【最新オーディション情報】VERYの専属・読者モデルになるには?【ファッションモデル】

憧れのVERYモデルになるためには?

憧れの雑誌「VERY」のモデルになるにはどうしたらよいのか?オーディションはあるのか?

読者モデルから専属モデルになった人がいたから自分もその道を歩んでみたい、などVERYのモデルになりたいという人は多いのではないでしょうか。

モデルを目指すにはVERYがどのような考え方の雑誌なのか、また現在所属しているモデルたちがどのような人なのかを知ることが必要です。

今回はVERYの概要や歴史、ファッションスタイルや所属モデルについてまとめました。

自分のファッションやライフスタイルがどのくらいVERYに合っているかを知り、アプローチの参考にしてみてください。

VERYとは

VERYは光文社より1995年6月に創刊された、毎月7日発売のファッションライフスタイル誌です。

主婦層に圧倒的人気のVERYは、読めば時代がわかると言われるほどリアルな情報が満載。

読者への個別調査をすることで、もっと自分らしく生きたいと願う女性に寄り添った内容になっています。

紹介された商品は大ヒットになると、ファッションブランドだけでなく、食品メーカーや自動車メーカーなどライフスタイル全般の企業からの広告オファーも殺到。

キャッチフレーズは「私たちに、新しい時間割」です。

2020年からお家時間が増えたことにより主婦の生活が変わり、家族に合った暮らしや働き方を読者それぞれに見つけたいとい思いから付けられています。

現在までのストーリー

1995年創刊

VERYは1995年6月に、30代女性の新たな市場を開拓するために光文社から創刊。

20代でハマトラやボディコン、サーファーファッションをしていた世代が30代になり、どんなお洒落をすればいいのかという悩みに答えるような内容が多く組まれていました。

ハイブランド商品や、コンサバ寄りのファッションが多く掲載。

1998年に流行した「シロガネーゼ」という造語を作った雑誌としても有名です。

2007年から今尾朝子氏が編集長に

2007年からは今のVERYの地位を築いたとも言える、今尾朝子氏が35歳という若さで編集長に。

2008年5月号の表紙に「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチフレーズを掲載したところ売上部数が前年度130%アップ。

2011年にはブリヂストンとVERYのコラボ自転車「HYDEE」を開発。

読者の声を最大に取り入れた、パパでも乗りやすい子乗せ自転車は現在も大ヒット商品です。

近年は仕事を持つ女性や仕事をしたいと考える女性も増えて、家事や育児に対するジェンダーバイアスについての記事も多く、反響を呼んでいます。

表紙は毎月変わるのではなく、決まったモデルが長期にわたり起用されているのも特徴です。

黒田知永子さん、三浦りさ子さん、堂珍敦子さん、井川遥さん、滝沢眞規子さん(2016年10月号~2019年12月号)、矢野未希子さん(2020年1月号~2021年12月号)がVERYの顔として表紙を飾っていました。

2022年1月号からは東原亜希さんと申真衣さんの2人体制に。

4児の母で読者の憧れでもある東原亜希さん、ワーキングマザーとして注目の申真衣さんと、ライフスタイルが異なる2人が、それぞれ表紙を飾っています。

主なターゲット、読者層

ターゲットは30代~40代前半の、家庭がある女性。

読者層も30代~40代前半がほとんどを占めていて、子どもが小学生低学年くらいまでの、世帯年収が高めの家庭が多くなっています。

主婦が自分らしくいられるように、子育ても仕事もおシャレも充実させるための提案が満載。

読者への調査は、編集者やライターが街などでステキな女性を見つけて徹底的に悩みから気になるコトまで聞き出します。

主婦の本音から企画が立てられているので、悩める主婦がリアルに共感できる内容が多いのも人気の秘訣でしょう。

母として妻として女性として輝くために、悩みの根底からどうしたらよいかを提案してくれる雑誌です。

毎号の特集の見出しは読者の心に刺さるコピーが多く、見出しに惹かれて購入している人も。

「イケダン」や「サスティナママ」、「おうち外交」などの造語を多く発信しているところもVERYらしさが表れています。

誌面に出ている読者は実際に子育てや仕事をしている人たちなので、憧れではあるけれど少し頑張れば手に届く距離感も魅力のひとつです。

ファッションスタイル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

VERY編集部(@veryweb.jp)がシェアした投稿

コンサバとキレイめカジュアルをお洒落に合わせたファッションが特徴的です。

乳幼児から小学生まで、子連れを前提としたファッションや仕事スタイル、ストレスフリーなお洒落を提案。

スニーカーファッションや公園ファッション、抱っこ紐や授乳を前提としたお洒落、育休明けの仕事服、ハレの日ファッションなどライフスタイルに合わせたコーディネートを紹介しています。

