【じっくり考察】実力が身につく声優養成所一覧、オススメを紹介!

実力が身につく声優養成所とはどんな場所?

現在、声優の仕事は声だけにとどまらず、役者や音楽活動など活躍の幅がどんどん広がるようなっています。

それだけ多くのメディアに出るだけの実力を持った声優が登場することは嬉しいことですよね。

しかしそもそも声優は芸能界でもトップクラスの実力主義。

トップ層の出現により、声優に求められるアベレージがさらに高くなってきているというのも現状です。

オーディションで他の実力者と差をつけ、勝ち抜くには高い基礎レベルと応用力が必要になるため、養成所やスクールに通うのがさらに一般的となりました。

あなたにピッタリの養成所はどんなところかイメージ出来ますか?

この記事では声優という仕事はどんな仕事なのかを振り返りながら、売れている声優の様になるにはどういう過程をたどるのかをおさらいしましょう!

その後、一度は聞いたことがあるような声優養成所を一つ一つ解説し、最後にバックステージのオススメの声優養成所を紹介します。

あなたの声優養成所選びにぜひ役立てて下さい。

声優とは

声優とは、声で演じる職業のことです。

主な活躍の場として、アニメや外国映画の吹き替えが挙げられます。

最近は、テレビやスマートフォンゲームなどのコンテンツ制作にも関わる機会が増えているようです。

声優は、さまざまな場面でエンターテイメント業界を盛り上げている重要な職業と言えます。

仕事の種類

役を演じることだけが、声優の仕事ではありません。実は、声優には、幅広く活躍の機会があります。

テレビや雑誌などのメディアに出演したり、イベントに登壇したりもするようです。

ここでは、声優としてどのような仕事ができるのか、詳しく見ていきましょう。

アニメ声優

アニメ声優は、アニメのキャラクターになりきり、映像に声を吹き込みます。

映像に合わせて、キャラクターの喜怒哀楽を表現することが大切です。

キャラクターの性格や心情を想像し、シーンに合わせて演じる力が求められます。

また、アニメ声優の仕事は、基本的にキャラクターの声を変えることがないので、長く活躍できる可能性が高いです。

ナレーター

ナレーターは、役を演じる仕事ではないですが、声を生かせる仕事です。

テレビのドキュメンタリー番組や、CMなどのナレーションを任されることがあります。

メディア出演以外にも、学習教材や館内放送など、意外なところに活躍の場がありそうです。

外国映画やアニメの吹き替え

外国の映画やアニメが日本で公開される場合、日本語に吹き替えする必要があります。

外国で制作された作品に出演するキャラクターの特徴を、しっかりと捉えなければなりません。

見る人が違和感を感じないよう、口の動きや仕草に合わせて声を吹き込む、高度なスキルが求められます。

ラジオドラマ

ラジオドラマとは、映像を用いないドラマで、音と声だけで構成されるものです。

見る人に映像で訴えられないので、キャラクターの感情を、声だけで伝えなければなりません。

映像ありきの作品に取り組むのとは違うスキルが身につくので、声優としてのスキルアップにおすすめの仕事です。

歌手

ゲームやアニメのキャラクターを演じる声優には、歌手として活躍するチャンスが訪れます。

ゲームやアニメの主題歌や、挿入歌を歌えるかもしれません。CDがリリースされれば、発売記念イベントやライブにも挑戦できるでしょう。

メディア出演

声優の仕事は、声を使うことがメインなので、顔出しをする機会はほとんどないように思われます。

しかし、テレビや雑誌に出演し、知名度を上げている声優も多いです。

メディアに出演してファンを獲得すれば、新たな仕事につながるチャンスを得られます。

必要なスキル

声優にはどのようなスキルが求められるのでしょうか?

特別な資格は必要ないですが、声優として活躍するのに身に付けておきたいスキルがあります。

演技力

声で演じる仕事なので、演技力が欠かせません。

演じる役に合うよう、台本や映像を見ながら演技を研究する必要があります。

また、監督の指示通りに演じる柔軟さも持っておきたいですね。

さまざまな作品から学び、自分の演技に取り入れようとする向上心も、声優として活躍し続けるのに重要なポイントでしょう。

コミュニケーション力

アニメや映画などのコンテンツは、多くのスタッフによる共同作業で創られるものです。

声優には、コンテンツづくりの一端を担う者として、スタッフとコミュニケーションを取り、作品をよりよくする努力が求められます。

ある作品で出会ったスタッフとよい関係を築ければ、他の作品のオファーが来るかもしれません。

役を演じる意外に、現場にいる人たちとのコミュニケーションにも力を入れましょう!

