ミドルオーディション エキストラ

【ミドルオーディション〜エキストラ編〜】30代,40代,50代でエキストラを目指す方へ

ミドル層向け(30代,40代,50代)のエキストラオーディションはあるのか?

「10〜20代なら重宝されるだろうけど、30超えてる人は需要あるのかな?」

ミドル層の方ならそう考えるかと思いますが、巷では年齢制限を特に設けていないことが多いです。

こちらでは、30代〜50代のミドルの方でも可能なエントリー方法をまとめました。

「どこから入ればいいのかわからない」

「そもそもエキストラのことがよくわからない」

そういう方は是非参考にしてみてください。

関連情報
俳優・女優オーディション最新情報はこちら

ミドル世代でもエキストラ需要は豊富

エキストラと聞くと、ドラマなどの表舞台のお仕事として連想できる事から…

「若い人がやるような仕事」「30代とかはあまりやっていなさそう」、なんていうイメージを持たれやすい仕事だと思います。

しかし、実際はそんなことはありません。

エキストラにも、一口でドラマと言ってもあらゆるシーンを想定する場合もあり、中には寧ろ、30代以降の方に需要が向く場合もあります。

会社の会議のワンシーンを撮影する場合に、あどけなさの残る若者が会議の席にポツンといるのは違和感がありますよね。

ストーリーのある登場人物ならまだしも、エキストラとして考えたら、その場でアウェイになってしまうのは容易に想像できます。

こういった面から、エキストラは若者に限らず、ミドル世代にも需要があるといえます!

