k-pop新人育成プロジェクト-21073

【Ai&Grace】K-POP新人育成プロジェクト!20代・30代でK-POPを目指す方へ

20代・30代でK-POP新人育成プロジェクト!を目指す方は必見です

実力のある歌やダンスが魅力的なK−POP。

NiziUやTWICEなどの日本人の活躍で、K−POPアイドルを目指したい!という方は増えていることでしょう。

【Ai &Grace】では、日本にいながら本場韓国のK−POPトレーニングで徹底指導する「K−POP新人育成プロジェクト」が行われています。

プロジェクトに参加するためにはまずはオーディションに参加して合格することが必要です!

ただし現在募集しているオーディションの応募資格が11歳〜25歳までとなっていますので、20代後半や30代で目指している人にとって現実は厳しいかもしれません。

本場韓国ではデビュー前に練習生の期間があり、早くて2年ほど〜10年以上と数年単位でトレーニングをします。

また、K−POPアイドルとしてのデビュー年齢も10代が多くなっています。

本場韓国と同様のトレーニングで実力をつける期間を考えると、若い方が有利なのでしょう。

ですがAi&GraceのK−POP育成プロジェクトのオーディションは25歳までが対象です。

20歳や22歳くらいまでの制限がある韓国芸能事務所も多い中、20代前半の人でもまだチャンスはあります。

諦めずに夢に向かって挑戦してみてください!

関連情報
K-POPオーディション最新情報はこちら

k-pop新人育成プロジェクト概要

本場韓国の芸能事務所のK−POPトレーニングを、基礎からプロレベルまで日本国内で受けることができる「K−POP新人育成プロジェクト」。

トレーニング以外にも韓国芸能界の専門用語を含めた実践会話やK−POPの歌詞を表現するための韓国語も習得します。

様々なカリキュラムを、韓国人プロデューサーやインストラクターから入門・基礎からプロレベルまでを学ぶことができるプロジェクトです。

そんな夢のようなプロジェクトのポイントをいくつかご紹介します。

韓国の音楽関係者による講義を受けることができる

日韓を中心にアーティストのライブやツアーミュージックの振付、演出家として活躍するU .Gさんが特別講師として在籍しています。

U .GさんはTWICEの日本人メンバーMOMOさんを幼少期よりダンス育成し輩出、他にも東方神起など有名アーティストのバックダンサーを輩出した実績を持っていて、現在でも多方面で活躍できるダンサーを育てるために活動しています。

こうした韓国事情に詳しい音楽関係者から専門的に学ぶことで多くのチャンスの機会が増えるでしょう。

現役で大学の韓国語講師として活躍する具 軟和(ぐ・よな)さんによる韓国語講義もありますので、韓国デビューに向けての準備も万端です。

日本と韓国で活躍する現役プロデュース陣

プロデュースをするのは、日本と韓国の両方で活躍する現役のプロデュース陣。

日本と韓国それぞれの特徴を知っているからこそのプロデュースは心強いですね。

また、韓国作曲家のオリジナル曲で作詞・レコーディング制作にも参加できます。

韓国芸能事務所の特別レッスンへの参加も可能

K−POPトレーニングアカデミー教育システムへの参加(参加費別途)や、韓国芸能事務所の練習生と同様の韓国式特別レッスンへの参加(面談後に参加が決定)が可能です。

本場韓国の雰囲気も味わうことで更なる成長が見込めます。

韓国芸能事務所への紹介が可能

多数の韓国芸能事務所への紹介や、オーディションの紹介も可能です。

レッスンを重ね実力がつけば憧れの事務所へのアプローチも実現するかもしれません。

夢へのチャンスが広がりますね。

イベント活動やコラボ活動も

K−POPイベントのサポート活動に参加したり、韓国人メンバーとのコラボ活動もあったりと、様々な活動が用意されています。

レッスン以外の活動も勉強になるでしょう。

k-pop新人育成プロジェクトにおすすめの方

このプロジェクトの最大の魅力は「日本国内で本場韓国のK−POPトレーニングを受けることができる」です。

K−POPアイドルになりたい!という熱い想いはもちろん必要ですが、その中でも今回のプロジェクトにおすすめの方をご紹介します。

韓国デビューを目指している

K−POP新人育成プロジェクトの目標は韓国デビューです。

韓国の芸能事務所でも練習生を募集していますが、大手になればなるほど入所するのは狭き門です。

このプロジェクトでは本場韓国のK−POPトレーニングを受けることができるので、実力をつけるには最適です。

実力がつけば今回のプロジェクトから韓国デビューもあるかもしれませんし、韓国芸能事務所への紹介やオーディションの紹介もあるかもしれません。

可能性の幅を広げるためにしっかりとトレーニングをすれば、韓国デビューの夢へ近づくでしょう!

