【保存版】YG Entertainmentを徹底分析!【2022年版最新情報】

絶えず韓国芸能界に衝撃を与える超個性派集団YGエンターテインメントって知ってる?

YGJAPANじゃなくて本国YGエンタの最新情報やアーティストのもっと詳しい情報がほしいと思ったことはありませんか?

昨今の度重なる不祥事問題で不安視されファンからの信頼もガタ落ち気味の状況では、ただファンサイトを見るだけではYGのリアルな情報を手に入れることは難しいです。

マイナスな情報で埋もれてしまって最新情報に辿り着くのに時間がかかって迷子になりがち…

残念ながら昔ほどの勢いは失われてしまったYGですが、ちょっとまって!

私達の想像を超えてくることでも有名なのがYG!

この記事では情報難民やYGの復活を信じて練習生を目指す人のために、YGの歴史と現在地をしっかり捉え、さらにアーティストやオーディションの最新情報も合わせてご紹介します。

この記事を読めばYGエンターテイメントがどんな事務所なのか完璧に理解することができます!

YGが生み出した個性派アーティストたちのルーツを理解して、レッスンやオーディションをよりYGに特化させていきましょう。

YGエンターテインメントとは

https://www.ygfamily.com

YGエンターテインメント詳細

社名:YG Entertainment

日本においてもk-popブーム第1波から名を連ねる大手事務所でBIGBANGを始め、様々な世界で注目されるアーティストを生み出しています。

YGエンターテインメントは音楽業界でなく、俳優業にも力を入れており、チェジウやカン・ドンウォンなどが在籍しています。

さらには、所属アーティストの個々のファッションセンスの高さからファッション業界からも注目されるなど活躍の幅が広く色々な場面で目にすることができます。

YGエンターテインメントの日本支社

http://www.ygfamily.jp/index.html

Instagram

YGエンターテインメントの歴史

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YG Entertainment Official(@yg_ent_official)がシェアした投稿

1996年に90年代の韓国歌謡界で大人気アイドル「ソテジワアイドゥル」として活躍していたヤン・ヒョンソク氏が後輩の育成を目的に事務所を設立しました。

設立当初は「ヒョン企画」でしたが、2001年に彼のあだ名である「ヤングン」からYGをとってYGエンターテインメントとなりました。

当初HIPHOPをとりいれたグループを、世に輩出し次第に事務所の知名度が出てきた頃、BIGBANGが韓国芸能界に大きな影響を与えました。

彼らを筆頭にガールズグループ2NE1がデビューし話題に、2010年には江南スタイルで一世を風靡した「PSY」がYGエンターテイメントと契約しYGアーティストとなり大手事務所として知らない人はいないほどの地位までのぼりつめました。

華やかに見えたYGでしたが、不祥事問題も多く、 残念なことに、2019年ヤン・ヒョンソク氏が、 B.I(元iKON)の麻薬捜査でもみ消しをしたことで辞任し、BIGBANGのスンリが不祥事で脱退するなどYGの雲行きが一気に怪しくなりました。

YGエンターテインメントの特徴・スタイル

とにかく自主性に重きをおいていると言われています。

実力>ビジュアルと完全実力主義のため、どのグループもパフォーマンス力が圧倒的です。

また、どのグループも独特な個性をもっています。

それは、彼らが自己プロデュースを行っているからです。

作詞作曲、振り付け、舞台演出などあらゆる部分を自分たちでプロデュースすることにより、事務所としての色よりも個としての色がより濃く出ています。

カムバックが遅いのも彼らのこだわりが強いからなのではないでしょうか?

ファン泣かせではありますが、その分クオリティの高いものが見れるので待っている甲斐がありますね。

注目トピックス

昨年の夏頃、BLACK PINK以降5年ぶりに新人ガールズグループのデビュー準備中と発表されました。

年内にデビュー予定なのでは?と思われていましたが、社内選抜が長引いているようで年を越してしまったようですね。

2022年内にはデビューするのではないでしょうか?

