役者オーディションに合格するには?事前に面接の内容を押さえておこう!

面接ってどうんなこと聞かれるの?

しっかりと準備をした上で不安な面接を乗り切る

役者を目指しているほとんどの方がオーディションを受けますよね。
オーディションの内容は演技力を図る実技だけではなく、面接を設けていることが多いです。

せっかくオーディションを受けるのですから、
面接も上手く切り抜けて、役者になるチャンスを掴みたいですよね。

面接で聞かれることや予想外の質問への対処法をご紹介していくので、
オーディション合格のために一緒にチェックしていきましょう。

「オーディションの面接って何を聞かれるんだろう?」

と不安な方もこれを押さえておけば合格へ近づけます!

関連記事

俳優になりたい! 俳優になるためには、オーデションを受けなければなりませんよね。 オーデションを初めて受ける人にとっては オーデションてどんなことをするの? オーデションにどうしたら受かるの? と思う人も多いかと思います。 そこ[…]

あこがれの芸能界デビューするために、まずAVILLA STAGE!

オーディション情報はこちら。

役者オーディションの面接で聞かれること

自己PR

必ずといっていい程、自己PRは聞かれます。

自己PRと聞くと少し難しく考えてしまうかもしれませんが、
自分らしい特技を最大限に披露できるチャンスです。

特技が無いという方もいるかもしれませんが、
特技というのは何か特別なことではなくていいのです。

・続けて頑張っていること
・毎日欠かさず行っていること
・昔からハマっているもの

など、実は上げだしたらキリがありません。

自己PRで一番重要なのは、どんな特技だろうとも
「いかに魅力的に伝えられるか」
ということです。

志望動機

志望動機を聞かれたときは、明確に答えられるようにしておきましょう。

・何故役者を目指そうと思ったのか
きっかけは必ずあるはずです。
明確に言葉にできるようしてみてください。

そして次に、そのきっかけと紐づけた上で
何故このオーディションを受けようと思ったのか
というのを具体的に説明できるように準備しておきましょう。

曖昧な答えだと、やる気がないのかな?と思われる恐れがあります。

将来の方向性

将来どんな役者になりたいのか、を具体的にしておきましょう。

ただ
「カッコいい役者になりたい」という抽象的な表現では、
将来性に不安があります。

審査員からは、
「本気で頑張れるのかな?」
と疑われてしまいます。

なので、
・役者としてどういう所がカッコいいと思うのか
・どうしてカッコいい役者になりたいのか
・そのために何を頑張っているのか

と詳しく審査員に伝えてください。

そうすると審査員から役者としての方向性もきちんと考えて
今後も頑張っていける人だと評価されます。

事前にシミュレーションをしておく

「面接で聞かれることが分かったらもう大丈夫!」
と早まってしまうのは危険です。

何事も自分が思っているよりも上手くいかないのが当たり前です。

オーディション会場でいざ面接となった時に焦ってしまい、
言おうとしていたことが飛んでしまうかもしれません。

なので、何度も何度も面接までに声に出して練習しておきましょう。
そうすれば体に染みついて、焦っていても上手く面接に答えられるようになります。

予想外の質問への対処法

答えを考えておく

面接では必ず聞かれることもありますが、
オーディションによっては思いもよらないことを聞かれることもあります。
そんな時にも対応できるようにするのが、完璧なオーディション面接対策です!

まず1つ目の対処法はすでに答えを用意しておくことです。

どうやって用意するかというと、
・事務所ごとの面接の傾向
・面接を経験した人の口コミ
など、事務所ごとに質問されそうなことをリサーチし、
その答えを頭に入れておきます。