日本でK−POPアイドルを目指したい

K−POPアイドルを目指しているけれど、何もかも置いて韓国へ、という訳にはなかなかいかないですよね。

若ければ若いほど、学業との両立になるでしょう。

K−POP新人育成プロジェクトは日本国内で行われるので、渡韓する必要もなく親御さんも安心ですね。

日本にいながら本場韓国と同レベルのレッスンを受けることができるので、トレーニングシステムにおいても満足できるでしょう。

辛いレッスンもやりぬく自信がある

ハイレベルな歌どダンスが魅力のK−POP。

デビューするような人たちは、何年も辛いレッスンをやり抜いて努力した人たちです。

自分が思うようにできなくて悔しい思いをしたり、人と比べて落ち込んだりということも何度もあると思います。

強いメンタルと体力が必要です。

超難関のK−POPアイドルになるために、そういったことも含めて挑戦できる「自信」も大切でしょう。

K−POPアイドルになりたいけれど未経験

歌やダンスの経験がない人でもチャンスはあります。

オーディションの審査対象は自己PR・歌唱・ダンスの中からの選択制ですし、レッスンのカリキュラムでも初心者可のスタンダードコースからとなっていますので、自己PRで熱い想いをぶつけてみてください。

K−POP新人育成プロジェクトは能力別にレベル編成をしていますので、初心者の場合は基礎から学んで実力をつけることができるでしょう。

k-pop新人育成プロジェクトの流れ

ここでは韓国デビューの夢に向けた、K−POP新人育成プロジェクトの流れについて説明します。

K−POP新人育成オーディション

プロジェクトに参加するためには、オーディションに合格することが必要です。

現在募集しているオーディションの概要をご紹介します。

【K−POP新人育成オーディション】

〈応募資格〉
・11歳〜25歳までの心身ともに健康な男性・女性

〈応募からの流れ〉
1、Ai &Graceのホームページからオーディションに申し込み

2、オーディション
 自己PR、歌唱、ダンスより選択制

3、合否
 合格者は合格者面接

プロジェクトスタート!

デビューまでの流れ

オーディションに合格後、プロジェクトスタートです。

①K−POPダンス・歌唱・韓国語のレッスン(有料・特待制度あり)
・スタンダードコース(初心者可)から能力別にレベル編成を行い、専門家より基礎からプロレベルまで学ぶ 
・有名K−POPインストラクターやアーティストの特別講義の予定あり
・韓国語は、歌で学ぶ韓国語レッスンなど、初級から日常会話までを学ぶ
・日韓音楽業界の理解を深めるため、音楽市場やアーティストの養成過程、K−POPとJ−POPとの違いなどの現状も学ぶ

②国内K−POP専門ホールでステージデビュー

③国内K−POP CDデビュー

④韓国で夢のK−POPデビュー!

事務所紹介

K−POPアイドルを目指している人にとって魅力的なオーディションを開催している【Ai &Grace】はどんな事務所なのでしょうか?

ここでは会社概要や特徴をご紹介します。

会社概要

【Ai &Grace】は1980年に設立された芸能プロダクション「愛企画」の新人育成機関です。

五十嵐めぐみさんや宅麻伸さんなどが所属する「愛企画」の新人開発のセクションとして、敏腕プロデューサーの神品信市さんとともに2018年にAi&Graceが設立されました。

K−POP以外にも様々なジャンルのオーディションが開催されていますし、実際にドラマなどに出演している所属者も多くいます。

K−POP実績

親会社の愛企画には俳優女優が多くK−POPとはイメージが離れていますが、実はK−POP育成プロジェクトから、2019年に「SKY GIRLS‘」が韓国デビューを果たしています。

その実績も活かしながら、現在も韓国デビューを目指してプロジェクトは行われています。

所属者実績

Ai &Graceの所属者は、さまざまな現場で活躍しています。

K−POP以外の場になりますが、同じ表現者として参考にしてみてください。

主な出演作品と出演者をご紹介します。

・ドラマTBS「ドラゴン桜」(2021年)
 大下 芹菜
 影山 徹

・ドラマTBS「リコカツ」
 星 優里奈

・ドラマT V東京「お茶にごす。」
 井出 琉ノ介
 井上 大輔
 中原 れいな
 小倉 宏友

・ドラマTBS「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」
 笑華
 黒宮 煌介

他にも様々なドラマに出演しています。

韓国デビューに向けて一歩踏み出してみましょう

K−POPアイドルは、やはり若い人が有利な世界なのかもしれません。

ですが20代は今までの経験から、スキルがある人もいるでしょう。

その場合は実力が評価されれば合格も夢ではないでしょう。

経験がない場合でも応募しないことには始まらないので、まずは一歩踏み出すことが大切です。

今後また新しいオーディションが開催されるかもしれませんし、何がヒットするかわからない時代。

夢は無くさずに、挑戦し続けていたいですね。

k-pop新人育成プロジェクト-21073
最新情報はツイッターで随時更新中!ぜひフォローして下さい!