シニアオーディション声優編

【シニアオーディション〜声優編〜】50代,60代,70代で声優を目指す方へ

シニア層向け(50代,60代,70代)の声優オーディションはあるのか?

声優は何歳までデビューすることができるのか。

結論からお伝えすると
何歳でもデビューは可能です。

ただ、そんな言葉だけで喜んでいられるほどシニア層からの声優デビューは時間がありません。

そこで、この記事では声優になりたいシニア層(50代、60代、70代)へ向け、次の情報を紹介しています。

・シニア層向け(50代,60代,70代)の声優オーディションはあるのか?
・シニア層向け(50代、60代、70代)の声優オーディションを実施しているプロダクション例
・シニア層向け(50代,60代,70代)の声優オーディションからデビューすることは出来るのか?
・シニア層向け(50代,60代,70代)の声優オーディションを受けるときの注意点

今この記事をご覧のあなたのように、50代、60代、70代からでもを目指したいと思う人は少なくありません。
ぜひ一緒に第二の人生の夢をつかみに行きましょう!

まずは、そもそもシニア層(50代、60代、70代)向けのタレントオーディションが開催されているのかを紹介していきます。

新人発掘オーディション(キャストパワーネクスト)

応募資格
6歳~65歳までの心身ともに健康な男女。
特定のプロダクションに所属していない方。

キャストパワーネクストというと、芸能プロダクション「キャストパワー」の養成機関です。

このオーディションには特待生という制度もあります。
特待生はレッスン費用の免除だけでなく、優先的にデビューができるといった特典もあるのです。

ミドル層も年齢的に十分応募可能であり、応募資格もシンプルかつ経験不問となっていて非常にオススメです。
まずはこのオーディションを目標にしてみても良いかもしれません。

詳細は、公式ホームページをチェック!
また、バックステージでも特集しているページがありますので併せて確認しておきましょう!

令和のスター誕生オーディション(タップセカンド)

応募資格
6歳から65歳まで
男女問わず応募可能
心身ともに健康な方

募集ジャンル
タレント、女優・俳優、お笑い、声優、歌手

こちらは若い人からミドル層、シニアまで挑戦可能なタップセカンドの新人募集オーディションです。

タップセカンドでは、70歳まで応募可能な「個性派マルチタレント発掘オーディション」も開催しています。
応募可能ジャンルには声優も含まれており可能性が広がっています。

どちらのオーディションについても、応募方法や特典など、詳細については公式ホームページを確認してみてください!

シニアオーディション(アヴィラステージ)

応募資格
46~55歳の男女
特定のプロダクションと契約が無い方

アヴィラステージは芸能プロダクション「AVILLA」が直接運営する芸能スクールです。

俳優や女優だけでなく声優も含め、幅広いジャンルで募集・育成をを行っています。

また、経験の豊富な講師陣のサポートも充実しているオーディションですのでぜひチェックしておきましょう。

シニア層向け(50代、60代、70代)の声優オーディションを実施しているプロダクション例

シニア層(50代、60代、70代)から声優を目指す場合、オーディションの最新情報ゲットは非常に大切です。

しかし、オーディション情報と同じくらい大事になる情報が、
”どんな芸能プロダクションがシニア層向けの声優オーディションを開催しているのか”
”どんな芸能プロダクションがシニア層向けの声優オーディションを開催したことがあるのか”
といった情報になります。

これは、過去に開催したことがある芸能プロダクションが必要に応じて、
不定期にシニア層向け声優オーディションを開催する可能性があるからです。

新着の声優オーディション情報を、より見落とさないようにするためにも、
今までシニア層向けの声優オーディションを実施ししたことのある芸能プロダクションを知っておくことも大切なのです。

主なシニア層向け声優オーディション実施プロダクション

シニア層向け(50代、60代、70代)の声優オーディションを開催している芸能プロダクションの中で、
バックステージがオススメする芸能プロダクションは次のとおりです。

・キャストパワーネクスト
・タップセカンド
・ツインプラネット
・アヴィラステージ
・テアトルアカデミー
・ワイスター
・My Story

これらの芸能プロダクションは、シニア層に絞った内容のオーディションや
応募資格の年齢幅が広いため非常にオススメです。

バックステージでも特集を組んである芸能プロダクションもありますので、
ぜひそちらもチェックしてみてください。

シニア層向け(50代,60代,70代)の声優オーディションからデビューすることは出来るのか?

