【ミドルオーディション〜女優編〜】30代,40代,50代で女優を目指す方は必見

最新オーディション情報はこちら

ミドル層向け(30代,40代,50代)の女優オーディションはあるのか?

「女優になりたいけど、今からでもなれるの?」
「女優オーディションを受けるには、もう遅いのでは?」
「夢はあるけどミドル層だからあきらめるしかないかな….。」

そんなふうに思っている、30代、40代、50代のみなさん!
そんなことはありません!

この記事では、ミドル層である30代、40代、50代から女優を目指したい人のために、
次のような情報を紹介しています。

・ミドル層向けのオーディションはあるのか
・ミドル層向けの女優オーディションを実施しているプロダクションはどこか
・ミドル層向けの女優オーディションからデビューすることはできるのか
・ミドル層向けの女優オーディションを受けるときの注意点

これから女優を目指したい人には必見の情報ですので、ぜひ最後まで読んでみてください!

それではまず、ミドル層向け(30代、40代、50代)の女優オーディションはあるのかというところからチェックしていきましょう!

関連情報
俳優・女優オーディション最新情報はこちら

 

 

意外と挑戦できる女優オーディションはある

今からでも挑戦できる女優オーディションは”あります!”

そもそも、30代、40代、50代が対象となる女優オーディション自体がないのでは?
と心配されている方も多いと思いますが、実は意外と開催されています。
もちろん、もっと若い世代に比べれば開催される女優オーディションの数は少ないですが、チャンスは確実にあるので安心してください。

ただ、実際どんなものがあるのか見てみないと、実感もわかないと思います。

そこで、どのような女優オーディションがあるのか実例を紹介していこうと思います。

30代・40代・50代特別オーディション(キャストパワーネクスト)

応募資格

30歳~59歳の心身ともに健康な男女(経験不問)

キャストパワーネクストは、芸能プロダクション「キャストパワー」の養成機関です。
キャストパワーには大島さと子さんや遠野なぎこさんなど、ドラマにも出演する女優が多く所属しています。

オーディションタイトルを見ただけでもわかるとおり、
まさにミドル層に特化した内容のオーディションを開催してくれているのです。

さらに、このオーディションには特待生という制度もあります。
もし、特待生になれればなんとレッスン費用が免除になるだけでなく、優先的にデビューができるといった特典もあるのです。

詳細は、公式ホームページをチェック!
また、バックステージでも特集しているページがありますので併せて確認しておきましょう!

セカンドキャリアオーディション(タップセカンド)

タップセカンドは、オフィス北野の生まれ変わりである芸能プロダクション「TAP」の新人養成機関です。

タップセカンドでミドル層をターゲットにしているオーディションがこちらのセカンドキャリアオーディションです。

応募資格

40歳~59歳までの心身ともに健康な男女

募集ジャンル

女優・俳優

ただ、これだと30代は応募できませんよね?
大丈夫です。
さらにに広い範囲で応募をしているオーディションもありますのでチェックしてみてください。
こちらは若い人からミドル層、シニアまで挑戦可能なタップセカンドの新人募集オーディションです。

応募資格

6歳~65歳までの心身ともに健康な男女

募集ジャンル

女優・俳優、タレント、お笑い、声優、歌手

応募方法や特典など、詳細については公式ホームページを確認してみてください!

紹介した以外にも!

ここでお伝えしているのは1例です。 30代、40代、50代が挑戦できるミドル層向けの女優オーディションは他にも多く開催されています。

バックステージではリアルタイムな情報を配信していますので、オーディション情報も欠かさずチェックしてみてください。 きっとあなたに合う女優オーディションがあるはずです。

ミドル層向け(30代、40代、50代)の女優オーディションを実施しているプロダクション例

女優オーディションは常に開催されつ続けている常l時オーディションばかりではありません。

最新情報をゲットするには、どの芸能プロダクションがミドル世代向けの女優オーディションを開催しているのか、
または過去に開催したことがあるのかを知っておくことが、最新情報のゲットにつながります。

そこで、ここではミドル層向け(30代、40代、50代)の女優オーディションを開催しているプロダクションを、実例をもとにピックアップし紹介していきます。

主なミドル層向け女優オーディション実施プロダクション

ミドル層向けの女優オーディションを開催している芸能プロダクションの中で、
例として挙げられてオススメプロダクションは次のとおりです。

・キャストパワーネクスト
・タップセカンド
・ツインプラネット
・アヴィラステージ
・テアトルアカデミー
・ワイスター

これらの芸能プロダクションは、ミドル世代に特化した内容のオーディションや
応募資格の年齢幅が広いため非常にオススメです。

バックステージでも特集した内容がありますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

オススメする理由

もちろん、ここで紹介した芸能プロダクション以外にもミドル層向けのオーディションを開催しているプロダクションはあります。
ただ、なぜ先ほどの芸能プロダクションに絞ってオススメをしているかというと….。

