個性派タレントオーディション-21069

【TAP Second】20代・30代で個性派マルチタレントオーディションを目指す方へ

最新オーディション情報はこちら

20代・30代でマルチタレントオーディションを目指す方は必見

「個性派マルチタレントオーディション」
通称:個性はタレントオーディションと呼ばれるこのオーディションについて概要を紹介していきます。

マルチに活躍できるタレントを目指したい人には、必見の内容になっていますので、ぜひ読んでみてください!

関連情報
タレントオーディション最新情報はこちら

個性派タレントオーディション概要

応募資格

・年齢制限 6歳から70歳まで
・性別 男女問わず応募可能
・応募ジャンル オールジャンル(お笑い、タレント、俳優、女優、声優、歌手、 モデルなど) 
・その他 心身ともに健康な方
・特定のプロダクションと契約していない方

※未経験者大歓迎のオーディションです!

応募方法

公式ホームページの「オーディション申込フォーム」から必要事項を入力し送信

必要事項(必須項目のみ抜粋)
・参加希望オーディション
・氏名
・フリガナ
・住所
・携帯電話
・E-mail
・生年月日
・性別
・応募のきっかけ

必須項目だけご紹介しましたが、これらをスマートフォンやパソコンから入力し送信するだけなのでとても簡単です。

個性派タレントオーディションにおすすめの方

個性派マルチタレントオーディションに向いている人とはどんな人でしょうか?

こんな人はおすすめできる!
そんな具体例をここからご紹介していきます。

20代、30代の人

個性派マルチタレントオーディションは、受付の年齢が広いことからもわかるとおり、
幅広い世代におすすめできるオーディションですが、特に20代、30代の人におすすめです。

例えば
・学校に行きながらタレントを目指したい学生
・普通の企業に務めているけどタレントの道を諦めたくない人   などなど

未経験者でも経験豊富な講師陣からの実践的なレッスンを受けることができるため、
非常におすすめできるオーディションなのです。

映画出演の可能性も

「事務所紹介」のところで詳しく紹介していますが、
タップセカンドは、オフィス北野の生まれ変わりとなる芸能事務所TAPの新人養成機関です。

つまり、本命のタレントだけでなく俳優や女優のマネジメントにも得意ということなのです。

実際、オフィス北野から発信された映像作品に、多くのタレントやお笑い芸人が出演しています。

タレントだけをやりたいという人はもちろん、
俳優業や女優業などでも活躍していきたいという人に、非常におすすめできるといえます。

仕事や学校との両立

20代、30代で芸能界を目指したい時、仕事や学校など今メインとしているものがある人にとっては、
それらとの両立は悩みの種だと思います….。

しかし、個性派マルチタレントオーディションを開催しているタップセカンドは、
その点も心配ありません!

公式のQ&Aによると…。
Q.仕事・学業と両立できますか?
A.もちろん出来ます!ご自身のご都合に合わせてレッスン、現場案件をしていただきます。
実際にお仕事をされている方や学生の方も両立して活動しています。

このように既に実績があるというのは非常に安心感がありますよね。
タップセカンドは、仕事や学校との両立を心配することなくチャレンジすることができるのです。

チャレンジが大切

とにかくチャレンジすることが大切です!

先ほどご紹介した内容のとおり、
個性派マルチタレントオーディションは、どんな年代にも幅広くチャンスがあり、
その先の活躍可能性も幅広いオーディションです。

あなたの夢への第一歩にぜひチャレンジしてみましょう!

個性派タレントオーディションの流れ

オーディション全体のイメージを持てているかどうかは、オーディションを受けるうえで非常に大切です。

そこで!

個性派マルチタレントオーディションとは、どんなことをするのか。
合格後のレッスンなどはどうなっているのか。 など

こういった疑問を個性派マルチタレントオーディションの流れと合わせて紹介していきます。

実際の流れ

①応募 
専用の応募フォームより応募。

②受付
応募後、スタッフより電話またはメールにてオーディションの詳細の連絡が来る。
些細なことでも、不明な点はこの段階で聞くことができる。

③審査
オーディションは、自己PRと課題実技、簡単な質疑応答によって行われます。
合格者へは、事務局より合格の連絡および合格通知が送付されます。

④合格
今後のスケジュール、活動内容を話し合います。

⑤宣材写真撮影・レッスン開始
宣材写真を撮影し、レッスンに移っていきます。
プロの現場で活躍出来る所属者を育成する為、ジャンルごとに専門コースが全6つ設置されています。

合格後はまず宣材写真

タレントといえば、テレビ番組でもよく紹介に使用されている宣材写真が必要になります。

宣材写真は、何かのオーディションや売り込みをする際に必要なプロフィール写真です。

合格後は、まずレッスンの前にプロのカメラマンによるプロフィール作成を行います。
担当スタッフと宣材写真撮影の日程を決め、すぐにでも売り込みができる準備に取り掛かかるのです。