シニア層向け(50代、60代、70代)の声優オーディションから、
本当にデビューまでたどり着くことはできるのか不安は残ると思います。

そこで、実際のオーディション合格からデビューまでの過程を見ながら、
これからのイメージとをしていきましょう!

こういった情報を見るだけでも、実際のデビューに対するイメージが現実感を増していきます。

デビューへの流れ

①オーディション

 まずはオーディションへの合格が必要です。
 この合格らからすべてが始まります。

②宣材写真撮影

 宣材写真とはオーディションに必要なプロフィール写真です。
 合格後、プロのカメラマンを招いてプロフィール作成をします!
 担当スタッフと宣材写真撮影の日程を決め、すぐにオーディションへの準備に取り掛かかります!

③レッスン

希望ジャンルに合わせた様々なレッスンを用意してくれているところが多くあります。
経験豊富な講師陣からの一般的な技術指導だけでなく、 個人レベルに合わせた技術指導もしてくれます。
経験あり・未経験問わず、自分に合ったレベルでの技術指導を受けられるのが、
シニア層のオーディションに合格した人へのサポートとして用意されていることが、シニア層向けオーディションの特典でもあります。

④現場経験

通常のレッスンだけでは現場の雰囲気はわかりませんし、でびゅした時の不安感につながります。
そこで、現場体験を取り入れているスクールや芸能プロダクションも多いのです。

現場体験というと、その場に言って見るだけというようなパターンもあります。
しかし、シニア層をターゲットにしているオーディション合格者の場合は、
実際にドラマ、映画、アニメなどにも出演するも可能な現場体験の内容であることがほとんどです!

これは、現場の雰囲気だけでなく実際の仕事についてより身近に、短時間で理解してもらうための配慮でもあるのです。
これは、とてもうれしい内容ですよね。

プロの現場を経験することで、新しい課題なども多く見つかり、より明確な目標が定まってくるでしょう。

④レベルチェックオーディション

最終レベルチェックを行っているスクールや芸能プロダクションも多く存在します。
第1線で活躍している審査員からこれまでのレッスン・現場体験を踏まえあなたがどのように成長しているのかを見てもらえます。

オーディションとは言っても、確認や評価の意味が強いので自分の今までをしっかりアピールできればそれでいいのです。

気負わずに実際のデビューに向けての最後の一歩と思って挑みましょう。

 

これらが大まかなデビューへtの流れです。
シニア層からタレントの夢をつかんだ先輩方も通った道ですので、ぜひ参考にイメージを現実的なものにしていきましょう。

シニア層向け(50代,60代,70代)の声優オーディションを受けるときの注意点

最後はオーディションでのより実践的な内容を紹介していきます。

しっ歳にシニア層(50代、60代、70代)が声優オーディションを受けようとした場合に、
これは気を付けたいというような内容をお伝えしていきますので、参考にしてみて下さい!

無理に特技を作らない

オーディションといえば、
「何か特技はありますか?」
という質問が思い浮かぶのではないでしょうか。

なにか他の人とは違う光る特技を身につけなければ!
そう意気込む気持ちはわかりますが、無理に特技を作るのは”絶対にやめましょう”。

確かに特技は他の人との差別化に有利な手段です。
ただし、それは本当の特技であればの話…….。

本当に自分に合った特技であれば問題ありませんが、
何とかしようと焦って練習し始めた特技にあなたの魅力を伝える力はありません。

むしろ失敗する確率も高く印象を損なうだけになることもあります。

今までの人生経験を生かしたあなたの魅力をアピールできる方法を探す方が、
とても有意義な時間を過ごすことにつながるでしょう。

自己管理が重要

自己管理とは、セルフコントロールと言われるもので、
シニア層がタレントオーディションを受けるうえで重要なポイントになります。

分かりやすく言うと、健康管理や一般常識のことだと思ってもらえれば良いでしょう。

シニア層の場合、今までの人生経験もあることから、
自己管理は”できて当たり前”という印象を持たれがちです。

時間を守る、遅刻はしない、挨拶がきちんとできるなど、
当たり前と思われているからこそ、この部分で印象が悪くなってしまうと、
オーディションではかなり不利になってしますでしょう。

また、健康管理の面では、体型維持など普段の生活習慣も見られていると思ってください。
特に声優という仕事は声が命です。
他の身振り手振りでフォローできないどころか、声が出なければいないも同然なのです。

そのため、仕事に合わせ体調管理ができるかについても評価のポイントの1つなのです。

シニアオーディション声優編
最新情報はツイッターで随時更新中!ぜひフォローして下さい!