PLEDISの2020年開催オーディション情報をご紹介します

【2020年】PLEDISのオーディション情報を紹介!【韓国芸能事務所】

日本でも人気のアーテイストが所属する韓国芸能事務所!

PLEDISエンターテイメントは、日本でも人気のAFTERSCHOOL、SEVENTEENなどのアーティストが所属しています。

実力重視の芸能事務所としても有名!

SM、YG、JYPの三大韓国事務所に負けない勢いを持っているので、気になるのはオーディション情報ですよね。

しかし、日本語非対応な公式サイト

正直、オーディション情報が分かりづらい人も多いのではないでしょうか?

今年もPLEDISのオーディション情報や気になる噂についてもリサーチしましたのでご紹介します。

PLEDISってどんな事務所?

韓国ソウルの芸能事務所

韓国ソウル特別市にある芸能企画事務所PLEDISは、CEOであるハン・ソンスが2007年に設立しました。

設立当時はレッスンを行うための練習場からスタートしたというのは有名な話。

元国立舞踊団の団員だった実力者のハン・ソンス。

BoAのバックダンサーとして活動していたカヒとソン・ダムビを率いて事務所を立ち上げたのが始まりです。

2020年最新!PLEDISのオーディション情報

オンラインオーディションを随時開催中!

2020年のPLEDISオーディションは、新型コロナウイルスの影響もあってか、オンラインでのオーディションの情報のみ確認することができました。

以下に詳細を記載しますが、新型コロナウイルス感染拡大によって、今後オーデイションが中止や延期になる場合もありますので、こまめに情報を確認してみてください。

オーディションの詳しい情報は?

応募資格
  • 国籍
  • 年齢
  • 性別不問

去年より幅広く募集しているようです!

【2019年版】PLEDISのオーディション情報

募集ジャンル

歌、ラップ、ダンス、演技、モデル

応募方法

E-Mail もしくは 郵送

応募の流れ
  1. PLEDISホームページから応募用紙をダウンロード
  2. 必要事項を記載
  3. 添付ファイルと一緒に応募
添付ファイル
  • 顔の正面と全身を含む3枚以上の写真
    ※加工や修正された画像は審査から除外
  • ラップ部門の場合:音源や映像
  • ダンス/演技/モデル:ポーズやワーキング映像

参考情報
PLEDIS公式サイト

PLEDISのオーディションで気になること

応募用紙は韓国語で!

PLEDISオーディションの応募資格は「年齢、性別、国籍不問」です。

しかし、応募用紙は韓国語で記載することが望ましく「韓国語を話せることが必須」となります。

PLEDISオーディションに応募するためには、歌やダンスのレッスンに加えて、韓国語を勉強することがおすすめです。

日本人が入れないってホント?

PLEDISエンターテイメントのホームページで所属しているアーティストを見ると韓国人がほとんどです。

また、練習生を見ても外国人は数人程度ではないかとも言われています。

応募資格に国籍不問とうたっていますが、応募用紙を韓国語で記載する必要があります。

このことからも、「外国人は韓国語が話せること」が前提だということが感じられます。

韓国語が堪能で、ダンスと歌の実力が十分であれば、PLEDISオーディションに挑戦することはできます。

しかし、現時点ではPLEDIS所属の日本人がいないというのが現状です。

PLEDISの審査基準は?

PLEDISオーディションは、実力重視で審査されるとも言われています。

所属アーティストのダンスや歌のレベルが高く、CEOであるハン・ソンスが元舞踊家であることが影響いているかもしれません。

2020年5月にPLEDISは、Big Hitエンターテインメントに企業買収されました。

Big Hitの傘下に入ったのちも、PLEDISは独立的に運営される予定です。

しかし、企業買収をうけて今後求めるアーティストの動向が変わったり、審査の基準に変化がみられる可能性も考えられます。

さらなる飛躍が期待できる!?韓国芸能事務所

日本人に人気のアーティストが所属している韓国芸能事務所であるPLEDIS。

憧れの気持ちを持っている人も多いですが、日本人がオーディションで合格することは難しいのではという噂もあります。

しかし、Big Hitの傘下に入ったことで、今後事業拡張や海外市場進出が期待できるかもしれません! K-POPアイドルを目指す人には、今後目が離せない事務所です。

PLEDISの2020年開催オーディション情報をご紹介します
最新情報はツイッターで随時更新中!ぜひフォローして下さい!