モデルになれる体重とおすすめのダイエット法をご紹介

モデルになれる体重って?平均値と最適なダイエット法をご紹介

モデルになれる体重とおすすめのダイエット法をご紹介

モデルになるには、体重を減らさないといけない?

雑誌やCMでかっこよくきめるモデルさん、素敵ですよね。

「私も素敵なモデルになりたい!」
「そのためにはまず痩せて体重を減らさないといけないかも…?」

モデルになるにはスリムで痩せている必要がありそうだけれど、具体的にどのくらいの体重じゃないといけないのかはよくわからないですよね。

 ここでは、モデルになるための体重に関する疑問やこれからのどうすべきかをご紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそもモデルになる方法を知りたい方はこちら!

モデルになるには?疑問やなり方を徹底解説

モデルにとって理想の体重と平均体重

現役モデルの平均体重はどのくらい?

モデルさんってスリムなスタイルの方が多いですよね。

実際のところ、現役で活動中のモデルさんの体重はどれくらいなのでしょうか?

  • ローラ:身長165cm、体重49.7kg
  • 中村アン:身長161cm、体重45 kg
  • 中条あやみ:身長169cm、体重50 kg
  • 菜々緒:身長172cm、体重49 kg
  • 池田美優さん:身長166cm、体重45 kg

この5人の体重を平均すると、47.74kgです。

身長のわりにとても軽いですよね…!

他にも、自分の憧れのモデルさんはどれくらいの体重なのかチェックしてみてください!

モデルになるための理想体重はどのくらい?

身長も人それぞれ違うので、「体重が何 kg だったらモデルになれる」と一概に言うことができません。

しかし指標として、あなたの身長ではどのくらいの体重が理想なのかを割り出すことができます!

身長(m)×身長(m)×18(BMI)=理想の体重

モデルを目指すなら、このBMIという値が18になるのが理想だそうです。

 BMIについてはこのあと説明していきます!

一番重要なのはバランスと健康的な美

スリムになるために体重を減らすことに着目しがちですが、痩せていれば誰でもモデルになれるというわけではありません。

体重が少なくてもプヨプヨボディに見えてしまうこともありますし、反対に体重は軽くないのに引き締まったスタイルの方もいらっしゃいます。

これは、同じ重さの脂肪と筋肉を比べた時に、脂肪は密度が大きく筋肉は密度が小さいという特徴があるからなんです。

魅力的なモデルを目指すなら、体重よりも見た目の「スタイル」に注目してみましょう。

スタイルを測定するのに指標となる計算方法をいくつかご紹介していきます!

BMI値を測ってみよう

BMIというのは、身長と体重から「肥満度」を測定するものです。

日本では18.5~25が「普通体重」とされており、それ以上は「肥満」それ以下は「低体重」とされているそうです。

ちなみにモデルを目指す場合の理想BMIは18とのこと。

(先ほどご紹介しましたね!)

今の自分のBMIはいくつなのか計算してみましょう!

BMI = 体重kg ÷ (身長m)²

高校生未満の方は、BMIではなくローレル指数というもので肥満度を測る場合もあるようです。

そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

モデル体型を計算してみよう

あなたの身長に対して、体の各パーツの理想サイズはどれくらいなのかを割り出す計算式です。

今の自分のサイズも測ってみて、理想サイズと比べてみましょう!

  • バスト…身長×0.52
  • ウエスト…身長×0.37
  • ヒップ…身長×0.53
  • 二の腕…身長×0.14
  • 太もも…身長×0.29
  • ふくらはぎ…身長×0.2

そのほかの自分のスタイルを測る指標

ゴールデンカノン

ワコール社が開発した、ひとりひとり異なる体型の特徴からそれぞれの美しさを引き出すための指標です。

自分のスタイルの特徴を調べてみましょう。

骨格診断

もともと備わっている体のラインや質感の特徴をもとに、自分のスタイルを最もよく見せるデザインやコーディネートを導き出すことができます。

無料診断できるサイトもあるようなので、自分にはどのような着こなしが似合うか調べてみましょう!

