【専門学校ランキング】通ってみたい東京の歌手専門学校のベスト3を紹介!

専門学校進学を考える歌手志望の方へ

「専門学校っていっぱいあってどの専門学校に行ったら良いかわからない」
「学校選びに失敗したくない!」

これから進路を決めようとする高校生の誰もが思う不安や悩みですよね。

この記事では、そんな不安や悩みを解消するお役立ち情報と併せて、歌手になりたい人が選ぶべき専門学校ベスト3を紹介していきます!

思わず通いたくなる東京の歌手専門学校の選出基準はこちら!

授業内容や講師

専門学校で重要なのは「授業」です。

どんな人からどんな授業を受けられるか”が、歌手専門学校の重要な選出基準となるのです。

どんな講師がいるのかや、授業内容(カリキュラム)に見合った講師であるかどうかをチェックしていきましょう。

また、特別講師がいる場合もありますが、本当にその人から講義を受けられるかについてもチェックが必要です。

特別講師の講義は在校生もSNSで拡散している場合が多いため、SNSをチェックすることもう有効でしょう。

授業内容については、学科やコース名が、”ヴォーカル”などとなっていても、学びたいこととの、関連性が少ない授業内容になっていたりする場合もあるようです。

きちんとした情報収集をして歌手専門学校を選んでいきましょう。

サポート体制

プロの歌手として活動していくことを考えた時、卒業後の進路サポートも大切です。

専門学校で習得した知識や技術をしっかり活用できるサポート体制があるかどうかも専門学校を選ぶうえで重視していきましょう。

サポート体制に関することについては、まず在学中や卒業時点でどのようなオーディションに参加できるかどうかを調べると良いでしょう。

また、オーディション以外の就職活動に関しては、専門の部署やスタッフがいるかどうか、個別相談などしやすい環境かどうかがポイントです。

スタッフや講師からアドバイスをきちんと受けられる専門学校を選びましょう。

費用

専門学校は全国に多数あり、かかる費用も学校によって違います。

夢に向かって一歩を踏み出したのにお金でつまづくのは非常にもったいないですよね?

そのため、必要な費用について知ることも歌手専門学校選びで大切なのです。

まずは初年度納入金など、どのようなお金を払う必要があるのかです。

・入学金
・授業料
・実習費用
・施設整備費や使用料
・その他(諸経費)  など

短い期間とはいえ必要な費用は決して安くはありません。

きちんと調べておけば、専門学校を選ぶとき無駄に迷うことを避けられるでしょう。

その他の魅力ある制度

歌手専門学校の中には、特殊な制度を設けているところもあります。

例えば、海外研修プログラムなどです。

これは海外へ行き異文化交流をしながら、現地のレッスンを受けるというものです。

このように、独自のプログラムやカリキュラムを実施している学校かどうかも選出の基準となるでしょう。

ただし、自分に合わない制度がある場合もありますので、事前の説明会やオープンキャンパス、公式ホームページなども活用ししっかり調べておくことをおすすめします。

第3位(ESPミュージカルアカデミー)

基本情報・講師

ESPミュージカルアカデミーには9科35コースが設置されています。

授業は少人数制で、個人のレベルに合わせ相談もしながら指導を実施してくれます。

また、実践や実習を重視しており、歌手やアーティストに関する学科では、なんとプロミュージシャンのライブイベントに参加することができるなど、プロの現場を通して技術やノウハウを身につけられるのが特徴の専門学校です。

〇講師情報
・山本英美(ギターヴォーカルコース)
1987年に「HOLIDAY」でメジャーデビューし、1991年には「X’mas in the blue」がヒットしたことでも有名です。
・野戸久嗣(シンガーソングライターコース)
SMAPやCrystal Kayなどにも作家として楽曲を提供しています。
また、ヴォイストレーナーとしても、多くのアーティストやタレントに発声指導などを行っています。

歌手関連コース・分野・学科

〇ミュージシャン科
・ヴォーカルコース
・シンガーソングライターコース
・ギターコース
・ベースコース
・ドラムコース
・ギターヴォーカルコース など
〇パフォーマンス科
・ヴォーカルパフォーマンスコース
・タレントパフォーマンスコース
・パフォーマーコース   など

主な費用

費用の目安  
2,800,000円 (教材費が含まれます。)

内訳
初年度:1,500,000円 ※全学科共通
2年度:1,300,000円 ※全学科共通

卒業生の進路など

〇主な卒業生
EXILE ATSUSHI(アーティスト)
TOTALFAT・Vo.&Gt.Jose(ロックバンド) など

プロのアーティストとしてだけでなく音楽系企業への就職など、幅広い選択肢でサポートをしてくれるのがESPミュージカルアカデミーの特徴です。

デビューのサポートは手厚く、オーディションの斡旋だけではなく、独自の総合音楽プロダクションがあることによる強みもあります。

企業への就職も業界へのパイプが強いため、求人が多く集まっているという魅力があります。

第2位(専門学校ミュージシャンズ・インスティテュート東京)

