ミドル層向けタレントオーディション

【ミドルオーディション〜タレント編〜】30代,40代,50代でタレントを目指す方へ

ミドル層向け(30代,40代,50代)のタレントオーディションからデビューすることは出来るのか?

タレントになりたい!
でも、年齢が….。

この記事は、そんな悩みを抱える30代、40代、50代のタレントを目指したい人が、
夢への一歩を踏み出せる情報を紹介しています!

実際どんな内容を紹介しているのかというと…。

・ミドル層向けのタレントオーディションはあるのか
・ミドル層向けのタレントオーディションを実施しているプロダクションはどこか
・ミドル層向けのタレントオーディションからデビューすることはできるのか
・ミドル層向けのタレントオーディションを受けるときの注意点

このように30代、40代、50代からでも夢をつかめる裏付けとなる情報を紹介しているのです。
今のあなたに必要な情報を厳選しています。
ぜひ最後まで読んでみてください!

まずは、ミドル層向け(30代、40代、50代)のタレントオーディションはあるのかを紹介していきます。

30代・40代・50代特別オーディション(キャストパワーネクスト)

キャストパワーネクストというと、芸能プロダクション「キャストパワー」の養成機関です。
キャストパワーには大島さと子さんや遠野なぎこさんなど、ドラマにも出演する女優が多く所属しています。

そんなキャストパワーの養成機関であるキャストパワーネクストは、
「30代・40代・50代特別オーディション」というオーディションを開催しています。

タイトルを見ただけでもわかるとおり、まさにミドル層に特化した内容のオーディションを開催してくれているのです。

応募資格
30歳~59歳の心身ともに健康な男女(経験不問)

このオーディションには特待生という制度もあります。
特待生はレッスン費用の免除だけでなく、優先的にデビューができるといった特典もあるのです。

ミドル層向けであり、応募資格もシンプルかつ経験不問となっていて非常にオススメです。
まずはこのオーディションを目標にしてみても良いかもしれません。

詳細は、公式ホームページをチェック!
また、バックステージでも特集しているページがありますので併せて確認しておきましょう!

新人オーディション(タップセカンド)

応募資格
6歳~65歳までの心身ともに健康な男女

募集ジャンル
タレント、女優・俳優、お笑い、声優、歌手

こちらは若い人からミドル層、シニアまで挑戦可能なタップセカンドの新人募集オーディションです。

タップセカンドは、オフィス北野の生まれ変わりである芸能プロダクション「TAP」の新人養成機関です。
実績もきちんとある芸能プロダクションなので、実践的な内容を安心して学ぶことができます。

応募方法や特典など、詳細については公式ホームページを確認してみてください!

ツインプラネットオーディション(ツインプラネット)

応募資格
年齢制限なし
芸能事務所に所属していない方

応募ジャンル
タレント、モデル、女優俳優、歌手、アイドル、声優

ツインプラネットは、鈴木奈々や小森純、ぺえなど個性的なタレントが多く所属している芸能プロダクションです。

さらにこのオーディションは、「応募者全員面談」や「全国3都市での開催」など参加者にとってかなり嬉しい内容となっています。

タレントになりたい方なら、年齢関係なく応募できるため、ぜひ挑戦しておきたいタレントオーディションと言えます。

シニアタレントクラス オーディション(日ナレ学院)

応募資格
36~80歳くらいまでの心身共に健康な方

テレビ局としても有名な「日本テレビ」が運営している 「日テレ学院」のシニアタレントオーディションです。

シニアという名前にはなっていますが、ミドル層もカバーしたオススメオーディションです。

演技のレッスンや本人の自分らしさを磨く特別講習なども用意されており充実しています。
また、レッスンも時間を自分で選べるものもあり柔軟な対応が特徴です。

なんと、レッスン自体は体験もできるので、まずは挑戦してみましょう!

ミドル層向け(30代、40代、50代)のタレントオーディションを実施しているプロダクション例

先ほどはミドル層向けタレントオーディションの一例を紹介しました。

ただ、最新情報をゲットするためには…

・どの芸能プロダクションがミドル層向けのタレントオーディションを開催しているのか
・過去にミドル層向けのオーディションを開催したことがある芸能プロダクションはどこなのか

これらを知っておくことが、最新情報のゲットにつながります。

そこで、ここからはミドル層向け(30代、40代、50代)のタレントオーディションを開催している芸能プロダクションを、
実例をもとにピックアップし紹介していきます。

主なミドル層向けタレントオーディション実施プロダクション

ミドル層向けのタレントオーディションを実施している芸能プロダクションの中で、
オススメといえる芸能プロダクションは次のとおりです。

・キャストパワーネクスト
・タップセカンド
・ツインプラネット
・アヴィラステージ
・テアトルアカデミー
・ワイスター

これらの芸能プロダクションは、ミドル世代に特化した内容のオーディションや
応募資格の年齢幅が広いため非常にオススメです。

バックステージでも特集した内容がありますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

ミドル層向け(30代,40代,50代)のタレントオーディションからデビューすることは出来るのか?

