シニアタレントオーディション

【シニアオーディション〜タレント編〜】50代,60代,70代でタレントを目指す方へ

シニア層向け(50代,60代,70代)のタレントオーディションはあるのか?

なりたいと思っていたけど、今からでもタレントになれるだろうか….。
第二の人生にタレントとして輝きたい!

そんなシニア層(50代、60代、70代)へ向けこの記事では、次の情報を紹介しています。

・シニア層向け(50代,60代,70代)のタレントオーディションはあるのか?
・シニア層向け(50代、60代、70代)のタレントオーディションを実施しているプロダクション例
・シニア層向け(50代,60代,70代)のタレントオーディションからデビューすることは出来るのか?
・シニア層向け(50代,60代,70代)のタレントオーディションを受けるときの注意点

実は今、50代、60代、70代からタレントを目指す方は少なくありません。
ぜひ一緒に第二の人生の夢をつかみに行きましょう!

まずは、そもそもシニア層(50代、60代、70代)向けのタレントオーディションが開催されているのかを紹介していきます。

エース演技研究所オーディション(プロダクションエース)

応募資格
やる気のある男女
アダルト関連の仕事をしていない事
年齢・身長・体重の制限なし
未経験大歓迎

ちょっと他のオーディションとは毛色が違い応募資格や求める人材像もユニークです。
シニア層でも「特技を生かしたい」 「楽しい仕事がしたい」
そんな活き活きできる”何か”を探している方にオススメのオーディションと言えます!

シニアタレントクラス オーディション(日ナレ学院)

応募資格
36~80歳くらいまでの心身共に健康な方

テレビ局としても有名な「日本テレビ」が運営している 「日テレ学院」のシニアタレントオーディションです。

なんと!
80歳まで受けることができるオーディションです。

日ナレ学院は、演技のレッスンや本人の自分らしさを磨く特別講習なども用意されており充実しています。
また、レッスンも時間を自分で選べるものもあり柔軟な対応が特徴です。

レッスン自体は体験もできるので、まずは挑戦してみましょう!

ジュンウエノエンタテイメント オーディション

応募資格
40歳以上の健康な男女

こちらもシニアタレントに特化した芸能プロダクションのオーディションです。
面談のみの審査方法で書類選考はありません。

シニア層をメイン人材としているため、個性を大事にするスタイルで、
人生経験からなる個性を重点的に見てくれることが魅力の1つです。

シニアクラス オーディション(サンミュージックアカデミー)

応募資格
60歳以上

芸能事務所サンミュージックが運営する養成機関であるサンミュージックアカデミーのシニアクラスオーディションです。

「社会に通用する芸能タレント」を育てることに力を入れています。タレントになる上で欠かせない、自身や芸能力などの要素を知る場が網羅されていることも魅力の1つです。

始めるなら今!

ここで紹介した以外にも、多くのシニア層向けオーディションが開催されています。

貴方の年齢に合った女優オーディションがきっとありますので、
いろいろな情報を集めオーディションに挑んでみましょう!

時間は刻一刻と過ぎて行ってしまいます。
バックステージでも最新情報を常に更新していきますので、見逃さないようチェックしておきましょう!

シニア層向け(50代、60代、70代)のタレントオーディションを実施しているプロダクション例

シニア層(50代、60代、70代)からタレントを目指す場合、オーディションの最新情報ゲットは非常に大切です。

しかし、オーディション情報と同じくらい大事になる情報が、
”どんな芸能プロダクションがシニア層向けのタレントオーディションを開催しているのか”
”どんな芸能プロダクションがシニア層向けのタレントオーディションを開催したことがあるのか”
といった情報になります。

これは、過去に開催したことがある芸能プロダクションが必要に応じて、
不定期にシニア層向けタレントオーディションを開催する可能性があるからです。

新着のタレントオーディション情報を、より見落とさないようにするためにも、
今までシニア層向けのタレントオーディションを実施ししたことのある芸能プロダクションを知っておくことも大切なのです。

主なシニア層向けタレントオーディション実施プロダクション

シニア層向け(50代、60代、70代)のタレントオーディションを開催している芸能プロダクションの中で、
バックステージがオススメする芸能プロダクションは次のとおりです。

・キャストパワーネクスト
・タップセカンド
・ツインプラネット
・アヴィラステージ
・テアトルアカデミー
・ワイスター
・My Story

これらの芸能プロダクションは、シニア層に絞った内容のオーディションや
応募資格の年齢幅が広いため非常にオススメです。

バックステージでも特集を組んである芸能プロダクションもありますので、
ぜひそちらもチェックしてみてください。

シニア層向け(50代,60代,70代)のタレントオーディションからデビューすることは出来るのか?

シニア層向け(50代、60代、70代)のタレントオーディションから、
本当にデビューまでたどり着くことはできるのか不安は残ると思います。

そこで、実際のオーディション合格からデビューまでの過程を見ながら、
これからのイメージとをしていきましょう!

