注目キーワード

オーディション攻略基礎講座_歌手編

  • 2020-06-28
  • 2020-07-19
  • 歌手

音楽で人を魅了する

世の中には何年経ってもファンが絶えず
人々に影響を与え続ける歌手がいますよね。

今回はそんな輝かしい歌手になるために必要な情報を徹底的にリサーチしました!

趣味だけで終わらず、
「本気で歌手になりたい!」
という方には必ずチェックして頂きたいです。

歌手のオーディション情報も合わせてまとめたので
さっそく見ていきましょう!

歌手とは

アーティストと同意義

歌手=Singerですが、
アーティスト(artist)
と呼ばれることもあります。

直訳すると
「芸術に携わる者」
という意味です。

歌手というと芸能人というイメージが強いですよね。

しかし、歌という創造的な作品を表現し、
芸術家としての側面が強いので
歌手のことを指す場合が多いです。

ボーカルとの違い

ボーカルとはグループやバンドの中で歌唱を務めるパートです。
バンドで言うとギターやベース等、楽器と同列の位置になります。

ボーカルを務める人のことをボーカリストと言います。

「グループやバンドで歌いたい」
という方はボーカリストを目指すようになります。

歌手とボーカリストでは意味が違ってくるので
自分がどちらを目指すのか明確にしておきましょう。

何歳から歌手になれる?

歌手に年齢制限はなく、
努力や才能次第では何歳からでも歌手になれます。

実際に圧倒的な才能で幼少期から活躍していたり、
努力を積んで40代からデビューした方もいます。

しかし、「何歳からでも大丈夫」
と安心するのは禁物です。

ライバルは続々とデビューしているので
歌手になりたいのであれば直ぐに行動を起こしましょう。

歌手とは特別な職業

歌手は人々へとても影響力のある仕事です。

実際に、脳科学の研究では
音楽は人間の脳への影響力が強い
と言われています。

だからこそ、歌手として活躍できるのは一握りの人だけです。
誰でもなれる職業ではありません。

今後本気で歌手を目指す方は
どうしたら人々に認められるかを
常々考えながら練習を積んでいくようにしましょう。

歌手を目指す前に確認すべきこと

本当に歌が好きかどうか

音楽が好きだからこそ
歌手になりたいと思っていると思います。

しかし、今一度
「本当に好きなのか?」
を考えてみてください。

これから歌手を目指す上で重要なことです。

ただ漠然とした気持ちでは
実際に活動を始めたときに
音楽を通して自分の気持ちを伝えることはできないです。

・なぜ音楽が好きなのか
・いつから好きなのか
・どこが好きなのか
を細分化し、好きな気持ちを言葉で説明できるようにすると
本当に音楽が好きなのかどうかが見えてくるはずです。

収入と支出のバランス

歌手を目指す前に現実的な問題の解決も重要です。

歌手を目指すようになると
レッスン費用がかかることが多いです。

また、
・作詞
・作曲
・レッスン
を行っていく中で
収入源を保てるのか確認してください。

「頑張ったけど生活が出来なくて諦めた」
なんてことになるのはもったいないですよね。

もしも今後の金銭面に不安がある方は
収入源を増やせるようにしたり、
今の内に貯金をしておきましょう。

歌に費やせる時間

練習を重ねていくことで
歌手のチャンスが多くなっていきます。

しかし今仕事ばかりで

・作詞作曲する時間がない
・歌う練習する時間がない

という方は仕事の内容や時間の使い方を見直す必要があります。

また、学生の場合は
練習と学業の両立が可能かを考えましょう。

もしも両立することが難しいのであれば
卒業してから歌手を目指すという道も考えてみてください。

歌手を目指す上でも一般教養は必要不可欠なので
学業を疎かにするのはNGです。

社会人、学生どちらであっても
片手間の時間だけでは歌手になれません。
時間の確保ができるように
今の生活スタイルを再確認しましょう。

周囲の同意

歌手を目指すとなると
反対する人は多いです。

安定した職業ではないので
心配になるのは当たり前だと思います。

反対を押し切ることが悪い訳ではありません。

しかし、今後心の中にわだかまりがあると
辛くなった時に後悔してしまいます。

また、大変な時期も多々ある中、
支えてくれる人がいるのといないとでは大きく違います。

反対されたときは真剣に自分の気持ちを伝え、
心配してくれることに感謝をしながら相手と向き合ってください。

歌手の世界は甘くない

貴方が今想像しているよりも
歌手になる道はとても過酷です。

また、もしもデビューできたとしても
必ず有名になれるわけではありません。

「簡単に歌手になれる」
と思っている方はいないと思いますが、
現実は厳しいことを再認識しましょう。

それでも歌手を目指す気持ちが揺らがないのであれば
険しい道になりますが、頑張っていきましょう!