声優なるには?5つのパターンがあり。

声優になる夢を掲げていても、具体的にどうすればなれるのか、疑問を持つ方は多そうですね。

なぜなら、特定の学校を卒業していたり、資格を持ったりしていなくても、声優になれるからです。

現在活躍している声優たちが、声優になったルートもさまざまなので、自分にとってどのルートが最適なのかも悩みどころでしょう。

声優になりたい方は多くても、プロの声優として活躍できているのは一握りの方達です。

厳しい芸能の世界で活躍できる声優になるには、どうしたらよいのでしょうか。

声優になるためには主に5つのルートが存在します。

声優専門学校に通う

声優専門学校は、声優を目指すのに必要なスキルを基礎から学べる学校です。

専門学校は、学校教育法で「学校」として認められているため、卒業すれば学歴となります。

そのため、大学へ進学する代わりに専門学校への進学を選ぶ方もいるようです。

声優専門学校の多くは、全日制のカリキュラムを組んでいます。

週に5日間、2年間かけて、声優になるための基礎から応用までを学んで行きます。

スキル面だけでなく、芸能界で活躍するための心構えや、礼儀礼節についてもしっかりと指導してもらえるでしょう。

芸術系大学に通う

芸術系大学を卒業するのも、学歴を残したい方におすすめです。

芸術系大学の演劇学部に通えば、演技力はもちろん、台本作りや演出など、幅広く作品作りを学べます。

声優に特化した授業は少ないですが、演技力をしっかりと身に付けたい方におすすめです。

また、声優に特化していないからこそ、俳優や女優などを目指せる可能性もあります。

映画やドラマの俳優、舞台俳優などとしても活躍したい方は、芸術系大学でさまざまな「演じる仕事」に触れてみましょう。

声優養成所に通う

声優養成所は、声優を育成するための機関で、芸能プロダクションが運営していることが多いです。

芸能プロダクション直結の養成所であれば、在学中からデビューのチャンスを掴むこともできます。

指導にあたる講師陣も、プロの声優として活躍している方が多い傾向です。

また、多くの声優養成所のレッスンは、週に2〜3回のペースで行われます。

仕事と両立したい方は、声優専門学校や芸術系大学のような全日制のカリキュラムだと、通学しにくいかもしれません。

声優養成所なら、夕方以降や休日のスケジュール次第で、レッスンに通える可能性が高いでしょう。

④声優事務所に所属する

学校や養成所を卒業した後、声優として活動するには、声優事務所に所属する必要があります。

そのため、ある程度スキルがある方であれば、いきなり声優事務所のオーディションを受けるのも一つの選択肢です。

ただし、いきなり声優事務所に所属できるのは、即戦力と認められた方だけでしょう。

初心者の方であれば、まずは声優事務所が運営する養成所で、スキルを身に付けるのが得策です。

一般公募に応募する

映画やアニメの制作にあたって、声優の一般公募が行われる場合があります。

応募資格を満たし、オーディションを受けた結果、合格すれば声優として出演が可能です。有名な映画やアニメであるほど、自らの知名度を高めるチャンスにもなります。

しかし、声優事務所のオーディション同様、初心者が合格する可能性は極めて低いです。

一般公募のオーディションには、すでに声優として活動している方、専門学校や養成所で学んでいる方も参加します。

そのような方達と同じオーディションに臨むには、自らも実力を付ける必要があるでしょう。

BACKSTAGE!!

初心者の方であれば、声優専門学校や声優養成所で、基礎から応用までを体系的に学ぶのがおすすめです。

現在活躍しているプロの声優も、専門学校や養成所を卒業している方が多くいます。

また、声優を目指している仲間と切磋琢磨できる環境があるのも、専門学校や養成所の魅力です。

「声優になりたい」という夢を実現するために、5つのルートを比較し、自分にとって最適なルートを見つけましょう。

オーディションの流れ

声優の仕事にオーディションは付きものです。オーディションは、主に2つのパターンに分けられます。

声優専門学校や声優養成所に入るためのオーディションと、作品の役に選ばれるためのオーディションです。

現在活躍している声優たちも、数々のオーディションを乗り越えてきました。

声優と切っても切り離せない関係にあるオーディションは、どのような流れで行われるのでしょうか?

