【オーディション対策・基礎編】オーディションの面接って何するの?タレント編

【オーディション対策・基礎編】オーディションの面接って何するの?タレント編

タレントオーディションの面接で注意するべきポイントを紹介

タレントオーディションの面接では、限られた時間内で自分をアピールする必要があります。

応募者が多いと、1人あたりの面接時間が5分というオーディションもあるようです。

短い時間だったとしても、審査員にアピールして合格へ近づきたいですよね!

ここでは、タレントオーディションの面接で注意するべきポイントをご紹介します。

これからオーディションに参加する方は、ぜひ参考にして準備してください!

関連情報
タレントオーディション最新情報はこちら

礼儀やマナーに気をつける

見た目や話す内容がどれだけ好印象でも、それだけで合格できるとは限りません。

タレントオーディションの面接で大切なのは、礼儀やマナーに気をつけることです。

タレントは、業界内のさまざまな人たちと関わる仕事ですよね。

そのため、基本的な挨拶や敬語などをないがしろにしてはいけません。

審査員だけでなく、面接会場のスタッフへも気持ちのよい挨拶をすることが大切です。

面接中も、座り方やお辞儀、言葉遣いに気をつけて礼儀正しさをアピールしましょう!

応募書類を見直しておく

面接は、応募書類に記入した内容をさらに詳しく聞かれる場です。

趣味や特技、これまでの経歴を記入したのなら、どのようなことを書いたのか見直しておきましょう。

面接は、応募書類に書ききれなかったことを直接審査員にアピールするチャンスでもあります。

具体的なエピソードを交えて話せるように練習しておきましょう!

尊敬するタレントを考えておく

タレントオーディションの面接では、尊敬するタレントを聞かれることが多いです。

審査員は、この質問を通して、応募者の価値観や目指す方向性を見極めたいと思っています。

尊敬しているポイントや、なぜ尊敬するようになったかなど、具体的に説明できるようにしましょう。

挑戦したいことを決めておく

「芸能界でやりたいことは何ですか?」という質問も、タレントオーディションの面接でよく聞かれることです。

一口にタレントといっても、活動の場はテレビや雑誌、イベントなど多岐に渡ります。

自分の強みを生かして、何に挑戦したいのかを明らかにしておきましょう。

「何でも頑張ります!」というのは、やる気があるように見えますが、できるだけ避けたい答え方です。

具体的な目標や目指したい方向性を考えていない、と捉えられる可能性があります。

率直に自分がチャレンジしたいと思うことを、審査員にぶつければ大丈夫ですよ!

タレントオーディションの服装や当日の持ち物で注意するポイント

事前に服装や持ち物を準備しておけば、当日は心に余裕を持って参加できます。

準備するとはいえ、タレントオーディションにはどのような服装が好ましいのでしょうか?

当日の持ち物についても、忘れ物がないようにしておきたいですね。

ここでは、服装や持ち物について注意するポイントをご紹介します!

体型がわかりやすい服装

タレントオーディションには、体型がわかりやすいシンプルな服装で参加しましょう。

清潔感がある、シンプルなTシャツとジーンズで参加するのがおすすめです。

デザイン性の高い服装もよいですが、審査員は、応募者の「素」を見たいと思っているからです。

また、モデルのオーディションではないので、スタイルのよさが合否に直結するわけではありません。

自分のスタイルに自信がなくても、ありのままの自分を見せることを忘れずにいてくださいね!

オーディション内容に合わせた服装

オーディションでどのようなタレントを求めているかをチェックすることも、服装を選ぶポイントです。

個性の強いタレントが求められるオーディションなら、奇抜な服装が効果的かもしれません。

反対に、芸能界未経験の新人が求められるオーディションなら、シンプルな服装がよいですね。

メイクやヘアスタイルも、服装の雰囲気に合うものをチョイスしましょう!

どのような服装がよいか迷ったら、身近な人からアドバイスをもらうのもおすすめです。

喉スプレー

タレントオーディションでは、面接以外に歌や演技など、声を発する審査があります。

会場が乾燥していると、喉が乾燥してしまうかもしれません。

そんなときに、持っておくと便利なのが喉スプレーです!

ハッカやミント系の香りのものだと、喉を潤すだけでなく気分もリフレッシュさせられますよ!

