【専門学校リサーチ!】タレントの専門学校ってなにを学ぶの?

学生生活を楽しみながらタレントを目指す

タレントになるために必要なスキルはどこで身につければよいのでしょうか?

芸能事務所の養成所を思い浮かべる方は多いかもしれません。

実は、養成所ではなく専門学校でもタレントを目指せるところがありますよ!

この記事では、タレント専門学校に行くメリットやデメリット、おすすめの選び方をご紹介します。

学生生活を送りながらタレントを目指したい方は必見です!

芸能スキルを身につける場所

芸能スキルを身につける場所

タレント専門学校とは、一言でいうと、芸能界で活躍するためのスキルを身につける場所です。

同じように芸能スキルを身につけられる場所として、芸能事務所の養成所も考えられます。

では、養成所と専門学校は何が違うのでしょうか?

両者の違う点は、専門学校が文部科学省から認可を受けている、全日制の学校であることです。

タレントに必要なカリキュラムや、進路サポートの面では養成所と変わらないかもしれません。

「学校」なのでスキルアップはもちろん、メンタル面の教育やケアにも力を入れているのが特徴といえるでしょう。

人間力を高める場所

専門学校は、文部科学省の認可を受けているため「人間教育の場所」という役割も果たさなければなりません。

そこで、タレントに必要なスキルだけではなく、日々の挨拶やコミュニケーションの指導にも力を入れています。

1人のタレントとして芸能界で活躍するには、人間力が必要とされるということですね。

講師のサポートを受けたり、仲間と切磋琢磨したりしながら、人としての成長もできる場所ですよ。

年齢制限がある

芸能事務所の養成所が年齢制限を設けていることは、そう多くないでしょう。

しかし、専門学校の場合は、ほとんどの学校が年齢制限を設けています。

年齢制限として、20代後半までの入学を認めているところが多いようです。

平均的な在籍期間は2〜3年なので、20代のうちに芸能界デビューできる人材を育てる場所ともいえるでしょう。

年齢制限を上回ると、専門学校にどれだけ通いたくても通えません。

入学可能な年齢のうちに、専門学校へ通うべきか、しっかりと検討しておくことが大切です。

タレント専門学校で学ぶメリット・デメリット

メリット①スキルが身につく

タレント専門学校で学べば、タレントとして活躍するのに必要なスキルが身につきます。

なぜなら、学校のカリキュラムが、さまざまなスキルが身につくよう組まれているからです。

芸能人として大切な基本的な礼儀やマナー、タレントとして必要なトーク力を養えるでしょう。

また、専門学校によっては歌や演技、ダンスの授業があるところもあります。

タレントとしての活躍を広げるために、さまざまなことに挑戦できる環境がありますね!

メリット②人脈ができる

タレント専門学校で学べば、芸能界で必要な人脈もできるでしょう。

なぜなら、講師陣が芸能界に精通している人物ばかりだからです。

また、学内オーディションが行われる際は、芸能事務所のスカウトマンも多く訪れます。

つまり、デビューする前から自分を知ってもらうチャンスがあるということです。

同級生も、ライバルでありつつ、芸能界で活躍していくにあたり心強い仲間となるでしょう。

このような人脈は、専門学校に通う中でどんどん築いていきたいですね!

メリット③デビューのチャンスが多い

芸能事務所には、芸能事務所の養成所に通う方が有利に入れると思う方は多いのではないでしょうか?

たしかに、芸能事務所直結の養成所から、芸能事務所へスムーズに入る方もいます。

しかし、専門学校からも芸能事務所や劇団などに入ることは可能です。

学内オーディションには、芸能事務所のスカウトマンが多く訪れます。

そこでしっかりと力を発揮し評価されれば、卒業後すぐに芸能界デビューを果たせるでしょう。

大規模な学内オーディションを開催する専門学校は多いので、ぜひチェックしてみてください!

デメリット①学費が高い

専門学校に通うとそれなりの学費が必要になります。

専門学校によって費用は違えど、数十万、数百万円といったまとまった金額が必要です。

ただし、充実したカリキュラムや施設の利用にかかるものと思えば、妥当な金額かもしれません。

それでも、学費の高さがネックで入学を迷っている方は多いでしょう。

専門学校の中には、特待生制度や奨学金、教育ローンなどを用意しているところもあります。

学費を理由に夢を諦める前に、ぜひ調べてみてください。

デメリット②デビューの保証はない

専門学校でどれだけ質の高いレッスンを受けても、自分で実力を伸ばせなければデビューは果たせません。

芸能界は生き残りが厳しい世界なので、専門学校を卒業したという経歴だけでは仕事はもらえないでしょう。

自分自身の個性を伸ばしたり、苦手を克服したりしながら、デビューを勝ち取ることが大切です。

入学して終わりではなく、そこからが勝負だということを忘れないでくださいね!