オーディションごとに多少の違いはありますが、声優のオーディションは、4つのステップで行われることが多いです。

ここでは、声優オーディションの流れを紹介します。どのような審査があるのかを知り、万全の準備をするのに役立ててください。

1. 書類審査

まずは、履歴書などによる書類審査が行われます。履歴書には、名前や連絡先などのプロフィール、年齢や顔写真などの基本情報に加えて、志望理由や自己PRを記載することが多いです。

中には、作文やエッセイが求められることもあります。

添付が必要な写真の数や種類、書類の形式が指定されている場合は、不備がないようにしっかりと応募要項を確認しましょう。

審査員は、この段階で多数の書類に目を通します。自分を印象に残そうと工夫することが大切です。

2. ボイスサンプル(テープ)審査

ほとんどのオーディションでは、書類と合わせてボイスサンプルの提出が求められます。

ボイスサンプルとは、実際に自分の声を録音したもののことです。ボイスサンプルの提出を求められた場合は、比較的自由に声を録音できます。

ただし、審査にあたって、原稿が指定されれば、それに従って録音しなければなりません。

ボイスサンプルは、実技審査に進めるか否かに関わる、とても重要なものです。

録音は、雑音が入るのを極力防ぐため、レコーディングスタジオで行うのをおすすめします。

一度録音したら終わりではなく、自分の声がより魅力的に伝わるよう試行錯誤して、納得のいくボイスサンプルを作りましょう。

3. 実技審査

実技審査では、審査員の前で演技をします。

審査内容は、当日発表される場合もあれば、事前に台本が配布され、セリフを覚えた状態で披露する場合もあるようです。

いずれにしても、審査員の前で堂々と演じ切る力が試されます。

審査員からは、演じる以外に歌やフリートークを求められることがあるようです。

演技に関しても「もう少し〇〇な雰囲気でお願いします」など、その場で指示されることもあります。

審査員からの指示に対して、臨機応変に対応する力も必要です。

4. 面接

面接では、審査員からさまざまな質問が投げかけられます。

履歴書に記載した志望理由や自己PRを深掘りされることが多いので、自分の気持ちをまっすぐ審査員に伝えることが大切です。

審査員は、書類だけでは伝わりきらない応募者の熱意を、面接でしっかりとチェックしています。

また、面接では、応募者のコミュニケーション力もチェックしていることを忘れてはいけません。

声優の仕事は、制作スタッフや共演者など、さまざまな人とコミュニケーションを取りながら進めます。

挨拶ができるか、質問に対する回答になっているかといった観点からも審査されていると、覚えておいてくださいね!

BACKSTAGE!!

声優を目指すなら、必ずオーディションを経験します。

初めてのオーディションは緊張するので、なかなか応募できないかもしれません。

しかし、一度オーディションを経験することで、自分の強みや課題が明らかになります。

実技審査や面接は、場数を踏むことでより自分らしさをアピールできるようになるはずです。ここで紹介した流れを、まずは自分自身で体験してください。

オーディションへの参加は、声優として活躍するための登竜門です。勇気を出して、夢を掴みにいきましょう!

オーディションで注意するべきポイント

オーディションへの参加は、声優になるための登竜門です。

現在活躍しているプロの声優たちも、数々のオーディションに臨んできました。

初めてのオーディションはとくに緊張しますが、誰もが通る道です。

できる限りの準備をして本番を迎えましょう!

ここでは、声優オーディションで注意するべきポイントを5つ紹介します。

実は、オーディション当日だけでなく、準備期間にも注意するべきポイントがありますよ。

この機会にチェックして、万全の状態でオーディションに臨めるよう役立ててくださいね!

1.のどの調子を整える

オーディション当日には、審査員の前で台本を読んだり歌を歌ったりします。

練習で声を枯らしたり、のどを傷めたりしては実力が発揮できません。

当日に向けて、のどの調子を整えておきましょう。

また、本番で思うように声を出すための、ウォーミングアップも大切です。

どのようなウォーミングアップをするか、当日までにルーティンを決めておきましょう。

2.身だしなみを整える

声優の仕事は、基本的には声のみの出演になるため「見た目は関係ない」と考えている方がいるかもしれません。

しかし、オーディションは審査員と対面で行います。

第一印象を良くするためにも、身だしなみはきちんと整えて会場へ向かいましょう。

服装は派手にする必要はなく、清潔感があれば問題ありません。

髪型やメイクも、清潔に見えるかを第一に考えることが大切です。身だしなみを整えることは、一緒に仕事をする方へのマナーでもあることを、覚えておいてくださいね!

