注目キーワード

オーディション攻略基礎講座_子役編

  • 2020-06-29
  • 2020-07-22
  • 子役

輝かしい子役へ

最近では子役への人気が高まり、
メディアでもよく取り上げられていますよね。

今回はそんな人気急上昇中の子役に関する情報と最新のオーディション情報をピックアップしました!

また、オーディションに合格する秘訣も分析しています。

自分の子供にも「子役を経験させたい!」 という方は見逃さないように 一緒に見ていきましょう!!

子役とは

どんな活動をするの?

子役には俳優や女優のように様々なお仕事があります。

・CM
・映画
・ドラマ
・ミュージカルetc…

子役になると普段できないような経験が沢山できます。

子供自身にとっては良い刺激となり、 親にとっては我が子の新たな成長を見守れる良い機会になります。

また、幼い頃から実力を培うことで 将来芸能界で活躍できるチャンスを増やすこともできます。

子役は何歳から?

子役には特に年齢制限はありません。

0歳のうちから活躍している子もいるので 、
お子様が幼くても子役デビューすることは可能です。

幅広い年齢層の子いるということは その分ライバルの数も多いです。

もし子供を子役にするかどうか悩んでいるのであれば 早めに準備を開始しましょう!

引退はいつ?

子役は小学校卒業を機に引退をすることが多いです。

中学生になると学業に費やす時間が多くなり、
芸能活動をする余裕がなくなるからです。

また、”成長”のことも理由に挙げられます。

個人差はあれど中学生になると大人びた体格になり、 子役のイメージとはかけ離れてしまいます。

子役の引退のタイミングに規定はありません。

しかし、子供の将来のためには、
学業の優先度や成長スピードと合わせて適切な引退のタイミングを見極めましょう。

メリット・デメリットを把握しておく

子役になると 、

・人見知りをしなくなる
・プレッシャー耐性がつく
・人にはない知性が身に付く

など、将来に役立つことが沢山あります。


しかし、子供の生活環境が大きく変化するので
子供が体調を崩してしまう可能性もあります。

子役を目指す前に
「子供にとって一番大切なことが何か」
をしっかりと考えておき、 親子共に価値のある経験にできるようにしましょう。

子役を目指す前に確認しておくべきこと

子供の意志

親の方から子供に対して子役になる提案をすることは多いと思います。

その時には必ず「子供がやりたいのか」を確認しましょう。

親は子供のためを思って提案するのですが、 嫌々子役になると子供の為にはなりません。

寧ろ逆効果で、将来に後悔が残ります。

もしも子供が幼くて 子役というものが分からないのであれば 大変かもしれませんが理解できるように根気強く説明してあげてください。

何より重要なのは子供の意志です。

金銭面

子役になるためにはいくらかの費用が掛かることがほとんどです。

・事務所の入所費用 ・オーディション参加費用 ・レッスン費用 場合によっては完全無料などもありますが、 基本的にはお金がかかることを覚えておいてください。

入る事務所や受けるオーディションによって金額は大きく前後します。

事前に正確な金額を計算しておき、 家計状況と照らし合わせてみてください。

時間の余裕

子役になるとレッスンや撮影が重なるようになってきます。

子供の体力や精神衛生上のためには 今の内から普段のスケジュールを調整し、 時間にゆとりを持つようにしておきましょう。

現在の子供のスケジュールを紙に書き出し、 どのくらいの時間があるのかを可視化すると スケジュール管理しやすくなります。

抜かりない準備で子役を目指そう

何の準備もなしで子役になろうとすると 後々親子ともに苦しい状況になり、 最悪、辞めるなんてことになりかねません。

必ず事前に必要なことを確認しておき、 万全の状態で子役になるようにしてください。

貴重な子役経験と将来の大きなチャンスを逃さないようにしましょう!

子役にするなら事務所に入るべき

万全のサポート体制

芸能事務所に所属すると様々なサポートを受けることが出来ます。

・スケジュール管理
・ギャラの交渉
・送迎手配…etc

子供が心地の良い環境で活動をするためには 周りの大人のサポートは必ず必要です。

また、自分たち以外にも子供を傍で支えてくれる大人がいるということは 親にとっても安心ですよね。

ブランド力

誰で合っても子役になりたての頃は無名です。

知名度がない内は自分の名前だけで仕事を貰うことはとても難しいです。

しかし、事務所に所属することで信頼性が高まるので 新人であっても仕事を貰いやすくなります。

今後人気子役を目指すのであれば 事務所に入って様々な仕事の経験を積んでおきましょう。

宣伝効果の高さ

事務所に入ると子役自身の宣伝をしてくれるようになります。

事務所によっては宣伝費用が必要ですが、 親だけで宣伝するよりも規模が大きいので知名度が上がりやすいです。

また、マネージャーによる営業は 芸能関係者へ直接的な宣伝になるので 活躍のチャンスを増やすことができます。

マスコミ対応

子供が有名になるにつれて、 マスコミに関わることが多くなります。

ポジティブな内容ならいいのですが、 心のない誹謗中傷を受ける場合もあります。

そんな時に正確なマスコミ対応で 子供を守ってくれるのが事務所です。

問題が起きても事務所という強い味方がいると 親にとっても子供にとっても安心ですよね。

レッスンがある

子役の事務所には養成所やレッスン受講があるのがほとんどです。

子供なのでまだ経験が無いのは当たり前なので 経験値に不安を感じることはありません。

プロの講師が丁寧に指導してくる中で しっかりと基礎からスキルを磨くことができます。

子供は吸収が早いので 新たな成長を見守る楽しみも増えていきますよね。

内面的な成長

同じ夢を目指す仲間たちと一緒に努力していく中で 良い方向で性格が変わる子が多いです。

実際に子役の経験を通して
「人見知りをせず明るくなった」
「よく笑うようになった」
などの声がたくさんあります。

事務所に所属することで 将来どんな場でも役に立つような コミュニケーション能力を身に着けられるでしょう。

事務所へ入ることはメリットが多い

芸能界で活躍できるのは一握りの人だけです。

それは子供も例外ではありません。

しかし、子役の道が険しくても
「子供の夢を叶えてあげたい」
「新たな可能性に挑戦させてあげたい」
と親は思うものですよね。

だからこそ子供が進みやすい道を作ってあげるために 事務所に所属するようにしましょう。

些細なチャンスも逃さない環境で活動することが人気子役への近道です!