タレント専門学校のおすすめの選び方

アクセスのよさ

タレント専門学校は、基本的には全日制のカリキュラムです。

平日の日中はほとんど学校で過ごすことになります。

そのため、家から通いやすい場所かはとても大切です。

通学時間が長すぎると、精神的にも肉体的にも大変ですし、交通費もかかります。

通い続けるためにも、希望する専門学校へのアクセスのよさは重視してください。

地方にお住まいで、専門学校が家から通える距離にない方もいらっしゃるかもしれません。

専門学校の中には、遠方にお住まいの方でも入学できるよう、寮を用意しているところもあります。

引越しを検討する際に、寮へ入ることも合わせて検討してみるとよいでしょう。

問い合わせへの回答

希望する専門学校について、疑問や不安がある場合は、直接学校に問い合わせてみましょう。

ホームページの情報量が少ないと、どのような学校なのか深く知りたくなりますよね。

問い合わせへの回答が早かったり、親切であったりする学校は、入学後も手厚いサポートが期待できそうです。

しかし、問い合わせへの回答がなかったり、怪しいと感じたりすることがあれば注意してください。

残念ながら、芸能界入りを目指す人を狙った悪質な詐欺などがあるからです。

専門学校の学費は、決して安いものではありません。

大きな被害にあわないよう、見極めることも大切ですね。

カリキュラムの充実度

カリキュラムの充実度は、タレントに必要なスキルを身につけるのに直結する部分です。

どのようなレッスンが受けられるのか、ホームページで紹介されているものをチェックしてみましょう。

また、自分自身がどのようなスキルを身につけたいかも明らかにしておくとよいですね。

たとえば、ダンスもできるタレントを目指すのか、演技もできるタレントを目指すのかなどです。

自分の目指すタレント像に合うカリキュラムがあるかは、専門学校選びも重要なポイントですよ。

卒業後のサポート

芸能界は、デビューしたからといって全員が活躍できる世界ではありません。

実力や人気が伴わなければ仕事が来ない、という厳しい世界です。

晴れてデビューを果たしても、山あり谷ありのタレント人生になるでしょう。

ときには、仕事を進めていく上で仲間が必要になったり、誰かに相談したくなることもありそうです。

そのようなときに、卒業後のサポートが充実している専門学校だと安心ですよ。

デビュー後の活動について相談できたり、卒業生同士のネットワークを作っていたりする学校もあります。

充実したタレント人生を送るためにも、在学中だけでなく卒業後の関わりも意識して選んでみてくださいね!

人気のタレント専門学校を紹介

東京ビジュアルアーツ

東京ビジュアルアーツは、創立から57年という長い歴史を持つタレント専門学校です。

俳優やタレントの育成だけでなく、音楽や写真、映像の分野で活躍する人材も育成しています。

タレントを育成するコースは「パフォーミングアーツ学科」と呼ばれています。

他の専門学校とは一味違う、かっこよいネーミングですね!

タレントとしてプロの世界で活躍していくためのトーク、MC、リポートに対応できるスキルを身につけられます。

卒業後のデビュー率も100%を実現している人気の専門学校です!

専門学校東京アナウンス学院 

専門学校東京アナウンス学院は「アナ学」という通称で親しまれているタレント専門学校です。

芸能界未経験の方でも一からスキルを身につけられるよう、基礎レッスンを充実させています。

さまざまなプロダクションを招いた学内オーディションがあるのも人気の秘訣でしょう。

とくに、タレントのSNS活用にも力を入れており、最近はYouTuberデビューも支援しているようです。

SNSを通じて個性を発信したい方は、ぜひチェックしてみてください!

総合学園ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、タレントや演技、ゲーム、声優など、さまざまなエンターテイメント人材を育成しています。

タレントを目指せるのは、新宿校で開講している「タレント専攻」です。

在学中から芸能活動を経験できるよう、多彩なインターンシップ制度も導入しています。

日頃のレッスンで身につけたスキルを、実践の場で生かしてみたい方におすすめです!

タレントになるために専門学校にいくべきなのか?

この記事では、タレント専門学校のメリットやデメリット、おすすめの選び方などをご紹介しました。

タレントになるために必要な資格はないので「なり方」は人それぞれです。

その中で、タレント専門学校にいくべきなのか、決めかねている方は多いでしょう。

結論から言うと、本気で芸能界で活躍したいならタレント専門学校に行くべきです。

厳しいプロの世界で活躍するためには、スキル、人脈、チャンスが必要ですよね。

それらを2〜3年間で効率よく学べるなら、入学するデメリットよりメリットの方が大きいでしょう。

とはいえ、専門学校への入学は、今後の人生を左右する大きな決断です。

「タレントになりたい」という覚悟ができたなら、ぜひ飛び込んでみてください!