3.気持ちのよい挨拶

オーディションは、会場で審査員と顔を合わせたときから始まっています。

会場に入ったら、気持ちのよい挨拶をしましょう。

このとき、審査員と目を合わせて笑顔でいれば、より効果的です。

声優の仕事は、監督や音響スタッフなど、さまざまな関係者と作品作りを進めます。

どれだけ台本を読むのが上手でも、気持ちのよい挨拶ができなければ「一緒に仕事がしたい」と思ってもらえないでしょう。

仕事のチャンスを掴むためにも、挨拶をしっかりとしましょうね!

4.臨機応変に対応する

オーディションでは、審査員から「もっと〇〇な雰囲気にしてください」「より感情を込めてください」など、指示が飛ぶことがあります。

場合によっては、ダメ出しをされることもあるようです。

審査員は、指示をしたりダメ出しをしたりすることで、参加者の対応力を見極めます。

怖気付くことなく、臨機応変に対応することが大切です。

実際の現場でも臨機応変に対応しなければならないことは多々あります。

試されていることを楽しむくらいの気持ちで乗り切りましょう!

5.全力を出す

オーディションでは「声優になりたい」という気持ちをぶつけ、とにかく全力を出すことが大切です。

審査員は、未経験の応募者には、スキルがないことをよくわかっています。

スキルではなく、熱い気持ちや全力が出せる人物かを見抜こうとしているのです。

初めてのオーディションは、とてつもなく緊張するかもしれません。ただし、全力を出すことを念頭におけば、おのずと結果がついてくることを忘れないでください!

BACKSTAGE!!

オーディションに応募して、当日を迎えるまでにできることがたくさんあります。

当日に注意すべきことも、イメージトレーニングを繰り返して、できる限りの準備をしておくことが大切です。

オーディション当日に緊張するのは、珍しいことではありません。

緊張する中でも注意するべきポイントをしっかりと押さえて、全力を出し切ればよいのです。

声優として活躍するため、勇気を出して挑んでください!

声優を目指すためにやるべきこと

「プロの声優として活躍したい!」という気持ちがあっても、何から始めればよいか、わからない方は多そうですね。

未経験から声優を目指すには、必要なスキルを一から身に付けなければなりません。

すぐに始められる対策には、どのようなことがあるのでしょうか?

ここでは、声優を目指すためにやるべきことを紹介します。

どれも、日常生活において、自分一人で始められることです。

本気で声優を目指す方向けに、早速始めたいことをピックアップしたので、ぜひ取り入れてくださいね!

1.コミュニケーション力を磨く

声優は、さまざまな関係者とコミュニケーションを取りながら、アニメや映画などの作品作りを進める仕事です。

自分一人で、台本を読んで完結する仕事ではありません。

監督や音響スタッフなどから指示を仰いだり、声優としての意見を伝えたりする場面があります。

関係者とコミュニケーションを取ってよい関係を築くことが、次の仕事に繋がることもあるようです。

同世代だけでなく、目上の方と関わる機会も多いでしょう。

基本的な挨拶はもちろん、敬語も問題なく使えるようにしてください。

普段目上の方と話す機会が少ない方は、一度マナーに関する本を読んで勉強しましょう。

2.のどを労る

声優は、声で演じる仕事なので、のどの調子をいつでも万全にしておく必要があります。

練習でも本番でものどを使うので、しっかりとケアすることが大切です。

一生懸命練習すればするほど、のどを傷めてしまうかもしれません。練習も大事ですが、のどを労る努力も欠かせません。

一生懸命練習をするのは、どの声優でも同じです。ケアを怠ってのどを傷め、仕事に支障が出ると「プロ意識が足りない」と、自分の評価を下げる可能性があります。

室内では加湿器を用意したり、喉スプレーを常備するなど、自分なりのケア方法を持っておくと安心です。

のどが商売道具であることを、肝に銘じて過ごしてくださいね!