基本情報・講師

専門学校ミュージシャンズ・インスティチュート東京では、自分の「好き」を学ぶ場として業界や分野ごとに細分化された専攻が45あります。

ヴォーカリスト分野などもありますが、中でも特徴的なのは、K-POP分野です。

他の歌手専門学校でもK-POPを主に取り扱うコースや学科を設定しているところは少なく、ぜひチェックしておきたい分野です。

また、K-POPの完成度の高いパーフォーマンスを教えることができるということは、ヴォーカル分野でもそのノウハウが発揮されているということ。

つまり、とても高い水準で学ぶことができる可能性があるのが、この専門学校なのです。

〇講師情報
・NAOKI(Gunz HUNT)
SMAPや関ジャニ∞、BTSや超特急などのバックダンサー経験があります。
また、意外なところでは鬼滅の刃の「ヒノカミ神楽」の振り付けを行った事でも知られています。
・大黒摩季
「ら・ら・ら」「あなただけ見つめてる」などヒット曲を世に送り出してきたシンガーソングライターです。
デビュープロジェクトを主に担当し、特別講師として参加されています。

歌手関連コース・分野・学科

〇ヴォーカリスト
・ヴォーカリスト
・シンガーソングライター
・ネットシンガー
・アニソンシンガー
・YouTuber
・VTuber など
〇音楽アーティスト
・ヴォーカリスト
・シンガーソングライター
・ギタリスト
・キーボーディスト
・ツアーミュージシャン など
〇K-POP
・K-POPアーティスト
・K-POPダンサー
・ヴォーカリスト
・コレオグラファー(振付師) など

主な費用

費用の目安  
3,000,000円~ (教材費や研修費などは含まれません。)

内訳
初年度:1,500,000円
2年度:詳細不明

卒業生の進路など

〇主な卒業生
・大村孝佳(ギタリスト)
・早川 誠一郎(ドラマー) など

実はミュージシャンズ・インスティチュートは全米3大音楽アカデミーの1つです。

専門学校ミュージシャンズ・インスティチュート東京では、アメリカのロサンゼルスにある MI Hollywoodを本校とし、アメリカで培われたカリキュラムを日本にいながら学ぶことができるとても魅力ある専門学校なのです。

第1位(東京スクールオブミュージック専門学校 )

基本情報・講師

東京スクールオブミュージック専門学校は、音楽業界やエンターテイメント業界に強く太いパイプがあるのが特徴で、多くのプロデビュー・就職実績があります。

また、注目なのは提携する1,300社以上の企業と連携したオーディションやプロジェクト、イベントの実施です。

在学中でもプロデビューすることが夢ではありません。

最新設備も授業時間以外は生徒に開放されているなど、嬉しいことがめじろうし専門学校なのです。

〇講師情報
・北野正人(ギター)
神田沙也加のプロデュースや、山下智久、テゴマス、DoAs Infinityなどにも楽曲提供を行っています。
・テキーラ☆まさはる(ヴォーカル)
50/50(フィフティ・フィフティ)のヴォーカリストとして2007年にメジャーデビューしています。
現在は、ダンサー、MC、ラジオパーソナリティー、声優など、とても幅広く活動をしています。

歌手関連コース・分野・学科

〇音楽アーティスト
・アーティスト&プロデューサー
・アーティストエンジニア
・作詞家   など

〇プロミュージシャン
・ヴォーカル
・シンガーソングライター
・ソロヴォーカル
・バンドヴォーカル
・ユニットヴォーカル
・ヴォーカル&ダンス
・楽器&ヴォーカル など

主な費用

費用の目安
3,450,000円~ (教材費や諸費用が含まれます。研修費用も別途必要となります。)

内訳
・音楽アーティストの場合
初年度:1,605,000円
2年度:1,605,000円
3年度:1,645,000円

・プロミュージシャンの場合
初年度:1,705,000円
2年度:1,745,000円

卒業生の進路など

〇主な卒業生
・高城奈月子(ヴォーカリスト)
・城石真臣(earthmind・ギタリスト) など

最初にもお伝えしましたが、東京スクールオブミュージック専門学校では、1,300社以上もの企業と連携したオーディションやプロジェクト、イベントを実施しています。

ミュージシャンとして、在学中からプロデビューを狙える環境があるのが、この東京スクールオブミュージック専門学校の特徴です。

また、音楽業界を知り尽くした教育プログラムを実施しており、実際のプロの現場を体験する機会も多いことから、就職にも強いのが魅力です。

どの歌手専門学校に興味を持ちましたか?

数ある専門学校の中で、自分に合うものを選ぶにためにはしっかり調べる必要があります。

ここで紹介した、「授業内容・講師」「サポート体制」「費用」などを入学前に把握していることで、あなたの専門学校ライフはより次のステップに進みやすくなること間違いなしでしょう。

必要なのは、まず知ることです。

後半で紹介した、おすすめの歌手専門学校3つも参考にしながら、あなたの将来に対してベストな選択となるよう、しっかりと選択していきましょう!