レッスンについて

合格後のレッスンは希望に沿って自分の伸ばしたいコースでレッスンを受講できます。
内容も、あなたの成長へ直結できるようなカリキュラムとなっています。

〇芸人・タレントコース
芸人・タレントコースでは、バラエティー番組で活躍する為に必要なスキルを身につける為のレッスンを行います。発声や活舌などの基礎練習。タレントには表現力も必要なので、演技練習で表現力の幅も広げます。
また、バラエティー番組の練習として模擬番組も制作しMC力、トーク術などのタレントとして必要なスキルも勉強していきます。

〇声優・ナレーションコース
声優・ナレーションコースでは、声優に必要な活舌・早口言葉などの基礎レッスンを行い、実際にアニメ、洋画などの映像を使用し声を当てていく、アテレコレッスンが中心になります。
また、声を使った仕事の代名詞とも言える、ナレーターとしても活躍出来る声優になるためにナレーションレッスンも行います。

 

このほかにも次のようなコースが用意されています。

〇俳優・女優コース
〇子役コース
〇ミドルコース
〇アーティストコース

 

自分の目標に合ったコースを選ぶことができ、実践的な内容のレッスンも多いことが魅力です。
合格後は、夢に向かって担当者と相談をしながら自分の将来に合ったレッスンを選んでいきましょう!

現場体験やレベルチェックオーディション

・現場経験
タップセカンドの所属者は、レッスンと並行して現場経験も行います。
事務所マネージャーから様々な現場案件が届き、タップセカンド所属の状態でもドラマ、映画、CMなどに出演することが可能なのです。

また、事務所が主催しイベントや劇団公演なども定期的に行っています。
実践経験を積める場面を多く提供してくれるのもタップセカンドの魅力です。

・レベルチェックオーディション
タップセカンドは年に2回(5月、11月)、レベルチェックオーディションを開催しています。
レベルチェックオーディションでは、レッスンや現場経験での成果を見せることができる機会となっています。

審査員は第一線で活躍されている方を招き、
芸能事務所TAPへや大手芸能事務所への所属のチャンスにも繋がるオーディションとなっているのです。

事務所紹介

ここまで、個性派マルチタレントオーディションについて紹介をしてきましたが、
最後にオーディションを開催しているタップセカンドという事務所自体についてどんなところなのか、詳しく紹介します。

タップセカンドとはどんなところ?

タップセカンドは、オフィス北野から生まれ変わった芸能事務所である「TAP」の新人育成機関です。

オフィス北野といえば、あのビートたけしを筆頭に様々なエンターテイメントを生み出し続けている事務所ですよね。

そんなTAPの新人養成機関であるタップセカンドでは、

・技術を身につける「レッスン」
・実践経験を身につける「現場経験」

この2つを同時進行で行うことを基本としています。

また、自分に合ったレベルで同じ目標の仲間と学びあえる環境が整っているのも特徴です。

技術は身に付けるだけでなく発揮する場面が重要という考え方で、
経験豊富な講師陣を招いてのレッスンに加え、撮影現場体験や多数イベントも用意されています。

プロの現場で通用するカリキュラムでタレントデビューへ、
強力にサポートしてくれる事務所といえるのがタップセカンドなのです。

芸能事務所TAP

タップセカンドの大元の芸能事務所であるTAPについても、どんな芸能事務所か紹介しておきます。

TAPは2020年に、オフィス北野設立33年周年を機に事務所名を株式会社TAPと変更しました。

お笑い芸人である”つまみ枝豆”が代表を務めており、
現在は退社しているビートたけしも取締役に名前を残しています。

事務所名である”TAP”は、ビートたけしの特技であるタップダンスが由来しているようです。

代表など運営のトップが芸能人ということもあり、安心感のある芸能事務所といえるでしょう。

・所属者
つまみ枝豆
ガダルカナル・タカ
松尾伴内
ダンカン
ラッシャー板前
グレート義太夫
井手らっきょ
水道橋博士  などほか多

所属者についても、経験豊富なたけし軍団のメンツはもちろん、他にも多数の所属者がいる大手芸能事務所です。

タップセカンドの会社概要

会社名
TAP SECOND(タップセカンド)

代表・理事長
青木隆彦
(お笑い芸人:つまみ枝豆)

所在地
〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-2 グラディート汐留2F

設立
2020年7月

タップセカンド所属者の口コミ

takafumizaitsu
所属事務所のホームページに いつのまにか載っていました
#リコカツ#タップセカンド #オフィス北野 #財津力也

 

tap_second
2021年スタートしました🎍明けましておめでとうございます🌅田端幸代です🎬今年はたくさん特技を身につけて、いろいろな事に挑戦して行きたいです✨皆様、応援📣よろしくお願いします💘

 

昨日は、
たけし軍団の事務所のタップセカンドの面談に行った。
芸能スクールの説明を受けた。
令和3年4月から、
芸能スクールに通います。
金曜日の夜コースです。
一緒になる人、宜しくお願いします。
#タップセカンド
#たけし軍団

 

個性派タレントオーディション-21069
最新情報はツイッターで随時更新中!ぜひフォローして下さい!