・定期的なミドル向けオーディションの開催
・ミドル層の所属者数

この2つが気な理由です。

定期的なチャンス、そして所属者の実績が重要なのです。

興味がある方は、まずは先ほど紹介した芸能プロダクションから調べてみて、自分の夢を叶えるための近道となるかどうか考えてみてください。

ミドル層向け(30代,40代,50代)の女優オーディションからデビューすることは出来るのか?

ここまで紹介した内容を読んでいただいた方は、30代、40代、50代からの女優デビューに対して期待をもっていただけている思います。

ただ、実際にミドル層から女優業を始め今現在活躍できている人がいるのかというのは、不安や疑問として残ることでしょう。

女優を目指す上での不安材料は、ここで解決させていただきます。実際どんな方が、どんな風に今活躍されているかを見ていただくことで、不安が安心や自信に変わるはずです。

ミドル層から女優として輝いている先輩

一番有名なのは、やはり吉田羊さんではないでしょうか。

30歳を過ぎてから舞台を見に来た方をきっかけに映画デビューを果たし、現在はドラマやCMにも多数出演されています。

このように実際30代以上でデビューされ活躍されている方もいるのです。

また、松本まりかさんなど「遅咲き女優」と呼ばれる方々もいます。

デビュー自体は早いですがヒットした役との出会いが遅い方々で、デビューから20年以上かかって売れたという人もいるのです。

これは売れるまでに、ただ時間がかかっただけという見方もありますが、それだけでなく、”その人の魅力が生かせる年齢まで売れなかった”とも言えます。

つまり、あなたの今までの人生経験を活かし、自分の魅力にうまくつなげることができればデビューと同時に売れることも夢ではないことの証明でもあるのです。

チャンスは人それぞれ

早くデビューしても売れない人も居れば、デビューと同時にものすごく売れる人もいます。

先ほど紹介したように、あなたの魅力があなたの年齢相応であるかがカギとなる場合が多いのです。

つまり、そのポイントさえ最低限押さえてオーディションに挑めば芸能プロダクションへの所属だけでなく、その先のデビューについても大きなアドバンテージとすることができるのです。

ミドル層向け(30代,40代,50代)の女優オーディションを受けるときの注意点

最後は実践的な内容をご紹介します。

女優としてデビューを考えるなら、まずはオーディションを通過しなければなりません。

そこで、ミドル層(30代、40代、50代)がオーディションで気を付けておきたい点を具体的にお伝えします。

礼儀など社会人としてのマナー

若い人は勢いをアピールすることが好印象につながります。

ただ、あなたが審査員で30代、40代、50代のオーディション参加者が勢いだけをアピールしてきた場合、どのような印象を持つでしょう。

「今まで何をしてきたのかな?」

このような疑問を持つでしょうし、この疑問に色々な意味が集約されるのではでしょうか。

社会人経験があるだろう30代、40代、50代には礼儀正しさや社会人としてのマナーがきちんとしていることがベースの能力として見られるのです。

逆にいうと、礼儀やマナーができているということは、若年層の人と争うようなオーディションの場合に、あなたの強みに変わります。

これは、若い人がどんなに優秀であったとしても、学びや想像だけで経験を上回ることが非常に難しいためです。

礼儀やマナーを確実にしておくことで、審査員の印象を悪くしないだけでなく、場合によっては魅力としてアピールすることもできるということなのです。

応募資格から有利に

応募資格には年齢の範囲がありますよね。

40歳までという応募資格の女優オーディションで40歳の方が応募した場合、もちろん応募資格は満たしています。

ただ、それは有利な状況といえるでしょうか?

この場合、どうしても受けたいオーディションであれば別ですが、あなたが30歳なら40歳以上まで、40歳なら50歳までといったように

自分の年齢より少し余裕のある女優オーディションを受けた方が、有利に進めることができます。

数を打って当てようという気持ちも分かりますが、可能性の薄いものは排除しつつ多くの女優オーディションに挑んでいきましょう。

時間には限りがあります。

応募資格の内容をしっかり確認したうえで、効率的かつ有利に進めることができるオーディションを受けることが、チャンスをつかむための鍵になるのです。

 

最新情報をチェックしよう!