3.本を読む

声優は、映画やアニメのキャラクターに命を吹き込む仕事です。

演技力はもちろん、シーンキャラクターの心情に対する想像力も求められます。そのため、本を読んで、シーンやキャラクターの心情を想像する力を磨きましょう。

映画やアニメを見ながらセリフの言い方を学ぶのもよいですが、活字だけの本を読むことで、視覚情報がない分、一層想像力が鍛えられます。

たとえば、小説を読みながらセリフを口に出してみるとよいでしょう。普段読書をしない方も、声優を目指すならぜひ取り入れたい習慣です。

4.あらゆる作品に触れる

声優を目指すなら、声優が活躍しているあらゆる作品に触れてみてください。声優の仕事は、アニメや映画のアフレコだけではありません。

テレビ番組やCMのナレーション、作品の主題歌や挿入歌などを歌う、歌手としての仕事もあります。

好みのジャンルにこだわらず、あらゆる作品に触れることで、さまざまな声優の仕事を知り、自分の挑戦したい方向性が見えてくるでしょう。

最初から活躍の場を狭めるのではなく、幅広くチェックしながら、どのような声優になりたいかを明確にしてください。

BACKSTAGE!!

ここでは、声優を目指すためにやるべきことを紹介しました。

紹介したのは、声優専門学校や養成所に入らなくても、自分でできることばかりです。声優を目指す気持ちがあるならば、早速取り組んでみてください。

ただし、本気で声優を目指すなら、専門学校や養成所でプロから指導を受けるのがおすすめです。

専門学校や養成所なら、発声や滑舌、アフレコなどのスキルはもちろん、声優として活躍するための心構えも学べます。

基礎から応用までを体系的に学び、本気で声優を目指す方は、専門学校や養成所について調べてみましょう。

一度は聞いたことがある声優養成所を一覧で紹介!

ここから一度は聞いたことがある声優養成所を紹介します。

より詳しく知りたい方は学校の詳細ページも是非チェックしてください。

インターナショナルメディア学院

インターナショナル・メディア学院は、2009年の設立以来、東京・西新宿に校舎を構え、実力派声優を続々と世に送り出してきました。

老舗の声優養成所に比べると歴史は浅いですが、基礎から応用までを徹底的に指導してくれる環境があります。

また、レッスンレベルによって3つのコース(ベーシック・アドバンス・プロ)に分かれているので、自分に合うレベルから始めることが可能です。

アニメや映画への出演を目指す声優はもちろん、2020年には声優YouTuberコースを開講し、時代にあった声優の育成にも力を入れています。

インターナショナルメディア学院の特徴

インターナショナルメディア学院の主な特徴は、声優の活躍ジャンルに合わせたコース設定がされていることです。

アニメや映画への出演を目指すコース以外に、アニソン声優コース・声優ダンサーコース・シナリオコースなど、多様なコース設定がされています。

それぞれのジャンルに合わせたスキルを身に付けられますよ。

また、インターナショナルメディア学院では、声優界のトッププロから指導を受けられます。

学長を務めるのは、ドラゴンボールシリーズのべジータ役や、名探偵コナンの服部平次役として有名な堀川りょうです。

彼が率いる講師陣から、現場で生きる的確なアドバイスを得られるでしょう!

インターナショナルメディア学院のカリキュラム

インターナショナルメディア学院では、基礎から応用まで、段階的にスキルを身に付けられるカリキュラムが組まれています。

基礎として学ぶことは、滑舌や発音、アクセントの付け方などです。

応用として学ぶことは、アフレコやセルフプロデュース、オーディション対策などがあります。

インターナショナルメディア学院での生活

インターナショナルメディア学院では、レッスンの受け方を選ぶことが可能です。

通学・双方向オンライン講座・YouTube講座の3つの中から選べます。

全国には19の校舎がありますが、通学が難しい方もいらっしゃるでしょう。

どの受け方にもメリットとデメリットがあるので、自分にとって最適な受け方を選んでください。

インターナショナルメディア学院がおすすめの方

インターナショナルメディア学院は、声優として活躍したいジャンルが明確な方におすすめの養成所です。

アニメ・アニソン・シナリオといったように、それぞれのジャンルに合わせたレッスンが受けられるよう、コース設定がされています。

同じコースで学ぶ同級生は、ライバルであり仲間です。切磋琢磨できる環境で、自分の夢に向かって全力で取り組みたい方は、ぜひ詳細をチェックしてください!

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!