10代半ばのメンバーで構成予定だそうで、最年少ガールズグループとしてデビュー予定なんだとか?

これから情報が解禁されていくので首を長くして待っていましょう。

所属アーティスト

K-popに興味なくても1度は耳にしたことがあると多くの人が感じるようなアーティストが多く在籍!

一部抜粋してご紹介したいと思います。

BIGBANG

https://ygex.jp/bigbang/
https://ygex.jp/bigbang/

2006年に韓国でデビューを果たし、日本では2009年にデビューを果たしたアイドルグループです。

YGの練習生メンバー6人で「BIGBANG The Beginning」というサバイバル番組に出演し、G-DRAGONとSOLを中心として5人グループが結成されました。

ですが現在は、V.Iが不祥事により脱退、今は4人で活動しています。

2008年発表の「Haru Haru」の国民的大ヒットによりデビュー1年でK-pop業界で実力はグループとして地位を確立しました。

作詞作曲はもちろん、ダンス、舞台演出、ありとあらゆる部分を自分たちでプロデュースし独自の世界観を作り上げています。

それぞれがソロで活躍できるほど実力は揃いで、多方面で活躍しています。

海外での評価も高く、早くからグローバル活動に力を入れておりK -popという音楽ジャンルを広めたアーティスト集団です。

iKON

https://ygex.jp/ikon/

2015年にデビューした6人組アイドルグループです。

YG ENTERTAINMENTが企画したサバイバルTV番組「WIN:Who Is Next」、「MIX & MATCH」より輩出されたメンバーによって構成されています。

グループ名は韓国の象徴(アイコン)になるようにとの意味合いを込めて、「ICON」と「KOREA」を組み合わせられています。

練習生時代からメディアに取り上げられていたこともあり、デビュー前からファンが多くBIGBANGに続く期待の新人として注目されていました。

日本デビュー後「日本レコード大賞最優秀新人賞」、「日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」をW受賞。

日本で新人賞をW受賞したアーティストでは史上初となりました。

BLACKPINK

https://ygex.jp/blackpink/
https://ygex.jp/blackpink/

2016年に2NE1以来7年ぶりのガールズグループとしてデビューした4人組アイドルグループです。

最も綺麗な色と表現されるピンクを少し否定する意味で、“美しいものが全てではない”という意味が込められています。

なんとYouTubeのチャンネル登録者数は世界一位!

2018年にはアメリカの名門レーベル「Interscope Records」と契約を引き金に、グラミー賞前夜イベント「グラミー・アーティスト・ショーケース」でのパフォーマンスをはじめ、アメリカ最大級の音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル 2019」にも出演しました。

ABCの看板番組である「Good Morning America」への出演も果たすなど、アメリカでの本格的な活動もスタートさせ一躍世界的アーティストに仲間入りしました。

これまでにデュア・リパやレディー・ガガ、セレーナ・ゴメスといった超大物アーティストとコラボし引けを取らないパフォーマンスで世界中にファンを増やし続けています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BLΛƆKPIИK(@blackpinkofficial)がシェアした投稿

TREASURE

https://ygex.jp/treasure/

2020年にデビューした12人組男性アイドルグループです。

デビューサバイバル番組「YG宝石箱」からデビューメンバー7名として選ばれた「TREASURE」と、その後の発表で続いて選ばれたメンバー6名の「MAGNUM」が合同で結成したボーイズグループです。

韓国人8人と日本人4人で構成されており、YGエンターテイメントから日本人がデビューするのは初めてです。

その他・過去所属していたアーティスト

・SE7EN 2003年デビュー R&B歌手

・2NE1 2009年デビュー 4人組ガールズアイドルグループ

・EPIK HIGH 2003年デビュー 3人組男性ヒップホップグループ

所属練習生

上記でご紹介したTREASUREには四人の日本人練習生からのデビューメンバーがいます!