こういった情報を見るだけでも、実際のデビューに対するイメージが現実感を増していきます。

デビューへの流れ

①オーディション

 まずはオーディションへの合格が必要です。
 この合格らからすべてが始まります。

②宣材写真撮影

 宣材写真とはオーディションに必要なプロフィール写真です。
 合格後、プロのカメラマンを招いてプロフィール作成をします!
 担当スタッフと宣材写真撮影の日程を決め、すぐにオーディションへの準備に取り掛かかります!

③レッスン

希望ジャンルに合わせた様々なレッスンを用意してくれているところが多くあります。
経験豊富な講師陣からの一般的な技術指導だけでなく、 個人レベルに合わせた技術指導もしてくれます。
経験あり・未経験問わず、自分に合ったレベルでの技術指導を受けられるのが、
シニア層のオーディションに合格した人へのサポートとして用意されていることが、シニア層向けオーディションの特典でもあります。

④現場経験

通常のレッスンだけでは現場の雰囲気はわかりませんし、デビューした時の不安感につながってしまいます。
そこで、現場体験を取り入れているスクールや芸能プロダクションも多いのです。

現場体験というと、その場に言って見るだけというようなパターンもあります。
しかし、シニア層をターゲットにしているオーディション合格者の場合は、
実際にドラマ、映画、CMなどにも出演するも可能な現場体験の内容であることがほとんどです!

これは、現場の雰囲気だけでなく実際の仕事についてより身近に、短時間で理解してもらうための配慮でもあるのです。
これは、とてもうれしい内容ですよね。

プロの現場を経験することで、新しい課題なども多く見つかり、より明確な目標が定まってくるでしょう。

④レベルチェックオーディション

最終レベルチェックを行っているスクールや芸能プロダクションも多く存在します。
第1線で活躍している審査員からこれまでのレッスン・現場体験を踏まえあなたがどのように成長しているのかを見てもらえます。

オーディションとは言っても、確認や評価の意味が強いので自分の今までをしっかりアピールできればそれでいいのです。

気負わずに実際のデビューに向けての最後の一歩と思って挑みましょう。

 

これらが大まかなデビューへtの流れです。
シニア層からタレントの夢をつかんだ先輩方も通った道ですので、ぜひ参考にイメージを現実的なものにしていきましょう。

シニア層向け(50代,60代,70代)のタレントオーディションを受けるときの注意点

最後はオーディションでのより実践的な内容を紹介していきます。

しっ歳にシニア層(50代、60代、70代)がタレントオーディションを受けようとした場合に、
これは気を付けたいというような内容をお伝えしていきますので、参考にしてみて下さい!

無理に特技を作らない

オーディションといえば、
「何か特技はありますか?」
という質問が思い浮かぶのではないでしょうか。

なにか他の人とは違う光る特技を身につけなければ!
そう意気込む気持ちはわかりますが、無理に特技を作るのは”絶対にやめましょう”。

確かに特技は他の人との差別化に有利な手段です。
ただし、それは本当の特技であればの話…….。

本当に自分に合った特技であれば問題ありませんが、
何とかしようと焦って練習し始めた特技にあなたの魅力を伝える力はありません。

むしろ失敗する確率も高く印象を損なうだけになることもあります。

今までの人生経験を生かしたあなたの魅力をアピールできる方法を探す方が、
とても有意義な時間を過ごすことにつながるでしょう。

自己管理が重要

自己管理とは、セルフコントロールと言われるもので、
シニア層がタレントオーディションを受けるうえで重要なポイントになります。

分かりやすく言うと、健康管理や一般常識のことだと思ってもらえれば良いでしょう。

シニア層の場合、今までの人生経験もあることから、
自己管理は”できて当たり前”という印象を持たれがちです。

時間を守る、遅刻はしない、挨拶がきちんとできるなど、
当たり前と思われているからこそ、この部分で印象が悪くなってしまうと、
オーディションではかなり不利になってしますでしょう。

また、健康管理の面では、体型維持など普段の生活習慣も見られていると思ってください。
仕事に合わせ体調管理ができるかについても評価のポイントの1つなのです。 

熱意の伝え方

最後に大事になるのは、あなたの気持ちや熱意です。

今まさに第二の人生の第一歩を踏み出すあなたが、
なぜタレントをやりたいと思うのか、その思いが審査員に伝わることがとても大切なのです。

タレントとという職業に対してのあなたの素直な気持ちと、熱意を伝えることがオーディションの合格につながります。

紆余曲折のある人生で、あなたが第二の人生に「タレント」という職業を選んだこと。
その選択に自信をもって熱い思いを伝えられれば、審査員もきっとあなたの熱意を受け止めてくれるでしょう。

シニアタレントオーディション
最新情報をチェックしよう!