ハイブランドの商品も多くセレブ感はありますが、全てが高価なものというわけではなくお金の掛けどころを見極めています。

ママになっても積極的にお洒落を楽しんでいる人たちを参考に、自分もそうありたいと願う読者に愛読されています。

所属しているモデル

VERYにはレギュラーモデルと専属モデルが所属しています。

レギュラーモデルは他雑誌やテレビなどでも活躍している人が多く、それぞれに個性があり生き方も参考になります。

専属モデルについては、読者モデルから専属モデルになるというケースもあり、滝沢眞規子さんは読者の憧れです。

ここでは専属モデルとして、どのような人が活躍しているのかご紹介します。

専属モデル

笹川友里

元TBSアナウンサー。

TBSへはADとして入社、「美人すぎるAD」と話題になり1年後アナウンサーに。

元フェンシング日本代表の太田雄輝さんと結婚、その後第一子を出産。

TBSを退社後は事務所には入らず独立という形で活動し、2021年3月からVERY専属モデルに。

子供を産む前からVERYの愛読者で、仕事も子育てもお洒落も前向きに模索中。

何事も行動に移す生き方は読者の憧れです。

申真衣

東京大学卒業後、外資系証券会社に約10年勤務し退社、現在はベンチャー企業の役員を務める2児の母。

2019年6月号に誌面に登場してからあの人は誰?と読者の間で話題に。

2020年3月号より専属モデルとしてデビュー、2022年1月号より東原亜希さんと2人体制でカバーモデルを務めています。

キャリアママとして多忙な日々を送る中でも、自分らしく生きる姿勢が読者の憧れです。

読者モデル

VERYには他のファッション誌のように読者モデルの組織はなく、ライターさんや編集者を通じて誌面に登場している人が多いようです。

街やイベントで気になる人に声を掛けたり、読者モデルの友人を紹介してもらったり、SNSで気になる投稿をしている人にコンタクトをとったりと、地道な方法で読者モデルを発掘していると言われています。

申真衣さん、滝沢眞規子さん、クリス-ウェブ桂子さんも、読者モデル出身です。

VERYに読者モデルとして誌面に載ることは、VERY愛読者にとって一つのステイタスになっています。

過去の所属モデル

滝沢眞規子

街でVERYのライターにさんに声を掛けられたことをきっかけに2009年から読者モデルとして誌面に登場。

憧れの読者モデルとして話題になり、2010年、31歳で専属モデルデビュー。

2016年10月号からはカバーモデルとしても活躍し、2019年12月号でVERYを卒業しました。

読者モデルから専属モデルになった代表的存在で、読者からは憧れと共感を得ています。

2020年3月からVERY NAVY(VERYよりもラグジュアリーなファッションライフスタイル誌)のカバーモデルとしても活動しています。

クリス-ウェブ佳子

VERY誌面への初登場は2008年2月号の公園スナップ、2011年から専属モデルとして活躍しました。

もともとファッション関係の仕事をしていたため、ファッションセンスは抜群。

2012年3月に開始したブログはお洒落で惹きつけられる文章が人気で、文才も発揮していました。

ファッション以外でもアップ写真の多いメイクやジュエリー特集でも活躍、センス溢れる目線で様々な企画を提案するなどVERYに欠かせない存在に。

2021年3月号でVERYを卒業しましたが、エッセイや子連れ旅の書籍を出版したり、ラジオパーソナリティーや空間コーディネーターとしても活躍したりとさまざまな才能を発揮しています。

三浦りさ子

サッカー選手の三浦知良さんと結婚後、1997年より11年間VERYモデルとして活躍。

その内の約7年はカバーを飾りました。

母・妻・女性として奮闘しながらも輝いている三浦りさ子さんに憧れた女性はとても多く、VERYの顔として活躍していました。

VERYのオーディション情報

VERYモデルになるためのオーディションについて過去を調査しましたが、情報は確認できませんでした。

VERYのモデルを目指すならばオーディションを待つよりも、編集者やライターの目にとまるようなアピールをすることがモデルへの近道でしょう。

関連記事

各社ファッション雑誌の専属モデルのオーディション!2022年の情報を随時更新 モデルになりたいと考えたとき、最初にイメージするのはファッション誌のモデルではないでしょうか? ここでは2022年のファッション誌のモデル募集情報を一覧でまと[…]

過去のオーディション結果

専属モデル、読者モデルともに過去のオーディション情報を調査しましたが、確認できませんでした。

最新オーディション情報【2022年度】

専属モデル、読者モデルともにオーディション情報は残念ながら公開されていません。

今までも大々的なオーディションは開催されていないようなので、2022年度も期待は薄いでしょう。

ただ、VERYのウェブサイトには「読者モデルやライターになりたい」場合について、下記内容で記載がありますのでご紹介します。
「読者モデルやスタッフ募集の際には、本誌やウェブサイトに募集要項を掲載することがございます。応募期間内に応募概要をご覧いただき、募集要項にしたがってご応募ください。」
2022年2月現在では情報は更新されていませんが、いつ募集が開始されるかわかりませんのでこまめにウェブサイトをチェックしておくと良いでしょう。

VERYの専属・読者モデルになるために大切なこと

属モデルになるためには

VERYの専属モデルになるためにはモデルとしての容姿や美しさに加えて、読者が憧れるような生き方や個性が必要でしょう。

実際の所属モデルにも、ファッションセンスや文才、画才を持っている人や、キャンプ、ピラティス、ヨガなど何かこだわりを持っている人、起業をして経営者として仕事をしている人など、それぞれ輝きながら子育てしている人が多くいます。

VERYはファッションだけでなくライフスタイルの特集も多いので、見た目だけでなく中身も磨いておくと良いでしょう。

アプローチ方法としてはモデルとして他の雑誌で活躍しながら編集者に顔見せをしていくことや、読者モデルから専属モデルへの道を目指すことになります。

読者モデル

読者モデルになるためには、公式に読者モデルの募集が公開されたときに応募すること、編集者やライターさんの目にとまることが必要でしょう。

滝沢眞規子さんはライターさんに街で声を掛けられていますし、公園SNAPでたまたま誌面に出たり、読者モデルから紹介されて誌面に出るようになった人もいるようです。

2018年まではVERYの恒例イベント「VERY Fes.」が行われていたので、そのような場所で編集部が声掛けをすることもあるかもしれません。

対面のでアピールが難しい場合は、SNSでの情報発信力も効果的です。

特にInstagramでの投稿など、編集部だけでなく読者からの評判もよければアピールすることができるでしょう。

VERYは読者とモデルの距離感が近いので、一度誌面に出て読者の共感を得ることができれば、VERYモデルとしての道も夢ではないはずです。

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!