会場までの地図

タレントオーディションに限らず、面接への遅刻は厳禁です。

特別な事情がない限り、自己管理が甘いと思われてしまいます。

面接会場に確実にたどり着けるように、会場までの地図を準備しておきましょう。

紙媒体でも、スマートフォンに写真を入れておいてもよいですね。

遅刻しそうになると気持ちが焦り、肝心のオーディションに集中できなくなってしまいます。

万全の状態でオーディションに参加できるよう、会場の場所は正確に把握しておきましょう!

タレントオーディションの自己PRはここを意識しよう。

ほとんどのタレントオーディションでは、自己PRの時間が設けられます。

「自分をアピールしてください」と言われても、具体的にどうすればよいのでしょうか?

アピールポイントは人それぞれなので、自己PRにこれといった正解はありません。

大切なのは、自分の魅力が審査員に伝わる内容にすることです。

ここでは、タレントオーディションの自己PRで意識するポイントをご紹介します。

ぜひ参考にして、自信を持ってオーディションに臨めるよう準備してください!

アピールポイントを絞る

審査員に、複数のアピールポイントを伝えようとしていませんか?

アピールしたいポイントがたくさん見つかるのはよいことです。

ただし、オーディションでは、短い時間で簡潔に伝えることが求められます。

アピールポイントは、1分以内で話せる内容に絞りましょう。

複数のポイントを盛り込むと、一つひとつの内容が薄れてしまい、審査員の印象に残りにくくなります。

「あなたといえば〇〇」というように、わかりやすい自己PRをしてくださいね!

資格をアピールする

自己PRで趣味や特技をアピールする方は多いでしょう。

もし、趣味や特技に関する資格を持っていたら、積極的にアピールしてください!

資格そのものをアピールすることで、審査員は客観的にスキルを評価することができます。

また、資格を取得するまでの過程も伝えれば、あなたの人となりがより伝わるでしょう。

絶対に嘘をつかない

オーディションでは、合格したいがために自分のことをよりよく見せたくなります。

他の応募者と差をつけようと必死になり、話を盛ってしまうかもしれません。

しかし、どのような場合でも、自己PRで嘘はつかないようにしてください!

嘘がばれると、合格したとしても信用をなくし、仕事につながらないかもしれません。

ありのままの自分を素直にアピールするだけで、審査員には合格したい気持ちが伝わりますよ!

タレントオーディションの実技審査で重要なポイント

タレントオーディションでは、面接や自己PRに加えて実技審査も行われることが多いです。

実技審査の内容は、事前に知らされる場合と、当日に伝えられる場合があります。

事前に知らされる場合は、当日に力を発揮できるよう入念な準備が必要です。

当日に伝えられる場合は、臨機応変に対応しましょう!

いずれにせよ、実技審査で重要なポイントを押さえておくことが大切です。

ぜひ参考にしてオーディションに臨んでください!

熱意をアピールする

実技審査では、歌やダンス、演技などが行われます。

応募者の中には、どのジャンルも未経験な方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、審査員は、応募者の「熱意」を見ていることを忘れないでください!

目の前の実技審査に対して、真摯に取り組む姿勢を見せることが大切です。

「スキルがない」と諦めるのではなく、笑顔で乗り越えましょう!

冷静に取り組む

実技審査の内容を当日に伝えられると、パニックになるかもしれません。

最近では、アカペラや即興劇など、臨機応変な対応が求められる実技審査もあります。

ただでさえ緊張するオーディションで、冷静に対応できるかは重要なポイントです。

タレントには、ロケ撮影など、臨機応変な対応が求められる場面がありますよね。

そのような場面に対応できそうかを、審査員はチェックしているのです。

どのような実技審査であっても、冷静に実力を発揮してください!

カメラ慣れしておく

タレントになると、さまざまな場面でカメラを向けられることとなります。

そのため、実技審査では、応募者のカメラ映りをチェックすることもあるようです。

スチール撮影や、カメラに向かっての自己PRなどに対応できるよう、カメラ慣れしておきましょう。

カメラの前で自然な笑顔ができるよう、鏡の前で練習しておくとよいですね。

自分がよりよく映るような表情を研究するのもおすすめですよ!