高校生からK-POPを目指すためのオーディション情報

【2022年版更新】高校生からK-POPを目指すためのオーディション情報

高校生からK-POPを目指す方法をオーディション情報とともに紹介します。

高校生からK-POPを目指したい場合

  • 学業
  • 家庭環境
  • 芸能活動

のバランスが非常に重要です。

オーディションを受けることも重要ですが、やみくみに受けるのではなく、

  • 育成・活動内容
  • 学業へのサポート

に対して理解しておく必要があります。

何も考えず初めてはいけません。早く芸能活動を始めたいという気持ちをぐっと抑えて、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

\合格者は特待生としてデビューまでバックアップ!/

【公式】ZEST新人発掘オーディション

時間をしっかり有効活用しよう

高校生だからといって時間があるわけではない

韓国事務所のオーディションのボーダーラインは20歳と言われています。とはいえ20代を突入すると一気に可能性が減ります。

私はまだ16歳だからまだまだチャンスがあると油断してはいけません。高校3年生になるまでに一度はオーディションを受けておくことをお勧めします。

高校生でも遅い?

韓国芸能界では所属できたからといってすぐにデビューできるわけではありません。練習生期間があり、少ない人で半年・多い人で6.7年かかった人もいます。

もし18歳に練習生になったとして練習期間が6年かかったとすると24歳、アイドルとしての寿命を考えると厳しいものがありますよね。

そもそも、練習生になるのも非常に難しく1発合格はまず無理と言っても過言ではありません。合格できるまでに数年かかることを考慮すると高校生だからと言ってまだ時間はあると考えるのは危険です。

韓国では中学生の子でもデビューしている状況です。中学生以前から練習生期間を経ていることになりますよね。すでにその子たちから遅れをとっていると考えると、自分がデビューできる確率がどれくらい低くなるか想像がつくはずです。

いま、受けようか悩んでいる人は悩む前にまずはチャレンジしてみてください!

留学はしっかり考えて行動しよう

「韓国アイドルになりたいので渡韓します!」と飛んでいけたらいいのにと思うかもしれませんが、高校生一人の力では簡単にどうにかなることではありません。

留学にはさまざまな問題がつきものです。ですが自分にあった方法をじっくり考えて選択することで問題を回避できることは可能です。

韓国に留学する方法は以下のようなものがあります。

韓国留学のある学校に通う

最近ではダンスレッスンを受けられる韓国留学がカリキュラムに含まれている専門学校もあります。学校が全て手続きを行ってくれるため、安心して留学することが可能です。

現地の提携校の様子もチェックして学校選びを行うと良いでしょう。

エージェントに依頼する

韓国語の手続きを一人で行うのは難しいし、どんなスクールがあるのかもわからないという人はエージェントに依頼すると良いです。ビザの手続きや学校への申請など初めての人がやると不備が発生し、入学できなかったなんてトラブルが起こるため値段が多少高くても依頼する方が安心と言えます。

現地の芸能学校・大学・高校どこに留学するのかによっても将来的にできることが変わってくるので、韓国語が全くわからない人やはじめて渡韓する場合は相談してみるだけでもした方が良いです。

語学学校に通い学生ビザを取得する

習いたい先生がいてレッスンに通いたいけれど、個人のスクールのためビザ取得が不可能という人場合もあると思います。もし90日以上滞在を希望する場合、語学学校に通うというのも一つの手です。

日本人留学生が多いこともあって日本語対応しているところも多いです。また、学校に通うことで学生ビザを取得できるので現地でのバイトも可能になります。

語学学校は場所によって頻度・期間はさまざまなのでレッスンの割合を増やすことも可能でなので、自分に合わせた学校選びをしましょう。

長期休みのスポット留学

90日間であればビザ申請なしに行くことができます。長期休み期間にレッスンを受けに行くというだけなら特に申請しておくべきものはありません。

知り合いのツテがある、語学に自信があるという方はまずはこの方法を取るケースがほとんどです。

予算、目的、全てを考えて最適なプランを立てよう

このように留学する方法はいくつかあります。

長期休みを利用して短期留学をおこなったり、現地の学校に転校するなど方法は様々あります。留学目的に合わせて、自分に合った留学方法を見つけてみてください。

高校生からK-POPを目指す人向けオーディション情報を紹介

大手事務所のオーディションは超難関ですが、中堅事務所であれば若干難易度が下がります。

さらに特待制度がある事務所であれば、費用がかからずにK-POPに必要な情報を学びながら、芸能活動をすることが可能です。

大手事務所よりも所属タレントが少ないため、より細かなマネジメントを期待することも出来ます。

現在どうしても行きたい芸能事務所がない、また技術に自信がなく学びたいという方は以下のオーディション情報も参考にしてみてください。

K-POP PROJECT(ケーポッププロジェクト)

K-POP Project

YGエンターテイメントに所属したmaiがプロデューサーに就任

BIGBANG、2NE1、PSY、iKONなどのMV出演やコンサートでのバックダンサー及びBLACKPINKのトレーナーを担当したmaiが自分自身の構成を持ちステージに立つアーティストの育成を目指します。

【口コミ・評判】K-POP PROJECTを徹底リサーチ!【特待生情報】

関連記事

日本から韓国へ!世界で活躍する覚悟があるなら必見のオーディションが開催 日本ではK-POPはすでに音楽のいちジャンルとして完全に確立され、次は日本からK-POPに進出するという動きになってきています。 このK-POP PROJECTもそ[…]

【公式】K-POP PROJECT(ケーポッププロジェクト)

K-POP PROJECT PRODUCER maiさんの経歴

MV出演やコンサートでのバックダンサー

  • BIGBANG
  • 2NE1
  • PSY
  • iKONなど

トレーナー担当

  • BLACKPINK

CRAZYでの実績

2013年 YG Ent.K-POP ダンスグループ『CRAZY』のオーディションにおいて初めての日本人として合格。
韓国にわたり語学留学とともにYG Ent.『CRAZY』での活動スタート。

2013年~2018年『CRAZY』としての実績。

*YG Ent.
BIGBANG、2NE1、PSY、iKON、WINNER、BLACKPINK、MOBB、LEEHI、JINUSHEAN、AKDONGMUSICIAN、SECHSKIES、EPIKHIGH

*YG Ent.以外
神話、KANGNAM、U SUNG EUN、KIM SO HEE、LABOUM、JOHN-HOON、KIM HYOUNSUNG…

コンセプト

オーディションの詳細はこちら

経験値を増やすと目的があるなら行動あるのみ

いくつか不安材料も書きましたが、あなたの中ですでにある程度、経験値を貯めると言う目的が明確にあるのならどんどん行動してみるのがいいと思います。

必ず家族と相談して、自分の将来をしっかり考えながら芸能活動に取り組んでいきましょう。

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!