【ファッション誌】MOREの専属・読者モデルになるには?【最新オーディション情報】

【最新オーディション情報】MOREの専属・読者モデルになるには?【ファッションモデル】

【ファッション誌】MOREの専属・読者モデルになるには?【最新オーディション情報】

MORE誌面に出るにはどのような方法があるのか?

20代の働く女性をターゲットにしたファッション誌「MORE」。

オフィス服から休日服まで、どんな服でも着こなせるモデルに憧れる人も多いでしょう。

今回はMOREモデルにはどのような人がいるのか、またMOREの誌面に出るにはどんな方法があるのかをご紹介します。

関連情報
本気でモデルを目指す人向け!オーディション特集はこちら!

MOREとは

MOREは集英社より1977年に創刊された毎月28日発売のファッション誌です。

20代の働く女子をハッピーにする情報が満載で、ファッションを中心にビューティ、恋愛、エンタメ、料理、マネーなど幅広いジャンルを扱っています。

現在までのストーリー

1977年創刊

1977年に創刊したMOREは、1971年に創刊した「non-no」に続くライフマガジンとして発行されました。

創刊号の特集は「愛と性」ついて、他には著名人のインタビュー、海外の旅特集、五木寛之さんや渡辺淳一さんの連載小説などが掲載されていて、ファッションよりもライフスタイルが中心の雑誌でした。

1990年代

創刊後しばらくはインタビュー記事や、仕事や恋愛などのライフスタイルを中心に特集されていましたが、1990年代半ばくらいからはファッションを中心に特集されるようになりました。

2000年以降

それまで表紙は海外モデルでしたが、2000年頃から日本で活躍する女優やタレントなどに変わり、身近なファッション雑誌としての位置を築いています。

主なターゲット、読者層

20代の働く女性のためのファッション誌「MORE」ではオフィス服と休日服を提案、メイクも仕事用、デート用などオンとオフをふまえた構成になっています。

イメージする女性はMOREモデルの佐藤栞里さんや本田翼さん、飯豊まりえさんなど爽やかで笑顔が似合う明るい女性です。

また男性アイドルや俳優を積極的に起用、付録も可愛くて実用的だと好評です。

他にも鬼滅の刃の表紙を表紙にして付録も付けるなど積極的に流行を取り入れているため、エンタメ情報や付録を目当てに購入する人も多いでしょう。

ファッションスタイル

MOREのファッションは、流行りを取り入れつつもシンプルでキレイめ、大人可愛いオフィス服。

休日はカジュアルでも品の良い、万人受けするようなコーデが特徴的です。

例えばニットの特集では、仕事用のニットとプライベートのニット、両方に使えるニットなど、TPOや気分に合わせたコーデが提案されています。

すぐに真似できるようなコーデも多く、頑張りすぎない等身大のファッションが魅力的なMORE。

高級ブランドからプチプラまで幅広いブランドを取り扱っていて、憧れも楽しみも期待できる雑誌です。

所属しているモデル

https://more.hpplus.jp/more-models

MOREのモデルには、プロのモデルとして活躍する「モアモデルズ」と、読者から募集する「MOREインフルエンサーズ」が所属しています。

ここではそれぞれどのような人たちが所属しているのかご紹介します。

専属モデル

MOREに所属するモアモデルズは専属ではなく、他の雑誌にも登場するレギュラーモデルがほとんどです。

ファッションやメイクまでオールラウンドにこなす「モアモデル」と、美容ページを中心に担当する「モアビューティーズ」から成り立っていて、それぞれ誌面や公式WEBで活躍しています。

笑顔の似合う明るい雰囲気のモデルが多いのが特徴です。

モアモデルズ

大人可愛い、笑顔の似合うモアモデルズ。

ほとんどのモデルが他の雑誌に出ることもあるレギュラーモデルです。

MOREの妹雑誌non-noから移ってきた人や、MOREのモデルになる前にさまざまなファッション誌でのモデル経験がある人が多くなっています。

・内田理央
・逢沢りな
・佐藤栞里
・岸本セシル
・土屋巴瑞季
・本田翼
・飯豊まりえ
・井桁弘恵
・鈴木友菜
・松本愛
・新川優愛

モアビューティーズ

美容ページやコスメやメイクの情報発信を中心に活動しているモアビューティーズ。

お肌がキレイなのはもちろん、美容に詳しい人やファッション業界でも活動している人など、さまざまな分野で活躍している人が多いです。

・田中里奈
・武智志穂
・AMO
・岡本静香
・高山直子
・村田倫子
・木野園子
・ゆきら

読者モデル

「MOREインフルエンサーズ」はインフルエンサーと読者モデルの活動をする、MOREを盛り上げるメンバーです。

1年に1度募集があり、MORE編集部で選ばれたメンバーは読者モデルとしてMORE誌面に登場したり、公式サイトで旬な情報を発信したりします。

ただ、MORE誌面にインフルエンサーズが頻繁に登場しているというわけではないので、読者モデルとしてというよりもインフルエンサーとしての活動が軸になると思われます。

SNSで大きな影響力を持つ「Premiumインフルエンサーズ」、ブログの人気が高い「TOPインフルエンサーズ」、100名以上のメンバーから成り立つ「MOREインフルエンサーズ」と、3段階で構成されています。

