サンミュージックでタレントを目指す初心者、未経験者の方へ

サンミュージックでタレントになるには

大手プロダクションで夢のタレントに

サンミュージックといえば、聞いたことのない人はいないほどの大手プロダクションです。そんなサンミュージックでタレントになれたらと思うのは当然でしょう。

ただ、タレントになるには基礎を学んだり、オーディションを通過するなど必要なステップがあります。

まずはどうやってタレントになるのかを紹介していきます。

〇タレントの養成所へ入所

〇志望するコースのレッスンを受講

〇芸能プロダクションに所属

〇デビュー

多くの場合、このようなステップを踏んでいくことになるでしょう。
これはサンミュージックの場合でも同じです。

サンミュージックなら

基本的にサンミュージックの場合も同じですが、「タレント養成所に入所」というところに関して、特にサンミュージックをオススメできる理由があります。

その理由とは….。

サンミュージックの運営する養成所「サンミュージック・アカデミー」があるということです。

サンミュージック・アカデミーは芸能プロダクション直営のため、基礎的な学習はもちろん、サンミュージックでタレントとして活躍したい人に特化した内容を学べます。

他の養成所からサンミュージックに入ることもできますが、よりスムーズにサンミュージックでタレントになりたいなら、サンミュージック・アカデミーに入ると良いでしょう。

サンミュージックは初心者、未経験者でもタレントを目指せるのか?

サンミュージック・アカデミーが鍵

初心者や未経験者でもサンミュージックのタレントを目指すことはできます。

ただ、ここで鍵となるのが「サンミュージック・アカデミー」です。

初心者や未経験者がタレントを目指す時、まず必要なのが基礎となる知識。

これは、独学ではなかなか難しいため、多くの人は養成所に入ることになります。

つまり、大事になるのは本当に使える基礎知識を学べるかとということなのです。

では、サンミュージック・アカデミーはどうでしょう?

”サンミュージックでタレントになるには”でもご紹介した通り、サンミュージック・アカデミーはサンミュージック直営の「養成所」です。

芸能プロダクションとしてのノウハウもありつつ、新人を養成する専門機関として、基礎学習にとどまらず、タレントとして活躍するために必要な知識を学ぶことができます。

だからこそ、サンミュージック・アカデミーが鍵となる理由なのです。

サンミュージック・アカデミー出身者 

サンミュージック・アカデミーに入り学ぶことが重要なのはわかっても、未来がなければ入る意味がありません。

これに関しては感心してください。

サンミュージック・アカデミーからタレントとして活躍している方は多くいます。

例えば…。

・男性タレント
 中山 卓也
 吉田 宗洋
 髙木 聡一郎
 丸山 隼   など

・女性タレント
 垣内 彩未
 石丸 佐知
 藤岡 みなみ
 野田 真実  など

ここで紹介しているのは、実際活躍されている方おかずからするとごく一部です。

しかし、これだけの実績を見ても、これほど多くの方がサンミュージック・アカデミーからサンミュージック所属となり、今現在も活躍をされていることが分かります。

スクールの紹介

サンミュージック・アカデミーは芸能プロダクション直営の養成所だからと言って、東京校しかないなんてことはありません!

・東京校
・札幌校
・新潟校
・名古屋校
・大阪校
・大阪泉佐野校
・福岡校

現在では7校もの養成所が全国に展開しており、自分の出身に近い場所でタレントを目指すことができます。

これは大手芸能プロダクション直営だからこその強みともいえるでしょう。

実際、先ほど紹介したサンミュージック所属のタレントも、北は札幌校から南は福岡校まで様々なところからデビューを果たしています。

この事を踏まえても、各校に優劣はなくどこからでもサンミュージックのタレントを目指せつ事が分かります。

こういった、知識や技術の均一化もサンミュージック・アカデミーの強みなのです。

サンミュージックでタレントを目指す人へ!初心者、未経験者の向けオーディション情報

2022年「4月期入所レッスン生募集オーディション」

初心者、未経験者向けでオススメのオーディションはこちらです!スマートフォンからQRコードで申し込みできるなど、手軽さも応募しやすさの1つです。

〇募集ジャンル
オールジャンル
様々なコースが用意されています。

〇応募資格
6歳から30歳まで
性別、学歴、経験については不問

〇応募方法
パソコンまたは、スマホ
ホームページの応募フォームか、専用のQRコードから申し込みを行います。

詳しくは、公式ホームページをチェック!

最新情報をチェックしよう!
>