歌手に必要な5つの要素

歌唱力

まず1つ目は当たり前のことですが、
高い歌唱力が必要です。

これは歌手として最低限の条件です。
歌が下手な歌手はいないですよね。

「音痴かも…」
と自分に自信がない方もいると思います。

しかし、歌唱力は鍛えられるので安心してください!

人並み以上の努力が必要になりますが、
歌を学ぶスクールに通ったり
日頃からリズムをとる練習をすれば
高い歌唱力を手に入れることができます。

そして、努力を続けることは
自分の自信にも繋がります。

また、今自分の歌唱力に自信があったとしても
油断しないように注意してください。

世の中に歌が上手い人は沢山います。

誰にも負けることがないように
練習を怠らないようにしましょう。

体力

歌うことは想像よりも体力を消耗します。

歌手になるまでの間、
人の何倍も練習をしなくてはいけません。
いつでも歌い続けられる体力をつけておきましょう。

また、歌手になった後も体力が必要です。

忙しくてどんなに疲れていても、
歌わなくてはいけない時があるからです。

日頃から規則正しい生活をし、
運動を欠かさないようにしてください。

歌手を目指す方のであれば
・腹筋を鍛える
・肺活量を増やす
この2つを重点的に運動するのがおすすめです。

共感力

共感力が高い人ほど、
歌を通して人の気持ちを揺さぶることが出来ます。

独りよがりの歌では
歌手とは言えません。

自分の気持ちを歌に乗せつつ、
相手の気持ちに寄り添えるようになりましょう。

【共感力の鍛え方】

・人間観察
正確では無くて良いので
人の行動や表情から人の気持ちを予測しましょう。
人のことを常に考える癖がつくことで
共感力が鍛えられます。

・文学的小説を読む
他人の立場に自分を置くことで
人に対する理解が深まります。

実際に海外で行われた実験では
共感力を鍛えるには小説が効果的
という結果が出ています。

・瞑想
瞑想は人間に同情心を植え付ける役目があります。
そこから派生して、共感力も高くなります。

こちらも実験を行った例があり、
効果的であることが明かとなっています。

表現力

人の記憶に残り続ける歌手になるためには
印象強い表現力が必要です。

以下の2つを意識した上で練習を続け、
歌手に必要な表現力を手に入れましょう。

1、素直になる
大人になるにつれて
感情を表に出すことは少なくなりますよね。

ですが、歌手を目指すのであれば
喜怒哀楽を素直に顔に出すようにしましょう。

歌で気持ちを伝えるためには
表情も重要なポイントです。

2、歌詞への理解を深める
歌詞に隠された本当の意味を理解しなければ
「ただ歌っているだけ」
となってしまいます。

歌う前にはまず、
「作詞者が何を伝えたいのか」
を考える習慣をつけましょう。

歌詞の理解が深まれば
自ずとどう表現すれば良いかが分かります。

分析力

音楽への熱い思いも大切ですが、
歌手には冷静な分析力も求められます。

・自分の売り出し方
・ニーズに答えた歌の用意
・周囲の意見を参考にする
などを考えられるようになりましょう。

「自分の音楽スタイルは曲げない!」
という方もいますが、
そのままでは自己満足で終わってしまいます。

曲げるべき所とそうでない所を正確に判断し、
柔軟な対応ができる人こそが
歌手として成功できるのです。

完璧でなくていい

歌手にとって必要なスキルは
短期間で磨けるようなものではありません。

だからこそ、これからの練習期間や下積み時代が重要です。

今はまだ未熟でも大丈夫です。
日々精進していれば可能性は広がり続けるので
諦めず心をもっておきましょう!

歌手になる方法とは?

ライブへの出演

歌手になる方法の1つはライブです。

ライブハウスを借りるお金が必要になりますが
初心者でも借りることができます。

人前で歌う練習にもなりますし、
音楽関係者に出会える可能性もあります。

音楽関係者に認められれば
一気にデビューと知名度を手に入れられます!