それでは、次からはエキストラになるための方法として何があるのかを、順に追ってお話ししていきますね。

エキストラ事務所のHPからエントリーする

個別のプロダクションのHPからエキストラメンバーとしてエントリーする方法です。

エキストラ専門のプロダクションのほとんどでは「エキストラ登録フォーム」が設けられており、簡単に登録申請ができます。

各プロダクションによって会費が発生する物やしない物があるので、登録する場合はよく確認する必要があります。

事務所というのは、他事務所との複数契約不可な場合が多いですが、エキストラ専門プロダクションの場合は併用登録が許されている場所が多いです。

そのため、複数のプロダクションに登録してお仕事を待つ、なんていうことも可能です。

メディアや求人サイト等のエキストラ一般募集から応募

求人誌・求人サイトや、TV局などのメディアがエキストラを募っている場合もあります。

こちらは上のような登録制ではなく単発になるので、気軽に1度、エキストラを体験してみたい方におすすめの方法です。

ストイックな方なら、上の方法で登録をしておいて、プロダクションのお仕事を待ちつつ、こちらでも積極的に仕事を探すのもいい手段ですね。

芸能事務所のエキストラ一般オーディションから応募

時々、モデルや芸能のプロダクションでもエキストラを募っていることもあります。

気になる事務所がすでにあり、エキストラの募集を呼びかけている場合はそちらで門を叩いてみるのもアリでしょう。

しかし、エキストラ専門とは違い、芸能事務所の管轄になってしまうので契約関係の管理が難しくなる恐れがあります。

もし、この方法に興味がある場合は一度そのプロダクションをよく調べておくとよいでしょう。

ミドル層向け(30代、40代、50代)のエキストラを実施しているプロダクション例

募集形態がどんな形か理解した上で、こちらでは、募集を実施しているプロダクション例をご紹介していきます。

ミドル層の方はもちろん、過去実績の充分なプロダクションをこちらで厳選しました。

応募場所の目処がまだ立っていない方や、これから探そうと思っている方も、是非ご参考ください。

ティーアッププロモーション

今注目される新進気鋭の芸能プロダクションです。

担当番組として「世にも奇妙な物語」「相棒」など有名なドラマや番組にも携わっています。

芸能プロダクションではありますが、エキストラ登録の部門とは区分けされているので、

エキストラ派遣に関しては複数の登録は可能です。

登録に必要な条件:年齢・性別不問。都内近郊在住の方。 

推奨:経験者優遇

CASTY

フジテレビ系列の連続ドラマでのキャスティングを担当しているプロダクションです。

登録料は3000円。謝礼付きの他にボランティア開催の募集も多いようです。

ドラマ作りに携わりたい、積極的にエキストラのお仕事をやってみたい方におすすめです。

登録に必要な条件:特になし。

推奨:都内アクセスが容易な方。

古賀プロダクション

「エキストラ派遣最大手」を掲げる、指折りの大手プロダクションの1つです。

番組観客、ドラマエキストラ、ペットのエキストラなど、取り扱っているジャンルが多岐に渡ります。

登録料は1500円。しっかりとした場所でいろいろなエキストラ経験をしたい方におすすめです。

登録に必要な条件:16歳以上の男女

推奨:都内アクセスが容易な方。

芸優

芸能関係の老舗であり大手のプロダクションとして数えられている1つです。

エキストラを募る「エキストラ部」の他に、俳優部門などもあり、幅広い分野で芸能に携わっています。

並行して俳優のレッスンも行っているなど、一見芸能スクールのような面もありますが、

「エキストラ部」とはしっかり区分けされており、他のエキストラ派遣と同じく並行して登録することが可能です。

優秀なエキストラには事務所移籍のチャンスも用意されているので、将来俳優を視野に考えている方に強くおすすめです。

登録料は500円。

登録に必要な条件:東京都近郊在住。16歳以上の男女。

クロキプロ

こちらも老舗プロダクションの1つに数えられます。

元々俳優事務所から始まっている会社でもあります。

NHK連続テレビ小説、時代劇など、硬派なジャンルの募集が多い印象です。

本格ドラマのエキストラの仕事が欲しい方は絶対に抑えておきたいですね。

登録料:通常3000円(2021年6月現在、登録料が1000円のキャンペーンが継続中です。)

登録に必要な条件:都内近郊に在住。16歳以上の男女。

ミドル層向け(30代,40代,50代)のエキストラオーディションからデビューすることは出来るのか?

ミドル層がエキストラ俳優として本当にデビューできるのか。

正直言って不安だという方も多いと思います。

結論をここで言ってしまうならば、可能です!

そこでこの見出しでは、

・ミドル層の方がエキストラに臨むに当たって、必要な心構え

・エキストラから著名な俳優へと上り詰めた過去の成功事例

などをご紹介していきます。

新しいことへ挑戦する方への勇気付けになれば幸いです。

自然な演技を心がける

エキストラとしてマストなのは「自然な演技」です。

エキストラとしてデビューし、色んなシーンで使ってもらうためにはコレをクリアする必要があります。

葬式では人を悼む演技、原宿の街中ではヤンチャな若者の演技、競技の試合では真剣な演技などです。

まずはココをしっかりと抑えつつ、似通ったジャンルの映画やドラマを確認して表現力を高めておくのも効果的でしょう。

体力・集中力の勝負

エキストラのお仕事は、平均で、5〜8時間と、1度の拘束時間がとても長いことで有名です。

さらにスケジュール通りに進まないことも多いため、非常に集中力と体力が試されます。

体の強さに自信のない方や、予定を合わせるのが難しい立場の方がエキストラをする場合、

トラブル回避のためにも、しっかりと頭に入れておく必要がありそうです。

年相応の身嗜みを意識する

番組を携わる大人の方や人に触れる機会も多いので、社会人のマナーとしてしっかりと抑えておきましょう。

その他にも、身嗜みは「この人は自分を客観的に見られているかどうか」を測る材料にもなります。

後々、エキストラでたくさん仕事をしたい、俳優業も視野に入れたい、なんていう方はこの面でもしっかり気をつけておきましょう。

エキストラから役者デビューも?

プロダクションの中でも、俳優を並行で扱っていたり、育てるスクールを設けている場所もあります。

順調にエキストラとしてのキャリアを積んでいって、ある日に「俳優として所属してみない?」なんてお声かけをもらえることもあります!

「いつか、セリフのしっかりある役柄で演技してみたい」と思っている方にとっては夢のある話ですよね。

ちなみに、著名な方で例をあげると、1990年代にトレンディ俳優としてブレイクした唐沢寿明さんに、タレントとしても活躍中のつるの剛士さんなどがいます。

人生はどうなるかわからないものですね…。

ミドル層向け(30代,40代,50代)のエキストラオーディションを受けるときの注意点

最後に、初めてエキストラプロダクションにエントリーする際の注意点をご紹介します。

下調べなしで現地に行って、想定外のトラブルに巻き込まれる例も少なくありません。

後から大きな後悔を残ったりする結果に陥らないためにも、こちらは留意しておきたいポイントです。

是非、最後までご覧ください。

プロダクションの下調べはしっかりと

どんな場合の契約時にも言えることですが、その事務所が自分のビジョンにあった活動内容やシステムであることを事前にしっかり確認しておきましょう。

登録した後に、「思った形とは違う」「そんなの知らなかった」となってしまうと時間もお金も勿体ないです。

トラブル回避のために、ここは抑えておきましょう。

契約・給料形態は要確認!

エキストラは派遣先によって、謝礼金のあるものや無い物、謝礼がドラマ・番組関連グッズのものなど形態が多数あります。

交通費の有無もまばらなので、報酬金を生活の支えにしようと考えている方は注意が必要です。

衣装は基本的に自前

エキストラとしての衣装は、基本的に自前です。

来てきた服装1つで終わることもありますが、複数のパターンの服装を要求される場合もあります。

事前にある程度指定がもらえますが、日頃から複数パターンの服装を備えておく必要があります。

私服のレパートリーに自信がない方は、着る種類を増やす、衣服店にいく機会を増やすなど、工夫が必要になってきそうです。

 

ミドルオーディション エキストラ
最新情報はツイッターで随時更新中!ぜひフォローして下さい!