MOREインフルエンサーズの前身であるモアハピ部時代から継続しているメンバーも。

今回は最も影響力のあるPremiumインフルエンサーズをご紹介します。

・アサノ
・いのうえまお
・カヤノ
・影山カレン
・荒川奈津美
・黒田真友香
・赤埴奈津子
・折田楓
・中山柚希
・和田えりか
・MIYUU
・sayoko
・shimo
・ながたさき

皆それぞれ得意分野を持ち、積極的に活動して公式ブログで情報発信しています。

過去の所属モデル

MOREのモデルは、もともとモデル活動や芸能活動をしている人が選ばれることが多い傾向にあります。

ここでは過去にMOREのモデルとしても活躍した、知名度のあるモデルをご紹介します。

市川紗椰 

16歳でスカウトされて雑誌の専属モデルデビューを果たした後、ViViや25Vansを経てMOREのモデルに。

才色兼備で有名な市川紗椰さんもMOREで活躍していました。

竹下玲奈

雑誌プチセブンでモデルデビュー後さまざまな雑誌に登場し、TV番組やCMなどでも活躍。

MOREでは看板モデルとして2004年~2012年まで所属し、自然体なコーデが話題になり「玲奈カジ」として人気を集めるほどになりました。 

篠田麻里子

2008年、まだAKB48がブレイクする前にモデルオーディションを受けて合格。

10年間のモデル期間中にはMORE専属モデル初の表紙を飾るという偉業を達成、連載を持つなどMOREの顔として活躍しました。

MOREのオーディション情報

MOREモデルになるためのオーディション情報は2021年12月現在、残念ながら出ていませんが過去にどのようなオーディションがあったのかは気になるところですよね。

「MOREインフルエンサーズ」は毎年募集しているので、応募期間を逃さずにチェックするようにしましょう。

ここでは過去のオーディション結果と、最新情報をお伝えします。

関連記事

モデルになりたいならおすすめ!ファッション誌の専属・読者モデル情報 モデルになりたいと考えたとき、最初にイメージするのはファッション誌のモデルではないでしょうか? ここでは2022年のファッション誌のモデル募集情報を一覧でまとめてみ[…]

過去のオーディション結果

専属モデル

直近を調べても2008年の篠田麻里子さんが合格した専属モデルオーディションのみで、モデルオーディションはしばらく行っていないようです。

所属しているモデルを見るとわかるように、専属モデルやレギュラーモデルになるためにはモデルとしての経験を積むことが必要でしょう。

MOREインフルエンサーズ

インフルエンサーと読者モデル活動を行う「MOREインフルエンサーズ」は、年に1回募集されています。

2020年度、2021年度ともに2月に募集がありました。

2021年度の募集内容
・応募資格は23~29歳のMORE読者の女性
・MOREインフルエンサーズの活動を自宅のPCまたはスマートフォンでできる方
・顔写真を本誌と公式サイトで公開できる方
・公式サイトでブログを定期的に書ける方
・活動期間は2021年5月28日~2022年5月27日更新分まで

応募方法はホームページの応募フォームからで、応募内容をもとにMORE編集部で選考して決定。

2020年度、2021年度ともに100人以上選ばれていて、2年連続で活動している人もいます。

最新オーディション情報【2022年度】

専属モデルオーディション

2022年度のオーディション情報はまだ公開されていません。

専属モデルやレギュラーモデルのオーディションは近年開催された様子がないのであまり期待はできませんが、2022年は創刊45周年イヤーなので、公式サイトなどをこまめにチェックするようにしましょう。

MOREインフルエンサーズ募集

MOREインフルエンサーズの募集については、前年までの傾向から2022年2月末あたりに募集が公開されるでしょう。

応募資格の中で「情報発信ができること」が条件になっているので、応募する際は自己プロデュースや情報発信力を身に着けておく必要があります。

近年は影響力のある一般の人も増えているので、SNSの活用法など参考にしてみることをおすすめします。

MOREの専属・読者モデルになるために大切なこと

専属モデルを目指すには遠回りも覚悟する必要が

先にも記載したように、MOREが主催するモデルオーディションは近年開催されていません。

オーディション情報を待っていても時間だけが過ぎていってはもったいないですよね。

所属しているモデルを見ても、ほとんどの人が別の雑誌でモデル経験したことのある人ばかりです。

特に集英社の雑誌のモデルから移ってくる人が多いので、別の雑誌からアプローチするのもひとつの方法でしょう。

いずれにして即戦力になるための容姿、雰囲気、影響力が必要です。

まずはプロのモデルとしての経験を積むことが大切でしょう。

MOREの専属モデルを目指すには、多少の遠回りも覚悟する必要があるかもしれません。

MOREインフルエンサーズになるためには情報発信力が大切

インフルエンサーと読者モデルの活動を行うMOREインフルエンサーになるためには、自分の良さを活かして情報発信をすることが大切です。

Premiumインフルエンサーズの影山カレンさんは、インフルエンサーズの活動以外にも多くの仕事や活動をしていますが、Instagramを名刺代わりに世界観や活動内容をわかりやすく発信することで、注目されるようになりました。

それだけSNSの影響力は大きくなっています。

MOREインフルエンサーズには情報発信力や影響力も必要になるので、注目される方法を自分なりに確立しておくことも必要でしょう。

関連記事

モデルになりたいならおすすめ!ファッション誌の専属・読者モデル情報 モデルになりたいと考えたとき、最初にイメージするのはファッション誌のモデルではないでしょうか? ここでは2022年のファッション誌のモデル募集情報を一覧でまとめてみ[…]