女優志望なら知っておきたい!オーディションで必要な自己PRの作り方

あなたの魅力を伝えよう!

女優になるためのオーディションで避けては通れないのが「自己PR」です。

今回は、夢を叶えるための第一歩である、オーディションでの自己PRについて詳しく紹介します。

  • 自己PRって何を書けばいいの?
  • この自己PRで大丈夫なの?

今、このような悩みが不安があってもも大丈夫です!

自信を持ってオーディションに臨めるように、自己PRのポイントを一緒に見ていきましょう。

関連記事
【最新版】女優・俳優のオーディション情報をご紹介

あこがれの芸能界デビューするために、まずAVILLA STAGE!

オーディション情報はこちら。

オーディションでは自己PRが必要

自己PRとは?

そもそも「自己PR」って何なのでしょうか?

自己PRは一言でいうと「自分の個性を売り込むこと」です。

オーディションの場においては、自分の長所や強みをアピールし、審査員に選んでもらうことが重要です。

強みをアピール、と聞くと

「何かすごいことを書かないといけないのか」

と思ってしまいますよね。

しかし、そんなに気負うことはありません。

自己PRは「あなたの人間性を知ってもらうチャンス」です。

この先もリラックスして読んでくださいね!

また、オーディションでの自己PRは大きく分けて2種類あるので、ここで抑えておきましょう。

一つは、書類審査で履歴書に書くものです。

もう一つは、面接や実技審査の場で話すものです。

今回は最初の関門である履歴書に書くための自己PRについて見ていきましょう。

自己紹介とは違うの?

自己紹介の方がなんとなく身近な気がしますよね。

ただ、自己PRとの違いと言われたらはっきりと答えられる人は少ないです。

結論から言えばこの二つは別物です。

自己紹介は「自分の基本的な情報」を簡単に伝えるものです。

例えば、

「青森県在住、○○と申します。趣味は映画観賞です。」

これくらいが自己紹介のイメージです。

自己PRを聞かれているのに、自己紹介を書いてしまった…

なんてことのないように、ここで違いを頭に入れておきましょう。

審査員は何を見るの?

自己PRは履歴書中で、次の審査に進めるかを左右する重要な項目です。

では、審査員は自己PRのどこに注目するのでしょうか?

一番の注目ポイントは女優として活躍できる資質を持っているかです。

  • スキル
  • 経験
  • 性格
  • 考え方…etc

このようなことを自己PRの内容から判断し、活躍の可能性を測ります。

演技の経験や実績が無くても大丈夫です。

これから身に付けられるだけの能力・心構えがあるかが伝わればいいのです。

また、事務所によって求める人材には細かい違いがあります。

オーディション内容や事務所の特徴を分析し、それに合うようなアピールポイントを決めていきましょう。

アピールポイントの決め方

自己分析をしよう

自己PRについてわかったところで、早速アピールポイントを決めていきましょう。

「これをアピールしたい!」

というものが決まっている方は、次の「自己PR作りの3ステップ」に進んでOKです。

「アピールポイントっていわれても何にしよう…」

とぱっと思い浮かばない方は、せっかくの機会なのでじっくり考えてみましょう。

自己分析は自分がどんな強みを持っているのか、自分自身を分析することです。

趣味や特技を切り口に考えたり、努力して乗り越えた経験を思い返したりしてみると見つけやすいです。

また、「自己分析 ツール」と調べてみると、
質問に答えていくだけで自己分析ができるというサービスが色々と見つかります。

就職活動向けのものが多いですが、思いがけない発見があるかもしれません。

他己分析をしてもらおう

他己分析とは、自分についての第三者からの評価を知ることです。

自分のことを知るためには、家族や友人など身近な人から客観的な意見をもらうのも大切です。

自分では気づいていない強みを見つけてもらえる可能性があります。

親しい人に改めて、「私の強みって何だと思う?」と聞くのはちょっと恥ずかしいかもしれません。

しかし、オーディションに合格するためです。

きっと快く協力してくれるでしょう!

色々な自己PRを見てみよう

自己分析、他己分析ををしたら、あなたの強みや個性がいっぱい出てくること思います。

最終的にアピールポイントは「一番伝えたいもの」に絞らなければなりません

  • 実際にどれにしようか迷った時
  • どういう言葉で伝えたらいいんだろう?

そんな時は色々な人の自己PRを参考にしてみましょう。

そうすることで、伝え方のバリエーションや様々なアピールポイントを知ることができます。

良いと思った言い回しはどんどん真似して、簡潔に伝えられるようにアレンジしていきましょう。

自己PR作りの3ステップ

アピールポイントを簡潔に書く

次はいよいよ自己PRとしての形にしていきましょう!

まずは、一番伝えたいアピールポイントを簡潔に書きます。

「結局アピールポイントは何なの?」となるのは避けたいところ。

そうならないために一言でバシッと伝えるのが重要です。

具体的にはこの後のステップで書けば良いのです。

サクッと書いて次に進みましょう。

エピソードを具体的に書く

アピールポイントだけでは、あなたの個性はまだまだ伝わりません。

このステップでは「あなたならではのエピソード」を使って内容を濃くしていきましょう。

  • どんな経験を通して身に付いたものなのか
  • それをもとに達成できたこと

これらを盛り込むと伝わりやすくなります。

エピソードを書く上で特に注意すべきなのは「専門用語」を書きすぎないことです。

特定の人にしか分からないような言葉を、審査員も知っているとは限りません。

「誰が読んでも伝わる内容か」を意識して書き進めましょう。

女優としてどう活かせるかを書く

ここまで来たら、かなり自己PRとしての形になってきましたね。

あと少し、頑張りましょう!

最後のステップです。

「女優のお仕事に生かせる」ということを盛り込み、自己PRを締めくくりましょう。

これを書くことにより、審査員が女優として活躍するあなたをイメージしやすくなります。

実際にイメージさせることができたら、合格の可能性をぐっと高まります。

お仕事への生かし方は、二つの面から考えてみるのがおすすめです。

一つは、台本を読んだり、役作りに関連させることです。

もう一つは、周りの人との協調に関することです。

女優の仕事は、他の演者や現場スタッフなど多くの人と関わる仕事でもあります。

一緒に仕事がしたいと思ってもらえるような書き方ができると完璧です!

あなたの個性が最大の武器!

いかがでしたか?

今回は、自己PRとは何か?

という基本的な所からアピールポイントの決め方、自己PRの作り方まで幅広くご紹介しました。

実際に自己PR作りを始めてみると、
思うようにサクサク進まないな…」なんてこともあると思います。

そんな時はこの記事に戻って、ポイントを振り返ってみてください。

あなたの個性がしっかり伝わる自己PRができますように、応援しています!

最新情報をチェックしよう!