大人気!子役オーディションランキング

劇団東俳キッズタレントオーディション

オーディション詳細

【AVILLA STAGE 子役・キッズオーディション】

オーディション詳細

テアトルアカデミー全国オーディション

オーディション詳細

セントラル 無料オーディション

オーディション詳細

アヴァンセ子役タレントオーディション

オーディション詳細

随時更新!

オーディションは期間限定のものなども多いので、発表され次第随時更新していきます!

子役オーディションの内容を解説!

書類審査

まずはオーディション申込と同時に書類審査があるのが一般的です。

また、子役オーディションでは親が記入するようになります。

書類に書く内容や添付写真の枚数はオーディションによって異るので 必要項目は必ずチェックしておきましょう。

記入間違いは審査員からの印象が悪くなってしまいます。

また、書類審査では多くの応募者がふるいにかけられます。

書類審査を合格するためには 審査員にとって気になる存在にならなくてはいけません。

審査員という読み手がいることを意識して 自己PRや志望動機を書いていきましょう。

面接

書類審査を通過したら必ず面接を行います。

子供でも答えられるような簡単な質疑応答です。

「ちゃんと答えられるかな…」と親は不安になると思いますが 正確な回答をすることよりも 子供の性格や魅力を伝えることが大切です。

しかし、子供にとって知らない大人と話すことはとても難しいです。

事前に人見知りを和らげる練習をしたり、 大人に慣れることができる環境を用意してみましょう。

実技審査

オーディションによりますが 簡単な演技審査を行う場合もあります。

この時審査員は演技力の高さを見るわけではありません。

「子役としての素質があるか」 を見ています。

無理に演技をすると本来の子供の魅力が伝わりにくいので 子供が楽しく演技をできるようにしましょう。

例えば ・〇〇〇ごっこ ・モノマネ など日頃の遊びを通して練習すると効果が高いです。

審査内容の把握は必須

親がオーディションの内容を正確に把握することはとても重要です。

子供は大人よりも緊張しやすいです。

少しでも緊張を和らげるために 親が正確にオーディション内容を把握しておき、 事前に子供に伝えてあげましょう。

そうすれば本番当日に 子供の本来の魅力を発揮しやすくなります。

オーディション合格の秘訣とは?

大きな声で挨拶

知らない人に挨拶するのが苦手な子供は多いです。

しかし、他の子達が苦手なことができると審査員からの評価は高くなります。

また、大きな声を出せるということは 「演技に向いているかも」 と審査員に印象付けることもできます。

子供が挨拶できるようにするには まず親がお手本を見せるようにしましょう。

日頃から会う人には必ず丁寧に挨拶していれば 子供は自然と真似するようになります。

ハキハキと話す

子供なので話す内容や話し方が拙いことは 審査員も分かっています。

しかしどんな内容で合っても オーディションでボソボソと話していると 「本当は子役になりたくないのかな?」 と思われてしまいます。

「本気で子役を目指している」 という意欲を子供自身から伝えるためには ハキハキと話せるようにしておきましょう。

ありのままの姿をアピール

審査員が本当に評価したいのは 子供の本来の姿の中にある子役としての素質です。

なので無理して大人ぶらなくて大丈夫です。

子供らしい可愛らしさとともに その子なりの個性をアピールしましょう。

子供はまだ自分の個性を理解するのは難しいです。

親が個性の発見や伸ばし方のプロセスを考え、 日頃からしっかりとサポートしてあげてください。

保護者も審査対象

実は子役オーディションの合否のポイントは親にもあります。

まず、親の人柄やマナーを必ずチェックされます。

子供は親の影響を大きく受けるからです。

また、 「子供を全力でサポートできるのかどうか」 という点も見ています。

親のサポート無しでは子役になれないからです。

子供しか見られないと油断しないように注意が必要です。

子供の未来の可能性を広げるために、 親もしっかりとオーディション対策をしておきましょう。

できることから対策していこう

子役のオーディションに合格することはとても難しいです。

親がしっかりと子供をリードながら 事前にオーディション対策を行っておきましょう。

ただし、子供にとって苦痛にならないように気を付けてください。

子供が嫌な気持ちになってしまっては、 オーディション合格から遠ざかってしまいます。

ご紹介したことを押さえながら まずは子供と一緒にできることから始めてみてください!

狭き門でも諦めない!

子役として活躍できるのはほんの一握りです。

また、親子共に苦労することも沢山あります。

しかし、子供の意志を尊重しつつも 親がしっかりと導いてあげることができれば 子役としての道は拓けてきます!

芸能界や子役の基礎知識をしっかりと把握た上で 夢を叶えるために進んでいきましょう!

最新情報をチェックしよう!
開催中オーディション情報!!
NO IMAGE

オーディションに関する質問、相談はこちらから。

オーディションに関する質問や相談、その他何でもBOXFRESHから受け付け中!

CTR IMG
開催中オーディション情報!!