オーディションを受ける

一番ポピュラーな方法と言えば
歌手のオーディションを受けることです。

歌手を募集しているオーディションは沢山あります。

合格すれば歌手として大成する一歩になります。

また、不合格であったとしても
自分の欠点が判明するので、
自分のスキル向上に役立たせることができます。

チャンスを掴むためにも、
自分の力量を測るためにも、
オーディションは必ず受けるべきです。

スクールに入る

「基礎からコツコツ学びたい!」
という方は歌手スクールに入ることがおすすめです。

入所費用やレッスン費用は掛かりますが、
プロの講師が一から丁寧に指導してくれます。

専門性の高い知識と実力をつけることができるので、
歌手としての将来には必ず役に立ちます。

ネットでの音楽配信

最近では、
「音楽はスマホで聴く」
ということが当たり前ですよね。

だからこそ、
ネット上にいる歌手の原石へ
スカウトマンの期待が集まっています。

手軽だからこそライバルは多いですが、
YouTubeや音楽配信サービスを利用し、
歌手を目指すのも一つの方法です。

まずは行動してみよう

歌手になる方法は一つではありません。

「どうやって歌手になろう」
と悩む時間はもったいないので
自分に合った方法で
まずは行動を起こしましょう。

積極性がある人こそが
多くのチャンスを掴むことができます。

おすすめの歌手オーディション4選

ASOBI SYSTEM MONTHLY AUDITION

オーディション詳細

BOYS VOCAL AWARD

オーディション詳細

GIRLS VOCAL AWARD

オーディション詳細

歌手・ボーカルメジャーデビューオーディションCIMSオーディション2020

オーディション詳細

avex audition

オーディション詳細

【2020年AVILLA STAGE新人募集オーディション】

オーディション詳細

研音-KEN ON 歌手新人オーディション

オーディション詳細

オーディションはいくつも受けるべき

歌手オーディションの流れ

書類審査

オーディションには多くの人が応募します。
この第一難関を乗り越え無ければ、
実力を審査してもらうことはできません。

・プロフィール文
・写真
・デモテープ

この3つが書類審査の対象になります。

書類審査はオーディション合否に大きく影響するので
しっかりと時間をかけて作成しましょう。

面接

書類審査に合格すれば
やっと審査員と対面することができます。

面接では
「歌手としての可能性があるか」
という点を審査員は見極めようとしています。

自分の魅力を正確に伝えなければいけないので、
事前にシミュレーションをしておきましょう。

また、書類審査で出した自己PRの内容と
面接でのアピールに相違がないように気を付けてください。

実技審査

歌手のオーディションでは
審査員の前で歌を披露することが多いです。

歌う内容は
・課題曲が事前に渡される
・自分で選曲する
・オリジナル曲を用意する
このいずれかになります。

歌が上手いかどうか、ではなく
・一生懸命歌っている
・歌に感情を込めているか
が重要になってきます。

努力の成果を披露できるチャンスです。

緊張で本来の力を発揮できないことがないように
人前で歌う練習をしておきましょう。

事前に情報収集をしておく

オーディションによっては
審査内容に多少違いがある場合もあります。

受けるオーディションの内容は
必ず詳細までチェックをし、
オーディションに挑みましょう。

また、実際にオーディションを受けた人の声など
SNSやブログに載っている場合もあるので
参考としてリサーチしておきましょう。

歌手オーディションに合格するためには?

礼儀を弁える

・挨拶の仕方
・敬語の使い方
など、一般的なマナーは必ず押さえておきましょう。

いくら歌が上手くても
礼儀が無い人は審査員からの印象が悪いです。

自分の今の一般マナーレベルで大丈夫かどうか、
念のため再確認しておいた方が良いです。

身嗜みを整える

オーディションでは個性が重要ですが、
派手すぎる服装や髪型はNGです。

歌手はビジュアルではなく
歌で自分の個性を伝えるものです。

シンプルかつ小綺麗な格好であれば
好印象間違いなしです。

志望動機を明確にする

「なぜ歌手になりたいのか」
という質問に対して
きちんと答えられるようにしてください。

これは審査員に必ず聞かれることです。

・歌が好きだから
・かっこいいから
など抽象的な表現だと
やる気は伝わりません。

歌手になりたい理由を明確にし、
歌を好きになったきっかけなど
具体的なエピソードを交えると
審査員に情熱を伝えられます。

募集テーマを理解する

オーディションによって
テーマや求める人材は様々です。

「どんな歌手を求めているか」
を十分の理解した上で
それに合ったアピールをしましょう。

アニソン歌手を募集しているのに
ヘヴィメタの歌を披露されても
審査員は困ってしまいますよね。

これは極端な例ですが、
細かなテーマの違いが
実は合否に大きな影響があるので
注意が必要です。

恥じらわない

歌を披露するときや
歌手としての将来設計を語るときに
恥じらいはNGです。

・自分に自信がない
・やる気がない
などネガティブな印象になります。

本気で歌手を目指していることに誇りを持ち、
堂々と審査員へアピールしましょう。

その方が審査員も好印象を持ちます。

重要なのは日々の積み重ね

・歌への情熱
・歌手になりたい気持ち
・努力できるかどうか
審査員はこの3つを重視します。

今の実力に対して不安があるかもしれませんが、
努力してきたことを全力で表現すれば
相応しい評価してくれます。

毎日練習を積んでいることこそが
オーディション合格への鍵となります!

本気で歌手になりたいなら

歌手は誰でもなれる訳ではないです。
また、歌手になれたとしても
簡単に成功することはできないです。

しかし、厳しい世界だからこそ
夢を叶えたときの達成感は何よりも大きいです。

どんなことでも乗り越えられるように
歌手になるという信念を持ち続け、
頑張っていきましょう!

最新情報をチェックしよう!
開催中オーディション情報!!
NO IMAGE

オーディションに関する質問、相談はこちらから。

オーディションに関する質問や相談、その他何でもBOXFRESHから受け付け中!

CTR IMG
開催中オーディション情報!!