自分のスタイルにどんな特徴があるのか、イメージできましたか ?

自分の現在値と理想値を把握できたら、次は理想値に近づくためにできることをご紹介します!

オススメのダイエット&トレーニング法

健康的な美しいスタイルを手に入れるために意識したいのはズバリ「食事と運動」です。

理想のスタイルに近づくためのおすすめの食事と運動をご紹介します!

オススメの「食事」

スリムになりたいからといって、食事を抜いてはいけません。

ご飯を食べなかったり偏った食生活を続けると、かえって痩せにくくなってしまうことがあります。

バランスのよい食事をしっかりとりましょう。

「まごわやさしい」を食べよう

まごわやさしいとは健康に良いとされる食品の頭文字を並べたものです。

日々の食事にこれらの食品を取り入れてみましょう。

  • ま…豆
  • ご…ゴマ
  • わ…わかめ(海藻)
  • や…野菜
  • さ…魚
  • し…しいたけ(きのこ)
  • い…イモ
食べる順番を意識しよう

食物繊維→水分→タンパク質→炭水化物の順番で食べるとよいとされています。

一番初めに食物繊維を食べ、そのあとに水分をとりましょう。

そうすることで食物繊維が膨らみ、脂肪分を受け止めるクッションができるそうです。

一日に必要な水分を意識しよう

体重(kg)× 30ml =1日に必要な水分

と言われています。

白湯は体を温める効果もあるためオススメです。

オススメの「運動」

スリムかつメリハリのあるボディを手に入れるには、有酸素運動と無酸素運動が効果的と言われています。

有酸素運動はエネルギー源に酸素を使う運動のことで、無酸素運動はエネルギー源に体の中の糖分を使う運動のことです。

どちらの運動も取り入れて理想のスタイルを目指しましょう。

体脂肪を燃やしたいなら有酸素運動

階段の上り下り

負荷の少ない動作を時間をかけて行い、体脂肪を燃焼させましょう。

階段でなくても、段差の上り下りができればOKです。

ラジオ体操

ラジオ体操も、一つ一つの動きをしっかり行うことで体脂肪を燃焼させることができます。

筋肉量を増やしたいなら無酸素運動

スクワット

体の中でも大きな筋肉のある太ももを刺激することができます。

消費カロリーも大きくなるためダイエットにも効果的です。

腕立て

上半身の引き締めに効果的で、姿勢改善やバストアップも期待できます。

運動前と運動後のストレッチ、ヨガ

運動前には必ずウォーミングアップをしましょう。

いきなり激しい運動を始めると、故障やケガの原因となってしまうことがあります。

また運動をしたあとはストレッチやヨガで体をほぐし、疲れを取りましょう。

良質な睡眠

しっかり睡眠をとることも、健康的な心身をつくるために大切なことです。

寝不足も寝すぎも体に影響があるそうなので、6~8時間程度のあいだで自分に合う睡眠時間をしっかりとりましょう。

やりすぎは禁物?

オススメの食事と運動を紹介してきましたが、何事もやりすぎは禁物です。

ストイックになりすぎてストレスを溜め、健康を害しては元も子もありません。

また健康的な美しさのためには、ボディだけでなくメンタルも重要

心も体も健康的に美しく魅力的なモデルさんになれるよう、無理のない範囲で試してみてくださいね 。

早速今日から始めよう!

いかがでしたでしょうか。

モデルを目指すなら、重視したいのは体重よりもスタイルということが分かりましたよね。

誰が見ても完璧なスタイルになるのは難しそうですが、自分がもともと持っている個性を活かして魅力的に見せるのならなんだかできそうですね!

自分が一番魅力的に見えるスタイルを目指して、健康的な食事や運動を今日から生活の中に取り入れていきましょう!

自分磨きを続けながらモデルを目指せるオーディションもぜひチェックしてみてくださいね。

【最新版】モデルのオーディション情報をご紹介

モデルになれる体重とおすすめのダイエット法をご紹介
最新情報をチェックしよう!
>