ミドル層向け(30代、40代、50代)のタレントオーディションから、
本当にデビューまでたどり着くことはできるのか不安は残ると思います。

安心してください。
ちゃんとできます。

とはいっても、そう言われただけではなかなかイメージしづらいですよね。

これに関しては、実際に今活躍されている方を知っていただくのがわかりやすいと思いますので、
まずは、現役で活躍されているタレントさんを紹介していきます。

ミドル層から活躍しているタレント

一番有名なのは、やはり吉田羊さんではないでしょうか。

30歳を過ぎてから舞台を見に来た方をきっかけに映画デビューを果たし、現在はドラマやCMにも多数出演されています。
このように実際30代以上でデビューされ活躍されている方もいるのです。

また、松本まりかさんなど「遅咲き」と呼ばれる方々もいます。
デビュー自体は早いですがヒットした役との出会いが遅い方々で、デビューから20年以上かかって売れたという人もいるのです。

これは売れるまでに、ただ時間がかかっただけという見方もありますが、
それだけでなく、”その人の魅力が生かせる年齢まで売れなかった”とも言えます。

つまり、あなたの今までの人生経験を活かし、自分の魅力にうまくつなげることができれば
デビューと同時に売れることも夢ではないことの証明でもあるのです。

あなたが咲くのは今かもしれません

デビューの時期は人それぞれで、早くデビューしても売れない人も居れば、デビューと同時にものすごく売れる人もいます。

先ほど紹介したように、あなたの魅力があなたの年齢相応であるかがカギとなる場合が多いのです。

つまり、現在の年齢や今までの経験をもとに、あなたの魅力をきちんとアピールできれば、
オーディション合格や芸能プロダクションへの所属だけでなく、その先のデビューについても期待が持てるのです。

オーデイションに合格できればきちんとレッスンも受けられ、魅力がさらに花開いていくことは間違いないでしょう。

チャンスを逃さないためにも、今だと思たらためらわず挑戦することもミドル層には大切なのです!

ミドル層向け(30代,40代,50代)のタレントオーディションを受けるときの注意点

ここまでは、ミドル層からのタレントデビューに関して、
「本当に実現可能なのか?」というような疑問を解決してきました。

ここからは、疑問の解決ではなく実際にタレントオーディションを受ける場合に役立つ実践的な内容をご紹介します。

タレントとしてデビューを目指すなら、どんなものであれまずはオーディションを通過しなければなりません。
そこで、ミドル層(30代、40代、50代)がタレントオーディションで気を付けておきたい点を具体的にお伝えします。

礼儀など社会人としてのマナー

若い人は、その若さを生かし勢いをアピールすることが好印象につながります。

ただ、あなたが審査員で30代、40代、50代のオーディション参加者が勢いだけをアピールしてきた場合、どのような印象を持つでしょう。

「今まで何をしてきたのかな?」

このような疑問を持つでしょうし、この疑問に色々な意味が集約されるのではでしょうか。

社会人経験があるだろう30代、40代、50代には礼儀正しさや社会人としてのマナーがきちんとしていることが、
ベースの能力として見られるのです。

逆にいうと、礼儀やマナーができているということは、若年層の人と争うようなオーディションの場合に、
あなたの強みに変わります。
これは、若い人がどんなに優秀であったとしても、学びや想像だけで経験を上回ることが非常に難しいためです。

礼儀やマナーを確実にしておくことで、審査員の印象を悪くしないだけでなく、
場合によっては魅力としてアピールすることもできるということなのです。

方向性を明確に

タレントと一口にいっても、その仕事は幅広いものです。
演技をメインにしたり、バラエティーやモデル、場合によっては声優など多種多様な場で活躍のチャンスがあります。

ただ、オーディションを受ける段階では方向性を絞ることが重要と言えます。

若い人が「何でもやりたい」と言うのとミドル層(30代、40代、50代)が「何でもやりたい」というのでは印象が違います。

若い人であれば、チャレンジ精神をアピールできますが、
ミドル層が同じことを言っても”槍値ことが決まっていないだけなのでは?”
とマイナスの印象になってします可能性があるのです。

タレントになった後、あれもこれもやってみたいと思う気持ちはわかります。
しかし、オーディションの時はぐっとこらえ、やりたいことの中でも特にやりたいと思っているもの1つを主張しましょう。

幅を広げていくのはタレントとしてデビューしてからでも全然遅くありません。
マルチタレントと言われる人達も最初はみんなマルチタレントではないのです。

とにかくまずは、目の前のタレントオーディションに集中し、合格を勝ち取ることを考えてください!
あなたの夢はそこから現実に変わります。

 

ミドル層向けタレントオーディション
最新情報をチェックしよう!