作詞作曲ができプロデューサー志望のヨシ、ダンスの実力のみならずファンからの人気の高いマシホ、作詞作曲はもちろん独特な世界観を持つ歌声が特徴のアサヒ、当時14歳とは思えないラップボジションで1位となったハルトの4人です。

それぞれ自分の強みを持っており、日本人だからと劣ることなく韓国語で積極的にコミュニケーションを図りメンバーともうまく打ち解けていました。

日本人初デビューメンバーとして彼らを筆頭にこれから日本人デビューが増えるでしょう。

デビューが予想されるガールズグループに日本人がメンバーとしてデビューするかもしれませんよ?

【YG練習生】YG練習生の生活ってどんなの?【日本人は?費用、給料は?】

関連記事

YG練習生ってどんな活動しているの?解説します。 今回は”韓国三大芸能事務所”として有名な事務所「YGエンターテイメント」の練習生について今回はご紹介したいと思います。 関連情報 K-POPオーディション最新情報はこちら [outl[…]

YGエンターテインメントのオーディション情報

日本支社のYGでは常に応募できるYG JAPAN DAILY AUDITIONが開催されています。

応募部門は歌、ダンス、ラップ、演技、ルックスの5つに分かれており、サイトも日本語で応募できるのでハードルが低く誰でもチャレンジしやすいです。

http://www.ygfamily.jp/audition_app.html
http://www.ygfamily.jp/audition_app.html

日本支社オーディションサイト

他にも韓国本社でもオンラインオーディションのほか新人俳優オーディションに随時応募可能です。

https://www.yg-audition.com

YGエンターテインメントオーディションサイト

またSNSのみで情報が解禁されることもあるので興味のある方は合わせてチェックしましょう。

オーディション用SNS↓

Facebook 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Official YG AUDITION(@ygaudition)がシェアした投稿

過去のオーディション結果

2021年には新型コロナウイルスの影響を向けZOOM形式で「2021 YG NEW BOY GROUP AUDITION at HOME」というオーディションが開催されました。

2002年〜2010年生まれの男子限定で最終合格者にはYGの新しい男子デビュー組に合流できるチャンスが与えられるというビックチャンスということで特に注目されていました。

他のオンラインオーディションがビデオ審査の中、こちらのオーディションはオンラインでパフォーマンスをする必要があり、通常の対面で行われるオーディション以上に緊張する人も多かったんだとか!

最新オーディション情報【2022年度】

昨年同様にオンラインで随時応募できるようになっています。

また1月限定で「Shall We Dance?」というカカオトークから応募できるオーディションが開催されています。

こちらはSNSでしか情報が公開されていませんでした。

応募資格は2003年〜2012年生まれの男女で、グループでの参加も可能です。

応募期間は2022年1月11日から1月31日と短めです。

今後もこのように突然SNSを使ったオーディションが開催されると予想されますのでチャレンジしたい人は見落とさないようにチェックしましょう!

YGエンターテインメントを目指すなら意識しておきたいポイント

ビジュアルよりも、とにかく実力重視です。

ちょっと周りよりも上手いだけではダメなのです。

ダンスができるけど歌はちょっと…という欠点がないように満遍なくこなせるようにしましょう!

所属するグループのほとんどが自己プロデュースに力を入れています。

作詞作曲ができるアーティストは重宝されるでしょう。

練習生時代から個々が将来どうなりたいかの意思がはっきりし、目的を持って練習に取り組んでいる子がほとんどです。

「自分の強みはなんなのか」早いうちから分析し、その強みを活かしたパフォーマンスを心がけましょう。

また、韓国語や英語はしっかり習得しておきましょう!

「自分はこうしたい!」としっかり意志を伝えるためには語学の習得は必須です。

オーディション番組を見ていると年齢・国籍関係なく、グループ全体のパフォーマンス向上のために意見を交わす様子が見られました。

これからグローバルに活躍するアイドルが一般的になっていきますので語学堪能がノーマルになってくるでしょう!

早いに越したことはないので早いうちから習得しておきましょう!

\受けたいオーディションがきっと見つかる!/
開催中のオーディションはコチラ!