岸ひより(日向坂46)

2021年より19歳で専属モデルに。

小顔で手足の長いスタイルが注目され、withの未来を見据えて起用されました。

小林由依(櫻坂46)

2018年に専属モデルに。

櫻坂46のチームメイトからも憧れられるメンバーです。

読者モデル

withには「with Lab」という一人ひとりが情報の発信者となって誌面づくりをしているサポーター組織があります。

メンバーは全国に5000人以上いますが、オーディションでSTARメンバー(100名)に選ばれると、読者モデルとして誌面に登場のチャンスも。

2022年3月号に誌面に登場しているwith Labスターメンバーをご紹介します。

・木林綾音さん
読者のクローゼット改造特集に登場。
with Labの中心メンバーとして活躍しています。

・小出みゆさん
同じく読者クローゼット改造特集に登場。
国内旅行に精通し、旅インスタグラマーとしても活動しています。

2022年3月号は2022年度のwith Labスターメンバーが発表された号でもあるため、「with Labメンバーの今を知る」という特集では多くのスターメンバーが掲載されています。

過去の所属モデル

舟山久美子

17歳から「Popteen」でモデル活動後、2014年よりwith専属モデルとして活躍。

現在はファッションブランドのプロデューサーや、女性の美と健康にかかわる様々な活動をしています。

鈴木ちなみ

2008年より専属モデルとして活動。

小顔で手足の長いスタイルと、可愛らしい顔立ちは女性からも人気がありました。

垣内彩未

2011年からwithでモデルとして活動し、2012年より専属モデルに。

現在は2児の母で、スウェットなどのカジュアルアイテムを展開しているファッションブランドを立ち上げています。

withのオーディション情報

専属モデル

withモデルのオーディション情報は残念ながら公開されていません。

最近では坂道系のアイドルがwith専属モデルとして新規加入しており、オーディションという形式での加入はないようです。

with Lab

with Lab STARを100人を選ぶオーディションが過去に開催されています。

2022年度の読者モデルオーディションとなる「新STAR100メンバー募集」は2021年11月に開催されました。

関連記事

各社ファッション雑誌の専属モデルのオーディション!2022年の情報を随時更新 モデルになりたいと考えたとき、最初にイメージするのはファッション誌のモデルではないでしょうか? ここでは2022年のファッション誌のモデル募集情報を一覧でまと[…]

過去のオーディション結果

トップコート20thスターオーディション(2014年)

2014年に開催された「トップコート20thスターオーディション」では、「with賞」を現在も専属モデルとして活躍している山崎あみさんが受賞しました。

トップコート20thスターオーディションは、トップコートが創立20周年を記念して開催した全国オーディション。

グランプリには賞金100万円と映画出演、男性には「FINEBOYS賞」、女性には「with賞」として各誌で1年間の専属モデル、各賞受賞者はトップコートへの所属という特典が用意されていました。

映画出演権がメインでwithモデルのためだけのオーディションではありませんでしたが、with賞を受賞した山崎さんは2022年現在も専属モデルとして活躍しています。

芸能事務所へのオーディションもモデルへ道のひとつでしょう。

2022年度 新STARメンバー100募集(2021年10月)

2022年度のSTARメンバーを募集した「with・共働きwith 読者モデルオーディション」についてご紹介します。

【応募条件】
・20歳~39歳の女性(未婚、既婚、子どもの有無は関係なし)
・with online上で公式ブログを開設していただける方
・イベントやアンケート、座談会などに積極的に参加いただける方
・競合他誌で活動をしていない方
・ご自宅などでご自身のPC、スマートフォン等で活動可能な方
・顔写真を公表できる方
・編集部のお願いする告知・拡散にご協力いただける方

【審査方法】
第一次書類審査/書類審査を通過された方には編集部より連絡
第二次面接・撮影/オンライン面接及び撮影会

【スケジュール】
2021年10月18日 応募書類募集開始
11月16日 応募書類募集終了
11月19日 一次選考通過の合格発表
11月下旬~12月上旬 オンライン面接を開始
12月中旬 カメラテスト
12月下旬 最終選考の合格者発表
2022年1月下旬頃 with3月号およびwith onlineでお披露目

・発信力があり趣味や特技を活かして情報発信をできることなど総合的に判断
・任期は1年

STARメンバーとして100名が決定しました。

最新オーディション情報【2022年度】

2022年1月現在、オーディション情報は公開されていません。

専属モデルのオーディションは、今後の刊行形態(適時刊行)や過去の情報から考えても開催する可能性は低いでしょう。

読者モデルについては、雑誌は適時刊行にはなりますが誌面掲載のチャンスはありますし、with公式サイト「with online」やサブブランドサイト「共働きwith」での情報発信などの活動が見込まれるため、来年度も募集はあると予想されます。

近年の傾向と、2022年度の活動任期が1年と明記されていることを考慮すると、2022年10月頃に翌年度の募集が公開されるのではないでしょうか。

withの専属・読者モデルになるために大切なこと

withの専属モデルになるためには、まずはモデルを輩出している事務所に入所することでしょう。

現在専属モデルとして所属している山崎あみさんは、芸能事務所トップコートのオーディションで「with賞」を獲得しモデルとして活動するようになりました。

また最近では坂道系アイドルが専属モデルとして起用されています。

withのモデルを目指すのであればモデルを輩出している事務所に入り、注目されることが必要でしょう。

ただ今後は紙媒体としての雑誌刊行が適時になり、誌面への出演の機会も減ってしまうため、これからwithモデルを目指すのは険しい道になるのではないでしょうか。

読者モデルに関しては、リアルな声を反映しやすい「with online」への出演が増えると予想されます。

with Lab STAR100メンバー募集時には、趣味や特技、情報発信力などを総合的に判断されると明記されていますので、自分の個性やSNSでの発信力を普段から磨いていくことが大切でしょう。

誌面づくりにおいてwith Labメンバーの影響力は大きく、編集部はメンバーをとても大切にしていると感じられます。

withモデルになるには、多くの人に影響を与えたいという想いを持つことも大切です。

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!