大変な作業にはなりますが、答えられる質問の範囲を広げておけば
予想外の質問があっても対処できる場合が多いです。

アドリブ力を鍛えておく

答えを考えておいてもカバーできないところも出てきます。
なので、いつでも対応できるようにアドリブをすぐに言えるような練習をしておきましょう。

アドリブが苦手、という人も多いかもしれませんが、
この練習は面接だけでなく、演技力の練習にもなるので時間をかけて取り組んでください。

アドリブが上手い人は審査員から演技力も高いと評価されます。
そうすれば、合格へのまた一歩近づけますよね。

舞台女優、映像女優、どちらを目指すとしても
「しっかりと下積みを積みたい」
「いきなり現場に飛び込みのは不安」
という方は養成所への入所をおすすめします。

養成所では、女優に必要なスキルをベテラン講師が基礎から丁寧に指導してくれます。

養成所の卒業までやデビューまでの期間を考えると少し時間はかかってしまいますが、
長い目で見るとしっかりと基礎を学んでおいても損はないです。

一言伝えて考える

もしも、用意した答えやアドリブで対処できなかった場合でも焦らないでください。

そんな時は
「少し考えたいので10秒頂いても宜しいでしょうか?」
と一言伝えて考えましょう。

黙ったまま考え込み始めると審査員からの印象は最悪です。
考える前に一言伝えるだけで、
「社会的な常識がある」
と好印象を与えることができます。

審査員が求めていることを理解する

何故審査員は予想外の質問をしてくるのかが分かれば、
ご紹介した対処法がなくても、どんな質問でも上手く答えれれるはずです。

質問の内容によってそれぞれ違ってきますが、
審査員の質問の意図を焦らずに分析してみてください。

オーディション会場では緊張しているから答えられないだけで
面接の質問は冷静に考えれば必ず答えられるはずです。

役者以外のオーディション面接との違い

役者じゃなくても面接内容はあまり変わらない

実は役者以外のオーディションでも面接内容はあまり変わらないです。

何故変わらないかというと
面接では特別なスキルを見ている訳では無いからです。

役者だと、演技力。
アイドルならダンスやビジュアル、
歌手なら歌唱力など特別なスキルがあります。

しかし、それを素人がオーディションで披露したとしても
プロや審査員からしたら誰でも下手だからです。

では、面接で何を見ているのかというと
・やる気
・素質
です。

これを十分にアピールできれば審査員の目に留まるようになります。

やる気の伝え方

やる気を伝えるときにやりがちなのが
「なんでも頑張ります!」
「一生懸命頑張れます!」
と抽象的に伝えてしまうことです。

なんでも一生懸命に頑張ることは大切ですが
・何を頑張るのか
・今後どう頑張れるのか
・どのくらいの本気で役者を目指しているのか

この3つをはっきりと強く伝えれれれば、審査員にやる気のある人だと印象に残りやすいです。

素質の伝え方

自分には素質はない、と落ち込むのはまだ早いです!
素質というのは、元から演技力が高いというものではありません。

オーディションでいう素質というのは
「努力を続けれる人かどうか」
です。

オーディションに合格後、辛いことや厳しいことも沢山あります。
それを乗り越えられなかったら絶対に役者にはなれません。

だから審査員は努力を続けれるという素質がある人を合格させたいのです。

面接では、自分が努力してきた経験を交えながら自信を持って伝えれば、
素質がある人だと認められるでしょう。

特別なスキルの前に基礎を作る

演技力を高めることももちろん重要ですが、
まず最も力を入れるポイントは基礎です。

基礎を作るために、今まで沢山の練習を積んでいれば
自ずと自信が湧いてきますよね。

その”基礎を作ってきた自分”というのを、きちんと面接で言えば
必ず審査員には伝わります。

面接で重要なのは役者を目指す気持ち

いかがでしたか?

ご紹介したポイントは全て面接の時に押さえておくべきことです。
しかし、何よりも重要なのは役者を目指す気持ちです。

こうしたオーディションの面接の対処を知る事や、それに向けた練習、
またオーディションに合格した後も大変なことが多いです。

それらを乗り越えられるのは
「役者になりたい!」という気持ちがあるからです。

なので今後くじけないためにも、役者を目指す気持ちを一番に大切にして頑張っていきましょう!

 

今こそ芸能界で輝くチャンス!
2020年新人オーディション開催!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

オーディションに関する質問、相談はこちらから。

オーディションに関する質問や相談、その他何でもBOXFRESHから受け付け中!

CTR IMG
開催中オーディション一覧はこちら